借金があっても住宅ローン審査に通る裏技は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

今はフリーローンもなかなか審査に通らない時代です。

 

一番審査が厳しいと言われる住宅ローンに通るのは、至難の業じゃないかと思う方だっていらっしゃいます。

 

だけど、やっぱり裏技と言うか、住宅ローンに通る方法にもいろいろあるんですね。 

 

「借金があっても住宅ローンの審査に通る方法」というレポートを読んだのですが、ビックリしました。

 

何がって、借金が500万円以上あったのに、住宅ローン審査に受かったというのですから。

 

何か特別な裏技でも使ったのかと思いましたが、正攻法でした。

 

だから、「方法」というよりは、この方が審査に受かった体験談ということですね。

 

収入もそう多くない上に、500万円以上の借金があるのですから、普通だったら「住宅ローンに受かる可能性はゼロ」じゃないかと思うでしょう?

 

借金を抱えていると住宅ローン審査に受からない?

 

だから、この方も何度も落ちていたそうです。

 

それでも諦めなかったのが、審査に受かった秘訣とも言えるのでは?

 

結局は、地道な努力ということ。

 

大手銀行の住宅ローンには断られ続けていたようですが、地元の銀行と付き合い始め、給与振込や公共料金の支払いなどをすべてその銀行に移したそうです。

 

もちろん、税金や公共料金の引き落とし時には、絶対に入金を怠ること無く、数年支払い続けました。

 

また、クレジットカードも発行してもらい、なるべく利用できる時は利用し、延滞は一度もないように心がけ事実一度も遅れたことはなかった。

 

当たり前のことのようですが、結構小さな支払いとかを忘れて、「引き落とし不能」なんてなることもありますから。

 

そんな努力が実って、ついに住宅ローン審査に受かったということなんですね。

 

属性の良し悪しは、収入だけで決まるわけではないので、この方の真似をすればすべての方が住宅ローン審査に通るとは言えません。

 

それでも、勇気が出る事例だと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

個人信用情報を開示しておくと良い、ということも書かれていました。

 

自分の「個人信用情報」は1,000円ほどの手数料を支払えば、いつでも見られるんですよ。

 

今は、ネットでも見られるようになっています。

 

ネット上で、手数料をクレジットカードで支払う手続きをすれば、受付番号が送信されます。

 

その番号とパスワードを入力すれば、開示報告書がPDFファイルとして見られる、というシステムです。

 

「思ったより簡単じゃない!」と感じたでしょう?

 

自分の信用履歴がどうなっているか?ということを把握しておくと、審査に対する心構えも違ってきます。

 

残念ながら、著者の方は一度もブラックになったことはないそうなので、債務整理後事故履歴が消えた後のことを知りたい場合は、参考にならないかもしれません。

 

それでも、通ずるものはあるかと思うんですよ。

 

結局は、

 

○自分で信用履歴をコツコツと積み上げていく。

 

○信用情報を開示して、自分の金融情報を詳細に把握しておく。

 

○どうしても住宅ローンに受かるんだ、ということを念じ、強い覚悟で臨む。

 

こういったことが大切なんですよね。

福岡で車に乗りながらお金を借りるには?トラブルはある?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務になって、もうどこからも借りられなくなったら、あらゆる手段を使ってお金を借りようと考えます。

私もそうでした。

家を持っていれば、不動産を担保にしてお金を借りられないか?

という時には、不動産担保融資がありますね。

家の価値がある程度の水準を超えていないとダメですし、誰もが借りられるわけではないのですが、無担保融資よりは希望がありそうな気がします。

ならば、車も同じような方法でお金を貸してくれるんじゃないか、と。

よく「車乗ったまま融資」と言う広告が、電柱に貼ってあったりや道端の看板に書かれていたりします。

すると、「この手があったか」と思うわけです。

私のところにも、「車乗ったまま融資は、福岡でも受けられますか?」というご質問が。

福岡になら老舗の小規模経営の消費者金融で、車担保融資が受けられるところもあると思いますが、ただ、「信用できるか?」と言われたら疑問が残ります。

貼ってある場所も、よくヤミ金融まがいの金融業者が利用するところですし。

実際のところはどうなんだろう?ととても気になるところです。

すべてが悪徳というわけではないでしょうが、悪徳業者が多く存在するシステムとも言われています。

スポンサーリンク


実際、「利息だけでも」と言われて、毎月やっとやり繰りをして利息だけでも返済していても、元金を返済できないことには車は取られてしまいますから、結局はお金も車も失うようなことになる人が多いようです。

車乗ったまま(車乗りながら)融資とは

「車乗ったまま融資は車融資や車担保融資などという名前でも呼ばれていますが、名前の通り車を担保として融資を受けることが出来る契約方法のことです。


担保である車を融資を受ける前と同じように継続したまま利用することが出来るというところがミソなのです。いわば質屋のようなシステムとも言えるでしょう。

一見、質屋のシステムに似ているようですが、車の査定と称してそのまま車を預かるなんていうパターンも少なくないようなので注意が必要です。

 

あっ、最初から「車乗ったまま」ではなく、本当の質屋のように、車を預かっておく方式のところもあります。

 

システムとしてはわかりやすいけど、全額返済するまでは自分の車なのに乗れないので不便ですよね。

 

「普段はあまり乗らないけど、手放すのは抵抗がある」あるいは、「今は車を担保にしてしてお金を借りられないけど、短期間で返済できる」なんていう場合には良いのでしょうが、乗らないのなら売ってしまえば?と思うのは余計なお世話でしょうか?

万が一返済が滞った場合などに即座に担保を取り上げられてしまう金融機関での融資方法のように、車乗ったまま融資も返済が滞った時点で即座に車を流されてしまいます。こうなることを承知の上で借りないとトラブルのもとになります。

確実に返済を続けている限り自分の車をそのまま利用することが出来るのがメリットですが、デメリットも多いことも認識しましょう。」

ということですね。

元金を返す見込みがある場合だったら、借りても良いとは思いますが、最終的に車を手放しても仕方がないと考えるのであれば、最初から中古車店に持って行き、買い取ってもらった方が良いでしょう



とにかく、便利なシステムには、何かと裏があると考えることが大切です。

多重債務やブラックになると、とかく「すぐにお金を融資してくれる」というところばかりに目が行きますが、融資を受ける際には、充分に気をつけたいものです。

考えてみたら、車って結構維持費がかかりますから、日頃からあまり利用していないようなら、思い切って手放すという決断も必要になるのではないでしょうか?

悪いことが続いたら宝くじに当選する?「億男」で3億当たった主人公は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「悪いことばかり続いたら?」と書きましたが、多重債務になることは、自分で借金をしてしまったわけで、誰のせいでもないのですが・・・

 

何かきっかけがあったはず。

 

私の場合は、自営の仕事がようやく軌道に乗ろうとしていた時に、取引先が倒産し、共倒れ的な感じで経営がうまくいかなくなったのですが・・・

 

考えてみたら、自分の力不足も去ることながら、その時はことごとく運が無かったな、とは思います。

 

大口の注文をドタキャンされたり、発注元の会社が地震の被害で営業困難になってしまったり、と。

 

あまりにも現金が少なくなってしまったので、止む無く夫婦で働きに出た会社が、社員の使い込みですぐにつぶれてしまったこともありました。

 

社員の使い込みで会社が倒産

 

仕方なくアルバイトを始めたのですが、体を壊して入院することになり、入院費はかさむは、精神的ダメージは大きいはで、ダブルパンチでしたね。

 

そう、悪いことは続くものなのです。

 

だけど、確かに任意整理をしてからは、結構平穏に暮らしているような気がします。

 

相変わらずお金は無いですけど、生活費に困ることは少なくなったし。

 

やっぱり、悪い時があれば良い時もある、人生山あり谷ありは本当なんですね。

 

そんな、人間のバイオリズムをうまく利用して、「悪いことが続いた後に宝くじを購入した」人の体験談を読んだのですが、私も夢見ている一発逆転している人がたくさんいらっしゃいました。

 

ただ、気になったのが「電車に乗り遅れたり、特売品が買えなかったりというちょっとした不運が続いていた」ということ。

 

うーん、確かに、雨の日に歩いていて車が通った時に雨水がかかった、すぐ後に、新しい靴のヒールが取れてしまったなんていうことがあれば、1日暗い気分にはなりますけど。

 

とにかく、この方は、あまりにも日常生活でツイてないことが多かったために、「そろそろ良いことがあるのでは?」と宝くじを購入したら、グリーンジャンボで1億5,000万円当選した、ということなんです。

 

スポンサーリンク

 

 

悪いことと良いことのバランスが取れてないだろう?という文句を言いたい方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、そもそも宝くじって、「最近良いことが続くから運試しに買ってみよう」というケースが多い中、運が悪いと感じていたのに買ったというチャレンジ精神を見習いたいものです。

 

厄年で、いきなり激しい腰痛に襲われて胆石の手術をすることになった方が、退院するやいなや交通事故に巻き込まれて、もうちょっとで命の危険もあった、という経験をされた方が、「厄払いのつもりで」年末ジャンボ宝くじを購入。

 

そしたら、1等・前後賞合わせて3億円に見事当選!

 

「厄払いどころか、一生安泰です。」ということになった、というのも、やはり、「最悪の事態からなんとか抜け出そう」と思ったからですよね。

 

だからって、借金で悩んでいる人が宝くじを買っても、邪心が先に来てしまうので、当たらないことの方が多いかもしれませんが、「悪いことばかりでも諦めない気持ち」は持ち続けたいです。

 

何も、1億円当たらなくてもいいじゃないですか。(当たったほうがいいけど)

 

「悪いことのあとには良いことがある」と信じて、一生懸命日々の生活を続けていれば、少しは物事が好転しそうな気になるでしょう?

 

追記:映画「億男」が10月に公開されますが、佐藤健さんと高橋一生さん共演ということで、楽しみです。

原作も読みましたが、「宝くじで3億円当選した佐藤さんと、そのお金をなぜか持ち逃げしてしまう億万長者の友人・高橋一生さんの話」というだけで、とても興味をそそられます。

「お金と幸せ」がテーマなだけあって、原作だけでも、いろいろと考えさせられました。

特に、「宝くじに高額当選したら、借金を返してその後は好きな物を買うんだ!」なんて思っている私にとっては、「目を覚ましなさい」と頭から水をかけられたような衝撃を覚えました。

そんなことを考えているうちは、お金に縛られ、踊らされ、自分の意思もわからなくなって、絶望の淵を歩くことになるんだ、ということ。

お金が無いと生活できないけれど、お金でがんじがらめになってしまうと、本来の自分の生活を見失うことになるんですよね。

映画ではどう表現されるのか?公開が楽しみです。