スポンサーリンク
Home >> 債務整理を決心したら >> 債務整理するタイミングはいつがいい?
Page: 4/1152  << >>

債務整理するタイミングはいつがいい?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理するのは早ければ早い方が良い、というのはよく言われること。

だけど、多重債務に陥っていると、債務整理という文字は頭の隅にいつもあったとしても、「その方法だけは取りたくない」と思うのも事実です。

なぜなら逃げることになるから。

いや、そんなカッコイイものではないですね。

「債務整理をしてしまうと、社会からは爪弾きにされ、親戚からも疎んじられ、家族にも迷惑をかけるから」という気持ちが大きいかな?

それに、「自分が借りたお金なんだから、自分で返さないといけない」という意識も常に持っているから、です。

とにかく債務整理をすると、ましてや自己破産なんてすれば、社会から追放されてしまうくらいの気持ちはありました。



だから、どうにかして債務整理だけは避けたい、と。

ただ、債務整理イコール自己破産ではないし、最悪自己破産になっても、その後信用回復さえすれば、永久に社会から追放されることはないのです。

債務整理の種類だけでも、任意整理、個人再生、特別調停があります。

借金の金額が少なければ、特別調停で済む場合もあるんですよね。

そうなると、弁護士や司法書士に依頼する必要すらないですから、気は楽だし費用も安く済みます。

本当は、「借金を借金で返すようになったら」債務整理を考えるべきなんです。

ということは頭ではわかってるんですけど、実際にはなかなか踏み切れないというのが実情ではないでしょうか?

私の経験から言うと、「借金の利息分だけしか返せなくなったら」ということでしょうか?

どういうことかというと、例えば月々13,000円づつ返済している消費者金融があったとします。

最初のうちはせっせと返しているのですが、他の消費者金融からも借り入れをするようになると、当然返せなくなってきます。

13,000円の返済金額が3社以上になれば毎月4万弱の返済が必要になるのですが、月々の収入は減るばかり。

だけど、ひと月でも返済が遅れれば次の月には26,000円の返済が待っています。

合計78,000円也

とてもじゃないけど支払えませんから、それぞれの金融業者に事情を説明して「利息だけでも支払う」ということにしてもらうわけです。

スポンサーリンク

 



消費者金融の方でも、滞納されるよりはマシですから、この辺の話し合いはスムーズなんですよね。

で、毎月「利息だけは払ってるから取り立てはないし」と変に安心してしまうんです。

利息だけって言っても、どんどん増えていきますから、3,000円が5,000円くらいにはすぐなってしまう。

だけど、元金はまったく減っていかない、という。

蟻地獄のはじまりです。

しかも相手が仕掛けたわけではなく、自分でそうしてもらったわけですから、誰にも文句は言えません。

そうなってはじめて気がつくんですが、もう遅いんですよ。

借金の支払いは続いているのに、しかも金額は上がっていくのに、元金は全く減らないのですから、ざるに水を貯めているようなものです。

債務整理のタイミングとしては、こうなる前、すなわち「元金を含めた返済金額が支払えなくなったら」という意味がわかっていただけたと思います。

その場に立ってみてはじめてわかる人間の愚かさなんですよね。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら