債務整理中にまた借金をしてしまったら?まとめることは可能?

JUGEMテーマ:借金返済

 

2年前に任意整理をして残債を返済中で、現在残高100万円までになったという方が、また借金を抱えてしまいどうしたら良いのか?と悩まれていました。

 

普通なら、任意整理後5年くらいは、クレジットカードも持てないしローンも組めない、ましてやキャッシングもできないはずなので、新たな借金は作れないものなのですが・・・

 

この方の場合、たまたま債務に入れていなかったクレジットカードを所有していた、ということです。

 

で、当然自動的に使えなくなるもの、と思っていたのですが、試しにATMでカードを差し込んでみたら、なんとキャッシングができたということ。

 

債務整理中に借金

 

普通は、キャッシングできたとしても、任意整理をしてやっと債権者と和解し、2年間も残債の支払いをしているわけですから、使わないですよね。

 

その方は、今まで残債分の支払いはなんとしても続ける、と固く決意し、どんなに生活が苦しくても支払い続けていた、というのです。

 

やっと残債が半分近くになって、気が緩んでしまったとしか言いようが無いですよね。

 

そのまま、ATMで借り入れをしてしまった、というのですから。

 

しかも、その一回だけにはとどまらず、タガが外れたかのように、ショッピング枠にもてを出し、生活用品をリボ払いで購入してしまったり、なんと家賃までカード払いにしてしまい、結局、新たに150万円もの借り入れをしてしまった、ということ。

 

一度も借金で道を踏み違えたことのない方にとっては、「バカじゃないの?」の一言で済んでしまうかと思いますが、「何でそんなことをしてしまったのか?」と思うと同時に、何かきっかけがあれば借金を重ねてしまう怖さも感じます。

 

この方の場合も、「最初は、借金なんてコリゴリ。もう二度とお金を借りることは無いだろう」と思っていたので、自分がお金を借りてしまったことに、後悔しきりで、自己嫌悪の塊のようになっていたそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

だから、債務整理後に借りてしまった150万円と残債分の100万円をまとめて、時間がかかっても全額返すつもりです、と。

 

とは言え、任意整理中の借金がバレると、最悪依頼している弁護士や司法書士から辞退を言い渡されたり、せっかく和解に応じていた債権者から、残債の一括払いを要求されることがあります。

 

そうなってしまったら、今まで2年間支払い続けていた努力が水の泡になるばかりか、一気に大金の一括払いを迫られて、身動きもできなくなってしまいますよね。

 

この方の「借金をすべてまとめて、なんとか自力で返したい」という気持ちはわかるのですが、債務整理中の方がおまとめローンの審査に受かることはまず無いでしょう。

 

審査どころか、申込みさえ受け付けてくれないと思います。

 

幸い、この方のケースでは、依頼を受けていた弁護士さんが親身になって相談に乗ってくれて、新たな借金も含めての返済は難しいという判断から、自己破産に切り替え、難を逃れたということです。

 

すでに支払っていた100万円は無駄になった、という形にはなりますが、「少しでも返せた」という気持ちは残りますから、結局は良かった、と前向きに考えられるようになったそうです。

 

このように、あまりにも金銭関係に悩んで追い込まれてしまうと、何かのきっかけがあれば、プツンと糸が切れてしまうように、常識では考えられないようなことをしてしまうもの。

 

債務整理中は生活も苦しくて一番不安定な時期でもあるので、もう一度気を引き締めて、生活を立て直すために頑張りたいですね。

おまとめローンで月々の負担が○万円少なくなる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

おまとめローンで月々の負担が○万円少なくなる」などの文句を聞くと、多重債務者の方には魅力的に聞こえますよね。

 

実際、利率に関する知識がなくて、手軽に借りられるからと言う理由で、利率の低いローンを利用できるのにもかかわらず、高い金利のところで複数借りている方、もしそんな方がいらしたら、「おまとめローン」に変える価値はあると思います。

 

でも、だいたいの方は、「他で借りられないから」高い金利のところで借りるんでしょうし、今はグレーゾーン金利廃止で、そうバカ高い金利で借りている人も居ないはず。

 

だけど、少しでも金利が下がれば総支払額もかなり違ってきますし、第一支払日が1日で済むようになれば大分楽になりますから、債務整理を考える前に、おまとめローンで借りられないか?と検討するのは悪く無いと思います。

 

ただ、「どこで借りるか?」が問題になってくるわけで。

 

前にも書いたように多重債務者を狙った悪徳業者も「おまとめ」という名で勧誘してきますからご注意を。
 

多重債務者を救う目的で、いろんな金融業者から出ている「おまとめローン」ですが、本当に救世主となりうるのでしょうか?

 

私もそうですが、あちこちで借りている人というのは、上場企業のサラリーマンは皆無で、公務員の方も皆無でしょう。

 

たいていが、中小企業にお勤めの方か、自営業の方。

 

自営業-債務整理体験談

 

こういった方は、まとまった金額を貸してくれるところがなかなかないので、あっちから10万、こっちから20万と借りることになるのです。

 

それぞれに重い金利を背負いながら・・・

 

さっきも書きましたが、グレーゾーン金利廃止になって以降は、さすがに金利29%というところは、「名の知れた」金融会社や消費者金融では見かけることは無くなりました。

 

それでも、あちこちで借りると、返済が大変になることと同時に「一体今、借金がいくらあるのか?」を把握することさえ難しくなってくるのです。

 

だからって「おまとめローン」と安直に考えると、やけどをしますよ。

 

東京スター銀行などの一流と言われるところで「おまとめ」ができる場合は問題がないとは思いますが、結局、こういったところで借りられる方は、さっきも書いた上場企業のサラリーマンか公務員でないと、審査に通らないのではないでしょうか?

 

特に東京スター銀行のおまとめローンは、ほとんどの金融業者が「返済専用」となっている中、追加の借入ができるという意味でも有利になっているのです。

 

「返済専用」ということは、「今後一切他の金融業者から新たな借入ができない」ということ。

 

まあ、多重債務になっている場合は、その方が良いわけなのですが・・・

 

スポンサーリンク


 
ただ、一般の人にとっては魅力的な条件であるため、ただでさえ銀行ということで審査が厳しいのに、さらに厳しくて、年収200万円未満の方、パート・アルバイトなど非正規雇用の方では、申し込みをすることさえできないとか。
 
また、おまとめローンと言えども、借入件数があまりにも多いと断られるため、事前に解約できるところはしてから申し込んだ方が良いそうです。

 

だから、そういったところで「おまとめ」ができない人のためにという名目で、意外と審査がゆるめの「おまとめローン」融資をしてくれる会社も増えるわけで。

 

中には、ちょっと危険なところもあるので、要注意です。

 

闇金とは言わないまでも、貸してくれるはいいけど、かなりの高金利(この時点で違法)でというところもありますから、よく説明を聞いて、「おかしいな」と思った時点で断わる勇気を持ちましょう。

 

あまりにも審査がゆるくて、すぐにでも大金を貸してくれるなんていう業者もありますが、要注意です。

 

表向きは正規の消費者金融だったとしても、実際には他の金融業者を紹介することが多く(紹介屋)、最初に数十万の保証金を要求してきます。

 

そして、期限が今日までなど、即答しなければいけないように仕向けてきますので、その場合は断った方が懸命です。

 

もしも、運良くおまとめローンの審査に通ったら、何としてでも最後までしっかりと返済する、という覚悟が必要ですね。

借金返済のために国からお金を借りることはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務になったり債務整理をして、信販会社や消費者金融からお金を借りられなくなった方が、最後の望みの綱として頼るのは、公的資金ですね。

前々から公的資金の必要性については、こちらでも叫んでいるのですが、現状では「死なないため」の公的資金として、最も手っ取り早いのが生活保護になるのでしょうか。

ただ、生活保護は、あくまでも借り入れではなくて、必要最低限の生活費を与えてもらうということですから、あまり長く受給していると、働く意欲を無くしてしまいがちです。

特に震災後は、被災地で本当に「生活保護」が必要な方もたくさんいらっしゃいますから、やはりそういった方を優先させるという考えもあります。

だからこそ、低金利あるいは無利息で借りられる公的資金が必要になるんですよね。



ただ、今のところ生活福祉資金くらいしか、公的資金の借り入れとしては見当たらないですよね。

これは、各地方自治体にによっては仕組みが違うこともありますが、だいたいどこの自治体でもベースになるものは同じだと思います。

だから、もう少し借りやすいようにしてくれれば良いのですが、現状生活保護ほど知られていないし、借り入れ審査に受かる人もそう多くないのではないでしょうか。

保証人制度がネックになっていたのが、保証人が原則不要になったために、ある地方自治体では申し込みが殺到しているなんていうニュースもありましたが・・・

これ、もう少し公になれば、もっと申し込む人が増えると思います。

生活保護を申請する人が増えるくらいなら、この借り入れ措置の生活福祉資金貸付制度を利用する人が増えた方が良いと思うんですよね。

お金を借りるという制度にした方が、働く意欲も湧くというものです。

スポンサードリンク


借り入れとなると返さない人、あるいは返せない人も居るわけで、管理が大変になるんでしょうか。

それに、せっかく少しでも多くの人が生活福祉資金を借り入れできるようにするために、「保証人」という壁を取り払ったのでしょうが、それが逆に「誰でも申し込めるから悪用する」という方向にいってしまったんだと思います。

ものすごく皮肉なことなのですが、公的資金を借りやすくすればするほど、悪用されてしまうんですよね。

こうなれば、民間の消費者金融のようなところから、ある程度生活困難な方優先で、低金利で借りられるようにするとか。

非現実的な考えかもしれませんが、そういった弱者救済の貸し出しをした場合に、国が援助金を出すとかという制度があれば良いと思うのです。

国民金融公庫(現日本政策金融公庫)などは、こういった考え方に近いのかもしれませんが、それでも「敷居が高い」ことには変わりないですね。

セーフティーネットをどこまで増やして、どんな制約をつけるのか、というのが今後の課題になると思います。

あっ、ちなみに多重債務の方が申し込みをすると「借金を整理してからにしてください」と言われるそうです。

確かに、そのままで貸してしまうと、借金の支払いのために消えてしまいますから。

公的資金と言っても、あくまでも「貸してくれるお金」ということを考えないと、勘違いしてしまいそうですね。