自社ローンは危険?信用できるお店はある?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後などブラックになってしまった方でもローンを組める方法、となると、今のところ自社ローンしか考えられません。

この自社ローン、少し前までは、ブラックをターゲットにした金融業者が、中古車販売や家電販売をかくれミノにして、高利息でローンを組ませる仕組みであることも多かったのです。

ちょうど、自社ローンが出始めた頃で、一般的にもまだ名前が知られていなかったくらいの時です。

それが、最近では、中古車販売の有名ポータルサイトにも、中古車選びの選択肢の中に「自社ローン」があるほど広がってきているのは確かです。

自社ローンは危ない?

だからと言って、すべてのお店が信用できるか?と言われればそうではないのでしょうが、きちんとしたお店が増えていると言っても良いでしょう。

自社ローンを利用するのは、何も金融事故者だけではなく、まだ信用履歴があまり無い若年層や年金生活者の方、また自己理由ではなく災害などで止むを得ずブラックになってしまった方にとっても、有難いシステムなのです。

その上、実質金利はゼロ%で納車に時間はかからないとなれば、「すぐにでも利用したい」という方もいらっしゃるでしょう。

金利がゼロになるカラクリについては以前も書いたことがありますが、通常は、中古車店で車を分割払いにする時、お店では金融商品は扱えないので、信販会社を通します。

だけど、自社ローンでは、信販会社を通さないので、金融商品を扱えない中古車店が金利を取ることはできません。

このことから、金利ゼロになるんですね。

なので、最初から中古車価格が、一般の価格よりも高く設定されていても不思議ではないですし、逆に金利の分上乗せするのが当然と言えば当然です。

ここで問題になるのが、「どのくらい上乗せされているか?」ということ。

悪徳とは言わないまでも、お客の足元を見て、かなり高い金額をふっかけてくる中古車店もある、ということ。

中には、すでに走行距離が桁外れな数字になっていて、俗にいう「10年落ち」の車で、一般的には「タダ同然」の車なのに、そこそこ高い金額を付けて「自社ローン用」として売りに出しているところもあるのです。

悪質なところになると、走行距離を細工してごまかしたり、なんていうことまであるようですから、油断できませんね。

そのようなお店を避けるには、やはり日頃から中古車に関する知識を身につけておくこと。

スポンサードリンク

 


何も専門的な知識を知らなくても良いのですが、カーセンサーなどの中古車カタログを見る、日頃から中古車店に足繁く通う、などしていれば、だいたいの相場がわかるものです。

 

ヤフオクなどのネットオークションでも、中古車を扱っている会社が出店したりしているので、参考になります。

 

ちなみに、オークションで高額商品を買うのは勇気が要るものですが、慎重に吟味して「当たり」を引けば、かなり安く良い車が手に入ることがあるのです。

 

「運と鑑定眼が勝負」というところでしょうか?

あとは、お店の雰囲気というのも結構大事ですよね。

まあ、ネットで探したお店の場合は、実際に行けないこともありますが、メールで頻繁にやり取りして、疑問な点はすぐに聞くなどといったことが大事でしょう。

最初に説明が無かったのに、契約の段になって手数料や保証料の支払いを求めてくるところは、止めておいて方が良いです。

とにかく、本体価格の他にやたらと支払いが多いところは要注意ですね。

自社ローンは、一般の信販会社の審査に通らないと思われる方たちが顧客となる分割払いのサービスなので、悪徳業者も入り込みやすい、ということは肝に銘じておくべきでしょう。

自己破産後に車を購入する方法は?審査不要のカーリースも?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自己破産すると車はどうなるのか?というと、相当なオンボロ車で無い限り持って行かれると思います。

 

特に、ローン中の中古車については、「もう10年落ちだし」と思っていても、ローン会社が引取に来るケースもあるようです。

 

ただ、この10年というのが線引きのようで、あまりにも古いと、ローン会社の方でも、わざわざ引き取りに行く手間と費用のことを考えると持ち出しになるので、そのまま放置されることも多いとか。

 

だからって、「やったー、うちの車は古いから、そのまま乗っていられる!」なんて喜んでいてはダメですよ。

 

10年落ちの車-債務整理体験談

 

突然来て持って行かれることも十分に考えられるのですから。

 

と言いますか、「持って行かれるもの」として考え、しばらくは車の無い生活をどのように乗り越えるのか?考えた方が良さそうです。

 

ただ、うちのように、車が無いと仕事にも行けないし、食料さえ買いに行けない身にはこたえるんですが、弁護士さんいわく「身から出た錆と思って、自転車か歩きで耐えてください」ということ。

 

結局、うちの車があまりにもボロくて、取りに来なかったのですが、

 

◯仕事は近所の同僚に乗せてもらって行く

 

◯買い物は、生協でなんとかする

 

◯病気になったらタクシーで行く

 

という対処策は考えていました。

 

ただ、営業職などで自分の車を使っている場合は、死活問題ですよね。

 

どうにかして車を手に入れる方法は無いのか?ということも真剣に考えましたよ。

 

まずは、お金を貯めてオークションで安い中古車を落札すること、です。

 

探せば、数万円で車検付きなんていう破格な車もあるものです。

 

ただ、実際に見られる場所にあることが少なく、見に行けば交通費もかかるしということで、ある程度は「運を天に任せて」という感じになります。

 

個人間の取引と言っても、業者さんである可能性が高いのですが、まさにピンからキリまであって、手続きも適当なら車の整備も適当というところも。

 

良いところに当たれば、「この車は安いけどあんまりおすすめしません。」なんていうことまで言ってくれて、予算に見合ったなるべく程度の良い車を選んでくれたり、ということもあるのですが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

それでも、せっかく選んでくれても「オークション」ということで、先に落札されてしまえば買えませんから。

 

ただ、お金が無いけど車が欲しいという方にとっては、一番安く車を手に入れる方法ではあります。
 
安く車を手に入れる」と言えば、カーリース(オートリース)もありますよね。

 

「車は買えないけど、カーリースなら月々支払だから大丈夫なのでは?」と私も思ったことがあります。

 

中には、「車体価格半額で、車検費用も税金もかかりません」なんていう魅力的なパッケージ商品もあったりするので、パッと目の前が明るくなったような気がしたものです。

 

だけど、よくよく調べてみると、カーリース契約も、個人信用情報をチェックするというのです。

 

考えてみたら、車の名義こそ会社側になるとしても、新車なら100万円は下らない車を預けるのですから、信用できる人でないと困ります。

 

それに、月々払いということは、ローン契約と同じですから、ブラックではまず審査に受からないでしょう。

 

ということで、カーリースの道も断たれたわけですが、結局は、行き当たりばったりで「とにかく車さえ持てれば良い」という考えだからいけないんですよね。

 

それならば、コツコツとお金を貯めて、頭金くらい貯まったところで喪明けを迎えれば、車のローン審査にも通る可能性が出てくるのです。

 

追記:カーリースの続報ですが、調べてみたら審査不要のカーリースシステムを展開している店舗もあるようです。

リース料金を前払い制にして、来月分のリース料金を先払いするという形なので、滞納されても取りはぐれが無い、ということなのでしょう。

あとは、自社ローンのように、独自審査を行う会社もある、ということなので、希望は捨てないでいたいですね。

とは言え、「誰でもカーリースできる」と言い切ってしまうのは早急な判断だと思いますし、ローン審査が無いだけで、一定の条件はあるはずです。

とにかく、ブラックでもカーリースができる可能性はある、ということだけでも朗報と思って良いでしょう。

自動車ローンを使わないで車を購入する方法は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務におちいっている時や、債務整理後にブラックになってから車のローンを組むのは、とても大変なんです。

 

と言いますか、ブラックになってしまったらほぼ不可能でしょう。

 

それでも、仕事で車を使う場合や、私のように車が無いとどこにも行けないような田舎に住んでいるケースでは、乗っている車が壊れたら買い替えなければいけません。

 

だけど、新車だと100万円は下らない自動車の購入で、ローンを使わないというのは考えられないのです。

 

中古車だったとしても、数十万円はしますから。

 

ではどうすれば良いのか?

 

自動車ローンを使わないで車を購入する方法」と打って、ネットで検索してみました。

 

一番最初に出てきたのが、「カードローンでお金を借りて購入する」という方法。

 

例として乗っていたのが、「自動車ローンの審査に通らなかったAさんの話」です。

 

保証人を付けてくれたら通りますよ」と言われたAさんですが、「この年齢になって、他人に迷惑はかけられない」という気持ちもあって、保証人を立てることをためらったそうです。

 

車のローンが通らない-債務整理体験談

 

そんな時に、クレジットカードを所有している銀行から、カードローンの紹介DMが来たということ。

 

なんでも、300万円までなら収入証明書も不要で、今なら最初の1ヶ月は金利も自動車ローン並という魅力的な内容でした。

 

金利だけは少し高かったけど、思ったほど高くは無く、しかも銀行系カードローンだと、総量規制で定められている「収入の1/3まで」の対象にもならないので、他で借り入れがあってもOKだとか。

 

じゃあ、ということで、試しに200万円のカードローンを申し込んだら、すんなり通ったので、そのお金で現金払いで車を購入した、のだそうです。

 

まあ、この方の場合は、過去に自動車ローンの滞納があったので、受かりにくかったということがあったようですが、その他の属性は良かったのでしょう。

 

とは言え、最近は、自動車ローンを使わずにカードローンで使って支払いをする、というケースも増えているということなので、審査にさえ通れば使いみちを証明する必要が無い、というのは今のニーズに合っているのかもしれません。

 

人によっては、「お金を借りるよりは、ローンを組む方が罪悪感が少ない」という考え方もあるでしょうが・・・

 

いずれにしても、そもそもローン審査に受かる可能性が非常に低い私達には、使えない選択肢とも言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ならば、やっぱり自社ローンしか無い?

 

そうですね。

 

自社ローンも、今は結構知られてきていて、大々的に「自社ローンも取り扱っています」という中古車店も増えてきました。

 

良心的なお店も多いとは思いますが、まだ一般的とは言えず、どうしても「車のローン審査に受からない訳ありの人を対象にした分割払い方法」というニュアンスが先行してしまいます。

 

いまだに、「廃車寸前のボロい車を、高い金額で買わせようとする」なんていうことも横行しているようですから。

 

となると、当たり外れは大きいとしても、「個人売買で購入する」という方法が良いのではないか?と思うんですよ。

 

実際に、私もオークションで車を購入したのですが、個人売買というより、店舗を持たないような個人経営の中古車店が出品している、というパターンが一番多く、取引の内容や車に関する説明、書類の準備などもそつなく、割と丁寧にしてもらえました。

 

あまり遠くない場合は、一度見てから入札する、なんていうこともできるので、安心ですよね。

 

中古車なので、当たり外れが大きいのは当たり前と思っていれば、そんなに怖がることも無いのでは?と思うのですが、アフターケアの点で心配な方は購入ししない方が良いでしょう。

 

とにかく「現金で安く買いたい」という場合には、良いと思います。

 

ただ、「自称業者」とか、「実際に売っている車と違う写真を載せている」なんていうあくどいケースもあるので、注意は必要です。

 

要するに、「ローンが組めなければ、安い中古車を探すしか無い」ということですね。