労金はブラックでもお金を貸してくれる?

JUGEMテーマ:借金返済
 

債務整理中でもすぐにお金を貸してくれるところ、知りませんか?」なんて、ものすごく切実なフレーズで聞いて来られる方がいらっしゃいます。

私もそうだったのでわかるのですが、債務整理中というのは、精神的にも安心と不安の中間で、意外と「落ち着かない」日々が続きます。

多重債務時の「明日の借金返済日をどう乗り越えよう?」とか「今月の支払いは利息だけにしてもらうないか?」「ほんの数万でいいから、追加融資を頼めないか」などなどの心配から比べたら、まだ良い方なのですが。

実際「借金の取立てがなくなる」ということだけでも安心できるんですけどね。

取り立てが無くなってホッとする

それでも、「足りなくなったら借りる」という借金体質が身にしみていますから、「お金が足りないのに借りられない」状態に怯えてしまいます。

また、債務整理中は、まだ債権者から裁判を起こされたり、残債の支払いを求められたりすることもあるので、ものすごく不安な面もあるのです。

それに加えて、「明日の食費も無い」状態になってしまうと、せっかく債務整理を決心したのに、「まだ借金にまみれている方が良かったかも」なんて思う始末。

特に、債務整理と共に職を失うことになってしまった方はそういう思いが強いでしょう。

私もそうでしたが・・・

でも、これでは何のために債務整理したのかわかりません。

だけど、それほど追い詰められてしまうのも確かなんです。

債務整理した人に対する資金援助なんてないですからね。当たり前ですが。

私の場合は、副業でなんとか事なきを得ましたが、債務整理中に失業したり、自営業が破綻したりした人は、やはり「どこかからお金を借りる」しかないんですよね。

ブラックでも自己破産しても借りられる消費者金融というのは、一昔前は存在したようですが、多分今はほとんどが「闇金融」でしょう。

となると、ブラックや債務整理した人は、「闇金融」から借りるという選択肢しか残されていません。

結果、闇金が栄えてしまう、と言う悪循環にも陥ってしまうのですが。

事実、やり方を少し柔らかくしただけの「ソフト闇金」業者は増えているということです。

スポンサードリンク

 


だから、「生活福祉資金」のような公的資金を、もう少し借りやすくしてもらえないものだろうか?と思うんですよ。

公的資金といえども「貸付」ですから、返さなければならないのですが、利息がほぼゼロに近いので、やはり多重債務の時とは違いますよね。

ただ、「返せない」人も居るでしょうから、その辺は返済規約を厳しくする方法を設定すれば、と思いますが、もともと金融機関ではないので、難しいでしょう。

そうなると、民間の金融機関、例えば「労金」のように、多重債務者向けのローンを検討するとか。

ただ、労金は非営利の金融機関であり、もともとは組合に入っている会員のための融資機関です。

だから、「ブラックでも借りられる」ということではないんですね。

労金のホームページにも「組合員と家族の生活を守るために、高金利の消費者金融などからの借金でお困りの方は、ご相談に応じます」(要約しました)と書いてあるように、あくまでも組合員救済のためのローンということになっているのです。

また、多重債務の場合は相談の上、お金が借りられるかもししれませんが、債務整理中は無理だと思います。

審査に関しても、個人信用情報機関の参照など一通りの審査は行われるはずですし、一般の与信よりも厳しい部分があるかもしれません。

よって、嘘ではないにしろ、一般の方でしかもブラックとなると借りるのは難しいでしょう。

 

ただし、地域によっては、「負債整理資金」の貸付制度が利用できることもあるので、例えば任意整理を検討している人が債務整理費用を借りたりということはできるようです。

 

組合員であれば、まずは相談してみる、ということが大事ですね。

 

多重債務になって、どこからもお金が借りられなくなったにも関わらず、闇金融もどきのところがお金を借りしてしまうというのは、結局は「どこにも借金の相談をする場所が無かった」もしくは「できなかった」のが原因だと思うんです。

 

家族に心配かけたくなくて、ひとりで悶々とお金の悩みを抱えていると、本当に神経が病んでしまいますから。

 

「法テラス」もそうですが、公的機関で開いている無料相談会に参加するなど、とにかく「ひとりで抱え込まない」ことが大切です。

 

債務整理中でも借りられる中小の消費者金融は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでもお金を貸してくれる金融業者」=闇金融かその他の悪徳業者という図式は、あながち間違ってはいませんし、債務整理までした人にとっては、そう思うほうが良いのです。

 

「もうどこからもお金が借りられない」と思うからこそ頑張れる、ということもありますから。

 

だって、債務整理を弁護士や司法書士の方にお願いすることに決めた時点で、「二度と借金はしない」と心に強く誓いますし、「もうこんな経験をするのはコリゴリ」と思うわけですが・・・

 

どうしても、債務整理後の生活がうまく行かないと、「どこかでお金が借りられないか?」となるのです。

 

ここで弱い人間だと自分を責めるのですが、結構そういった方も多いはず。

 

体が弱い女性-債務整理体験談

 

別に多数決をしているわけではないので、多いからって安心することではないのですが、債務整理後にどうしてもお金が必要になって「どこかで貸してくれないか?」となった場合に、まず自分を責めたり自暴自棄になりがち。

 

最悪のシナリオになることを防ぐためには、「弱いのは自分だけではない」と思うことが肝心です。

 

そうすることで、とにかく世間を騒がせたりすることからは逃れられます。

 

で、「本当に債務整理中でもお金を貸してくれるところはあるの?」ということですが、皆無ではないです。

 

だけど、そこには悪徳業者も巧みに入り込んでいるわけで、「区別がつきにくくなっている」と再三言っているのはそういうこと。

 

今や、ブラックになってなくても個人情報は漏れてしまう時代。

 

まことしやかに近づいてきて人を騙そうとする足音が、常に忍び寄っているのです。

 

「ブラックでもお金を貸してくれる業者」を探している人たちというのは、もっとも騙しやすい人たちでもあるので、できれば、そんな「飛んで火に入る夏の虫」みたいな状況に身をおくことは避けましょう。

 

それでも、どうしても今お金を用意しないと大変なことになる、なんていう場合。

 

家族の病気など生死に関わる時、仕事関係でどうしてもお金が必要な時などなど...

 

債務整理中とは言え、運命の女神は待ってくれません。

 

良いことも悪いことも運んでくるのです。

 

そんな時に、頼れる味方として、中小の消費者金融があるのも確か。

 

だいたい、一度ブラックという烙印を押されてしまった人は、一生お金を貸してもらえない金融業者もあるというのに、どうしてお金を貸してくれるのか?

 

スポンサーリンク

 

 

例えば任意整理中の場合、借金返済は続いているわけですが、金融業者への返済金額に利息は付きません。

 

しかも、月々いくらくらいなら無理なく返済できるのか?両者で話し合いを重ねた結果の金額なので、同業他社からお金を借りているケースよりも返済確率が高くなる、ということ。

 

また、お金を借りている途中で再度債務整理される可能性は低い、ということ。


自己破産の免責後であれば、借金はきれいになっていて、今お金を貸しても返済先が一社のみなので、多重債務よりもはるかに回収率は高い

 

これだけの理由から、債務整理中あるいは債務整理後であってもお金を貸してくれることがあるのです。

 

ただし、債務整理中の借り入れは、依頼している弁護士や司法書士を裏切る行為にもなりかねないため、その後の手続が進まなくなることが考えられます。

 

バレたら間違いなくふりだしに戻されてしまうでしょう。

 

それ以外にも、債務整理中にお金を借りることのリスクは大きいですから、「本当にどうしようもなくなった時」のための保険、くらいに考えておくのが無難です。

 

もしくは、勇気を出して依頼している弁護士さんなどに相談するとか。

 

任意整理中なら、月々の支払いを見直したり、自己破産に切り替えるなどの方法もありますから。

 

切羽詰まって闇金融から借りる、という判断をしてしまうのが一番怖いですものね。

 

ノーローンはブラックでもお金を貸してくれますか?

JUGEMテーマ:借金返済

ノーローンはブラックでも貸してくれますか?」という直球かつ切羽詰まった質問を見かけました。

ノーローンというのは、「契約した最初の1週間は無利息」という条件が、何度借りても当てはまるという、とても有難いローンなのです。

たしか、何度か改正があったと思いますので、今は「何度でも」というのは無理かもしれません。

多分、多重債務の方なら一度は耳(あるいは目)にしたことがあるでしょう。

通常は、「無利息期間1ヶ月」とうたっていても、1ヶ月経てば契約どおりの利息が付いてきます。

「無利息期間」は、契約者本人1回に付き有効ということがほとんどです。

だから、50万円借りて一度返したとして、もう一度50万円借りても無利息期間は有効になりません。

それが、ノーローンの場合だと、無利息期間の間に一旦50万円を返せば、もう一度借りてもその時点からまた無利息期間が始まるのです。

ということは?

無利息期間内に返せば、ずーっと無利息で借りられてしまうということ。



これを悪用して、1週間の間に他の金融業者からお金を借りて返し、またすぐに借りるということを繰り返している方もいらっしゃいました。

まあ、悪用というと語彙がありますが・・・

一応規約に違反するわけではないので。

これだと、他の金融業者の利息も安くなるんですよね。

 

だから、一時期「大車輪」という呼び名で、多重債務者の間では話題になっていたのです。

ただ、こんな不安定な借り方がいつまでも続けられるわけはなく、結局は返せないパターンになってしまう方も多かったと思います。

だから、今は例え1週間の無利息期間内に全額返済しても、次の月にならないと借りられないようなシステムになっているようです。

スポンサードリンク



「お金が入る予定はあるのだけど、毎月支払いの方が先になってしまいどこからか一時的にお金を借りる必要がある」という方にはぴったりだと思います。

残念ながら、ブラックの方は無理です。

正規の大手金融業者ですから、審査は厳しいと思われます。

特に厳しいと言うより、個人信用情報を参照するわけですから、事故情報があるだけで却下されるのは仕方のないこと。

どうしても、審査が甘いと言われると「ブラックでも借りられる?」と思ってしまいますが、原則として「どこからもお金は借りられない」と思っていて間違いないですから。

たまに例外と思われるようなケースがあるので、「もしかしたら?」と期待してしまうのはわかるのですが、そういった気持を持ち続けている限り、悪徳業者に付け込まれる危険性が出てきます。

 

いつも書いていますが、闇金融から借りてしまったら、もう取り返しがつかないですよ。

本当は、一番苦しい時だけでも無利息でお金を貸してくれるところがあれば良いのですが、やはりそれは虫が良すぎるということでしょう。