債務整理後、緊急でお金が必要になったら?

JUGEMテーマ:借金返済

あーーー、もうお金が無いーー」と叫びたくなるくらい、お金が出ていく時期ってありますよね。

しかも、もともとお金が無い時に限って、そうなるような気がします。

債務整理直後はもっとひどかったですね。

債務整理後と言いますか、申請中や直後の時ってなにかしらのトラブルがあったりするのです。

これって、本当に面白いように起こります。

例えば、仕事中に怪我したり突然車が動かなくなったり



自営業の場合は、取引先が急に倒産したり、発注した仕事がいきなりキャンセルになるとか。

実は、これ、ほとんど私が経験したことなんです。

弱り目に祟り目」とはよく言ったもので、今まで1年に一度あるかどうかのトラブルが、一度に押し寄せてきました。

他にも、債務整理後に突然思わぬ出費があることは、多々あります。

生きていれば、計画通りに進まないことがほとんどですし、病気になったり、家が壊れたり、場合によっては災害に見舞われることだってあるでしょう。

予期せぬ事態のために、日ごろからお金を蓄えておく、というのは先人の教えでもあるのですが・・・

債務整理直後というのは、まだ生活の建て直しも始めるかどうかの頃で、蓄えどころか、毎日の生活費だって事欠くことが多いのです。

私の場合は、夫が債務整理直後に失業状態だったこともあり、多重債務時代よりも生活が苦しいのではないか、と思うこともしばしばでした。

こんな時どうするか?ですが・・・

私も含めて、たいていの方は「ブラックでもお貸しします」というような金融業者を探すでしょう。

スポンサードリンク


現に、そういった不安定な人達をターゲットにした「ブラックでも融資OK」というようなDMが送られてきますから、なんとなくそちらに目が行ってしまうんですね。

冷静に考えれば、まっとうな金融業者ではないな、と見当がつくのですが。

生活が困難な状態が長く続くと、その辺の思考回路が壊れてしまったかのように、まさに「なんとかホイホイ」にかかってしまうがごとく、電話をかけてしまうということもよくあります。

私も寸でのところで思いとどまりましたので、よくわかります。

こういった「ブラックでも貸します」という金融業者の中には、正規の業者さんもあるようなのですが、見分けが難しく、しかも正規と言っても金利も高いことが考えられますので、本当によーく考えた方がいいですよ。

そう考えると、手放しでおすすめできるわけではないのですが、やはり生活福祉資金の緊急貸付を利用するしかないかと思います。

公的資金も、「いざという時にあてにならない」「なかなか貸してくれない」なんていう意見もでていますが、危険を冒して民間の業者から借りるよりはマシです。

通常、生活福祉資金が交付されるのは、審査を開始してから1ヶ月程度かかるのですが、緊急小口資金だと、申請日の翌々日(土日を除く)というところが多いようです。

これは、各自治体によって決まりが違ってきますので、市役所などで聞いてみてくださいね。

債務整理直後は、借金の支払いが少なくなったり無くなったりしますが、精神的にもまだまだ落ち着いたとは言えない状態です。

その上、お金の心配まであると、精神に異常をきたしそうになりますが、利用できる制度は利用して、少しでも前進するという気持ちを持ち続けることが大切です。

ブラックになると今後一切お金に関する信用は得られない?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでもお金を借りることができるかどうか、という議論はネット上でも頻繁に行われています。

常識的にはブラックになるとお金は借りられません

そもそもブラックであるということは、「お金に関する約束事を破った」ということですよね。

だから、「今後一切お金に関する信用は得られない」と言われれば、「ごもっとも」と言わざるを得ないでしょう。

ただ、やはり「ブラックでもお金を借りたい」ということはあるもので・・・

今までは生活費の話を重点的に書いていましたが、自営業の場合だと、「貸付」なしでは事業を展開していくの至難の業です。

どんなに小規模な事業でも、なにかしらの借入れはしているでしょうから。

となると、自営業者にとって、自己破産というのは、事業を手放すことに他ならないような気がします。

まあ、もともと日本は自営業者には厳しいと思うのですが・・・

だから、自己破産に限らず、債務整理後は会社勤めかアルバイトを余儀なくされるケースが多いようです。



仕方の無いことですが・・・

その会社勤めの間に、少しでも貯蓄をして、新たな事業資金にするということですね。

ただ、いつも書いているように、債務整理直後というのは、本当に生活が苦しい状態なのです。

多重債務時代に相当無理をしていますから、借金が無くなったからといってすぐにゼロからのスタートにはならないんですよね。

しかも、自営業がだめになった時点で失業しているわけですから、仕事を探さなきゃいけない。

だけど、この不況の中、正社員の仕事はおろか、パートやアルバイトの仕事すらそうそうみつかるものではありません。

やっとの思いでありついた日雇いに近いようなアルバイトでもらった収入も、毎日の生活費にも足りないくらいで、その上滞納分の税金や公共料金などが重くのしかかってくる、という。

スポンサードリンク


絶望的な気持ちになりますよね。

だけど、すべては自業自得と思い、受け入れるしかありません。

こんな時に「ブラックでもお金を貸してくれるところがあったら」と切実な思いがありましたが、叶うはずもなく、日にちだけがむなしく過ぎていく感じがしていました。

生活費は、公的資金である生活福祉資金で借りることも可能ですが、事業資金となると難しいですね。

まあ、生活福祉資金で生活費を借入れするのも簡単ではありませんが、手続きをきちんと踏めば借りられるはずです。

とにかく、最悪生活保護を受けてでも、今の生活を何とか支えながら、少しでも再出発への道を模索するしかないと思います。
 

任意整理中だけどクレジットカードを作りたい

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理中でもお金が必要になることはあります。

いや、債務整理中だからこそ、お金が無いということも言えるでしょう。

だけど、ご存知のように、債務整理中にクレジットカードを作ったりお金を借りることはできません。
 
ただ、債務整理の中でも比較的任意整理の場合は優遇されることもあるようです。

任意整理の場合、債務者との間での話し合いで整理方法が決まるので、どちらかと言えば穏便な借金解決方法と見られるからです。

自己破産と比べれば、双方合意した借金の残額は支払うわけですから、それだけでも「まだ支払能力はある」とみなされるのでしょう。

「少しは払ったのだから許してやってもいいよ」というところでしょうか。

自己破産の場合、迷惑をかけた銀行や信販会社とは、もう一生お付き合いできないと言われていますが、任意整理の場合はまだできる可能性も残されているようです。

まあ、その辺はケースバイケース、それぞれの金融業者によっても違ってくるでしょう。

スポンサードリンク


ただ、債務整理する側としても、「任意整理で残債を支払ったのだから、すぐにクレジットカードが持てたりローンが組めるのが当たり前」という気持ちになる方も多いようです。

実際は、「債務整理した」という事実が、「個人信用情報機関」に残されている間は、クレジットカードも作れないしローンも組めないことになっています。

例外があるとすれば、債務整理の時に整理の対象とならなかったクレジットカードがそのまま使えたりすることがあるくらいです。

これも、使えることがある程度で、すべて問題なく使えることはないでしょう。

特に任意整理中にクレジットカードの新規申し込みをする、なんていう無茶なことは止めた方がよいですね。

そんなことをする方はいらっしゃらないと思いますが。

火に油を注ぐような結果になり、債務整理後5年から7年ほどでクリアになるであろう事故歴が、もっと長くなってしまう可能性が高くなりますから。



それから、任意整理で完済後数年経って、晴れて事故歴が無くなったとしても、迷惑をかけた銀行や系列の信販会社は避けて、新たな金融業者に申し込む方が良いでしょう。

自己破産の場合は、ほぼ100%迷惑をかけた金融業者とのお付き合いは無理なので、今まで口座を作ったことがないような金融機関に移行していくことをおすすめします。

まずは銀行口座を作り、給与振込や公共利益の口座引き落とし、定期預金など、良い関係を作る努力をしておけば、比較的早くローンが組める可能性も出てくるかもしれません。

崩れたレンガをまたひとつひとつ積み上げるように、信用も積み上げていくしかないんですよね。