スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談 >> 年金だけの生活になっても任意整理はできる?
Page: 4/10  << >>

年金だけの生活になっても任意整理はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

任意整理は、ご存知のように、債務整理の中でも特殊な借金解決方法と言えるでしょう。

 

一番わかりやすいのは、「裁判所に申し立てを行わない」ということ。

 

だから、費用的にも安く済むし、債権者との和解が早ければ、スピーディーに処理が進むのです。

 

反面、債権者がなかなか和解に応じてくれなければ、それだけ時間もかかると言うもの。

 

ということで、最初に司法書士や弁護士の方に相談に行っても、本人に返済能力があまり無いと判断されれば、自己破産の方を勧められてしまうんですよね。

 

ちょうど私もそうでした。

 

相談に行った時は、自営の仕事もどん底で、他にはアルバイト的な仕事しかしていなかったため、「3年で返済するのは無理でしょう」と言われたんです。

 

借金総額も大きかったですし。

 

ただ、「自己破産だけは避けたい」と思っていたので、すがるような気持ちで「任意整理で何とかならないですか?」と何度もお願いしていたのですが・・・

 

ちょうど、その弁護士さんが抱えていた他の案件で、任意整理なのですが、1社だけなかなか和解に応じないケースがあったそうです。

 

任意整理で1社だけ和解に応じない

 

それでも、粘り強く交渉した結果、やっと和解にこぎつけ、残債の返済が始まったということ。

 

最初は順調に返していたのですが、途中から遅れ気味になり、とうとう2年間返したところで、滞納が重なりギブアップ。

 

つまり、途中で自己破産に切り替えたわけです。

 

そうなると、苦労して返していた2年分の返済金額は、宙に浮いた形となり、また一から自己破産手続きのやり直しになるんですよ。

 

弁護士さんも、プライバシーの保護義務があるので、それ以上詳しいことはおっしゃいませんでしたが、私達にも同じような未来を見ていたのでしょう。

 

「悪いことは言わないから、自己破産で手続きした方が良いですよ」と。

 

その時は、「私達のためを思って言ってくれているのだ」ということがわかり、明日は我が身と一度は「自己破産」でお願いすることにしたのです。

 

その後、副業として始めていた仕事がうまく行き、なんとか任意整理で完済までできたのですから、ラッキーだったとしか思えません。

 

だけど、まだ若かったし、今ほど不景気ではなかったので上手く行ったところもあるんですよね。

 

これが、すでに年金暮らしの身だったら、どうなっていたか?と考えると、難しかったでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

実際に、年金のみの収入であっても、債権者がOKなら任意整理をすることは可能です。

 

ただし、年金の額によるでしょうね。

 

自営業の場合、国民年金基金などに加入していなければ、受給額が一桁なんていうことも。

 

そうなると、借金がいくら減らされると言っても、3年で残債を払っていくのは至難の業で、日々の暮らしさえ危ういですから。

 

例えば、借金を100万円まで減らしてもらっても、3年で割るとひと月3万円弱になってしまいます。

 

20万円くらいの年金をもらっていても、体のどこかにトラブルを抱えていれば、毎月の医療費や通院代などもかかるので、そんなに余裕のある生活はできないですよね。

 

家のローンがまだ残っていたり、固定資産税や修理代などもかかりますから、老後の生活ってそんなにゆとりのあるものではないのです。

 

老後破産が問題になるのも、こういった背景からだと思います。

 

年を取ってから借金を抱えてしまったら、できるだけ早いうちに借金をまとめるか、家を売却する、自己破産などの選択肢も視野に入れた方が良いでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談
Home >> 任意整理の体験談 >> 任意整理中にまた借金することはできる?

任意整理中にまた借金することはできる?

JUGEMテーマ:借金返済


任意整理の手続き中にというか、債務の完済前にお金を借りることはできるのでしょうか?

どうしても、任意整理だと、債務整理の中でも「少しでもお金を返すから優遇されるのでは?」と思ってしまいます。

ただ、金融業者側から見れば、債務整理したという事実は同じですから。

確かに、金融業者によっては、自己破産者よりも任意整理をした人の方を優遇するという考えが無いわけではないのですが、これに関してもケースバイケースということですよね。

任意整理で債務をすべて完済した後なら、もしかしたらお金を借りられる機会も増えてくるかもしれません。

一般的な考え方で言えば、任意整理中に貸してくれるところはどこも無いということ。

もっと言えば、個人信用情報に事故情報が載っている時点で、審査に受かるはずもないのです。

だけど、実際に借りられたという人が居るのも事実で、貸してくれる金融業者があるのもわかっています。

どうして?

となりますよね。

一番考えられるのは、「ブラックでもお貸ししますよ」と甘い言葉で誘う闇金融やソフト闇金業者です。

闇金からの電話

合法ではないのですから、貸したお金に法外な金利を付けて貸し、少しでも滞納すれば取り立てれば良いという考えなのです。

だから、「この顧客は、貸したお金をきちんと返してくれるか?」というのは、最初からどうでもよい事。

ひどいところになると、お金を借りた人が期限内に返済しようとしても、返済用の口座番号を教えること無く、のらりくらりと期限が過ぎるのを待つ、なんていうこともあるそうです。

で、一日でも期限が過ぎたら、脅すように支払いを迫る場合もあれば、さらに高額な利息を求める場合も。

「次また10万円借りるから」という約束を無理やり取り付けた上で、やっと返済できた、なんていう笑えない話まであるのですから。

とにかく、闇金融から一度でも借りてしまうと、なかなか抜け出せないということがわかります。

スポンサードリンク

 


では、正規の消費者金融で借りることはできないのでしょうか?

できないことは無いのです。

実は、大手の消費者金融と違い、中小の消費者金融は、総量規制後は特に顧客獲得にしのぎを削っていると言われています。

誰だって、名の知れたところから借りたいですもんね。

普通に審査に受かる人は、わざわざ無名の消費者金融から借りたいとは思いません。

だいたい、正規かどうかすら区別がつきにくいですから。

だけど、任意整理中の方とか世間的にはブラックと言われている人たちは、大手の消費者金融ではまず審査に落ちますから、中小の消費者金融を選ぶしか無いのです。

おのずと需要と供給の関係が生まれてきて、独自の審査方法で貸すことになるため、ブラックでも審査に受かる事例が出てくるというわけ。

だけど、さっきも書いたように、普通の人には、闇金融と街金や小規模な消費者金融との区別を付けるのが難しいので、「正規だと思っていたらヤミとつながっていた」なんていうこともあるのです。

それに、せっかく任意整理の手続きをして、残債支払いまでこぎつけたのですから、できればまた振り出しに戻りたくはないですよね。

「お金がどうしても必要」な状態は切羽詰まったものがあると思いますが、今一度「どうしても今借りなくてはいけないお金か?」ということを、自分自身で考えたり、また家族で話し合ったりすべきだと思います。

 

そして、「どうしてもお金を借りなければならない」となれば、生活福祉資金のような公的資金も視野に入れて、考えた方が良いでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談
Home >> 任意整理の体験談 >> 任意整理中なのに破産できるの?

任意整理中なのに破産できるの?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理中にお金が足りなくなって「借りたい」という状況に陥ってしまう、ということはさんざん書いてきましたが、これは本当です。

多重債務中は、債務整理をすれば単純に借金を返済しなくても良くなるので、生活は少しは楽になるだろう、と考えます。

それが、蓋を開けてみると、多重債務時代とあまり変わらないという状況の方が多いでしょう。

一度生活が破綻する、というのはやはりそういうことなんですよね。

よく「ゼロからの出発」と言いますが、まさに「マイナスからの出発」となる債務整理。

この債務整理についても、家を手放さなくてはならない状態などだと、かなり時間がかかってしまいますので、この間に生活の立て直しができれば良いのですが・・・

結局は、家という財産も合わせて失うということになり、なかなか生活を立て直すことができない方が多いようです。

債務整理で家を失う

債務整理の中でも、比較的立ち直りしやすいと言われている任意整理でさえ、その後の状況によっては多重債務の頃よりも悪くなる可能性があります。

例えば、任意整理を依頼した時には、月々20万円くらいの収入があったとします。

そのうちの5万円を毎月返していく、という風に債務者との合意があれば、必ず毎月返していかなければならないのです。

当たり前ですが。

家賃や光熱費の他に毎月5万というのは、かなり厳しい数字ですが、それでも何事も無ければ生活を切り詰めてでも返していきますよね。

だけど、その間に家族が病気になったり、本人や家族が失業したりすると、だんだん返せなくなってくるんですよ。

任意整理中に残債を返せなくなったら、自己破産に切り替えることはできるのですが、せっかく今まで苦労して返してきたのが何もならなくなりますから。

それならば、最初から自己破産を選択した方がまし、ということになりますね。

スポンサードリンク

 


その辺の判断が難しいのですが・・・

任意整理」にこだわって、最低限の生活さえもできないのに支払い続けることは危険です。

下手したら、家族共々倒れてしまうことにもなりかねませんから。

その場合は弁護士さんとも相談の上、早めに自己破産に切り替えた方が良いでしょう。

私自身、任意整理の支払中には、夫の失業などトラブル続出で、なんどめげそうになったことか。

たまたまラッキーなこともあって、なんとか支払い続けられましたが、無理は禁物だなと何度も思いました。

今まで支払った分のお金は無駄にはなってしまいますが、「少しでも借金を返すことができた」と考えれば少しは救われます。

また、「破産は絶対に嫌だ」という場合は、毎月の支払を見直して少なくしてもらう、ということも不可能では無いと思います。

 

債権者によっては、頑として受け付けてくれないこともありますが、その場合は諦めるしか無いですが・・・

早めに気持ちを切り替えることも必要なんですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode