スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 借金が無くなれば楽になれる、は嘘?
Page: 27/36  << >>

借金が無くなれば楽になれる、は嘘?

JUGEMテーマ:借金地獄

債務整理後の生活は、そう楽なものではありません。

多重債務時代には、「借金が無くなれば楽になる」と思っていたのも事実ですが、一度破綻した生活は、リセットボタンを押すだけでは元には戻らないのです。

特に自己破産後の生活については、苦しい状態が続きます。

本当に、生活を元に戻すのは不可能なのではないか?と思うくらいに。

それでもきちんと生活を立て直している方もいらっしゃいます。

私の知り合いで、自己破産後会社を興して、今では従業員をかかえるまでになった方もいらっしゃいますし、親御さんが自己破産した後、子どもさんが事業を受け継いで、立派に立て直した例も。

やはり、自己破産したという事実は事実として重く捉え、その上で「人生また一からやり直し」という気持ちで頑張るしか無いということです。

「お金が無いのは当たり前」と思えば、不思議となんとかなるもの。

とは言え、やはり私も債務整理後一番困ったのが「お金がないこと」でした。

本当に弱り目に祟り目とはこのこと、というくらい、金銭的なダメージを与えられることが次々と起こるのです。

まだは、夫の失業

会社をクビになる

多重債務時代は自営業だったのですが、事業がうまくいかなくなり業績の悪化と共に借金もどんどん増えていったという、典型的な失敗パターンで。

こういう時に限って、今まで起こったこともなかった業務上のトラブルまで起きてしまい、その弁償にも多額のお金を失ってしまいました。

だから、もともと少なかった貯金は、その時にすべて使い果たし、その後は借りては返す自転車操業になってしまったというわけです。

その上、私自身の持病が悪化したり、夫が病気になったりというアクシデントも。

もうこれで人生終わってしまうのか」とまで思いつめたこともありました。

とにかく、その時に唯一うまく行っていた副業で、なんとか乗り越えることができました。

それでも、結局は債務整理を決心することになったんですけどね。

まあ、なんとか自己破産を免れただけでも良かったかと。

その後の支払いが大変でしたが、それもなんとか返し終えましたし。

ただ、今多重債務で本当にどうしようもない状態ならば、自己破産を選択してもやむを得ないとおもいますよ。

スポンサードリンク


それに、先ほども書いたように自己破産をしても立派に立ち直っている方はたくさんいらっしゃいます。

また、大手銀行や信販会社など自己破産で迷惑をかけた金融機関では、もう二度と取引はさせてもらえない、というのが通説ですが、そうではないケースもあるようです。

自己破産後の収入や銀行との付き合い方によっては、また取引させてもらったり中には融資を受けられた、ということもなきにしもあらず、ということ。

それには、その銀行での給与振込や公共料金口座振替、定期積立などを積極的に行うなど、努力は当然必要となります。

まあ、「どうしてもここの銀行で」というこだわりが無ければ、新たに取引を始めた銀行の方が良いとは思いますけどね。

債務整理で迷惑をかけた銀行のデータには、半永久的にブラックとして掲載されるという噂もありますから。

結局は、「自分で一から信用を作り上げていく」ということに他ならないでしょう。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> ブラックになったら。債務整理後の生活の闇とは?

ブラックになったら。債務整理後の生活の闇とは?

JUGEMテーマ:借金地獄

多重債務で、もうどこからもお金を借りる手段が無く路頭に迷うような状況でも、なかなか債務整理に踏み切ることはできないものです。

特に自己破産の場合、何もかも失ってしまうという気持ちがあるので、簡単には決断できないでしょう。

ただ、多重債務で借金の支払いも滞り、家賃や光熱費、税金などの滞納が日常茶飯事になってきたら、もう自己破産しかないと思います。

毎日毎日借金の督促におびえ、税金や光熱費の督促などなど・・・

借金の取り立てにおびえる

生きた心地がしませんよね。

それだけではなく、とにかくお金がないのですから、毎日の食べることにも事欠く状態。

テレビで、よく1日にインスタントラーメン1個で過ごす、なんていうことをパロディーでやっていますが、そっくりそのままの生活だったりするのです。

独身なら、まだ自分の身ひとつでなんとかなりますが、子どもやお年寄りが居る家庭では、そんなわけには行きません。

海外の児童文学で、「一つのキャベツを何日もに分けてスープにして食べる」「まずは祖父母から。そして子どもたちに、と分けていくと、自分たちの分はほんのわずか」とか。

「そのうち、そのキャベツすら無くなり、老人はやせ衰え、子どもたちは空腹に耐え切れずに泣くばかり」という描写があるのですが、その頃は、「この家族に比べたら、うちはまだマシ」と言い聞かせていました。

それでも、このままの状態が続けば、生きていけないわけで。

ブラックでもお金を貸してくれる金融業者」などを、性懲りも無く探すわけです。

私もそうでしたから、よくわかります。

それでも、いつかはそんな生活に別れを告げないと、一歩も前に進むことはできません。

スポンサードリンク


債務整理でブラックになった場合のことを考えると、お先真っ暗になってしまいますが、少なくとも、このままずるずると生活を続けるよりはマシです。

家族に迷惑がかかるのではないかとか、他人に破産したことがバレるのではないか、社会的制裁はどこまであるのだろうか?

考えればキリが無いですが、たいていのことは、「案ずるより生むがやすし」という感じですね。

それでも、ブラックになって初めてわかる厳しさ、というものもありますから、「借金返すの大変だから破産しよう」なんて、安易な気持ちで債務整理すると後悔します。

とにかく、今現在、多重債務で生活が成り立っていないな、と思ったら、債務整理を考えた方が良いでしょう。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 借金を整理した後の税金や国民健康保険料の滞納分は?

借金を整理した後の税金や国民健康保険料の滞納分は?

JUGEMテーマ:借金地獄

借金を整理すると言いますか債務整理をすると、実際にどうなってしまうのでしょうか?

まずは、メンタル面ですが。

債務整理をすれば、特に自己破産した場合は、今まで目の上のたんこぶどころか、背中にドサッと覆いかぶさっていたような「借金」という重圧から逃れることができるのです。

だから、債務整理直後は、何か背中に背負った重荷がとれたような清々しい気持ちさえしました。

と同時に、今でも付きまとっている「借金を反故にしたという後ろめたさ」も感じたのも事実です。

そんな気持ちになったのも束の間で、すぐに「生活の苦しさ」と向い合う事になります。

多重債務時代に散々向い合ってきたから慣れているはずなのに、今度は勝手が違います。

そう。

もう二度とお金が借りられない」のです。

いや、そんなことは承知の上で債務整理をしたはず。

スポンサードリンク



相談する時にも、「自営をされていたら困ることも多いかと思いますが、今後一切お金を借りることはできませんよ」と念をおされましたから。

その時は、「自分が借金をしたせいで、何もかも失うことになってしまった。だから、もう二度と借金はするまい」と固く誓ったのです。

「じゃあなぜ、また借りたいと思うのか?」なのですが、債務整理を決心したということは、借金を支払う能力が無くなったというのが一番の理由。

収入自体が借金をし出した頃に比べても、激減していたのです。

それでも、借りては返しの暮らしに慣れていましたから、債務整理後は「お金が借りられない」ことへの恐怖というものも経験しました。

それと、借金は無くなっても、支払わなきゃいけない税金などの滞納分がたくさん残っていたのです。

債務整理後税金の滞納

何度も書いているように、多重債務時代は食べることにも事欠く状態でしたから、税金や公共料金などかなり滞納していたのです。

もちろん、いっぺんには支払えませんから、それぞれに分納の手続きをして支払っていました。

それでも、数が多いのでひと月かなりの金額になるんですよね。

生活が苦しい中での支払いは、困難なことですが、一番苦しい状況の時は「猶予期間」として少し待ってくれることもあるので、やはりまずは相談に行かれることをおすすめします。

特に国民健康保険については、一度に支払う金額がもともと多いので、1年分の滞納でもびっくりするくらい高額になっています。

聞く所によると、溜まりに溜まって数百万とかになっている方も居るとか。

それに気後れして、何度か督促状が来てもそのままにしておくことが多いんですよね。

私もそうでした。

だけど、そのうち催告書なる恐ろしい書状が来て、すぐにでも金銭を差し押さえられそうな気持ちになって、やっと相談に行ったわけです。

そしたら、こちらの事情をきちんと聞いてくれて、数ヶ月の猶予期間後の分割に応じてくれました。

また、収入によっては減免措置(所得に応じて3割から7割)が受けられることもあるので、そうなると
保険料自体が安くなります。

書類を一枚提出するだけなので、こちらも聞いてみた方がいいですね。

結局、「自分で蒔いた種」なのですから、自分でなんとかするしかないのです。

国民健康保険は、こじれると保険証の発行を拒否されてしまいますから、そうなると病気になってもどお医者さんにかかることもできなくなります。

実際にそれで命を落とされた方もいらっしゃるので、手遅れになる前になんとかしたいものです。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode