ブラックリストに載ると絶対にお金は借りられない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックになるとお金が借りられなくなる、というのは常識のようになっていますが、どうしてそうなのか?ということは意外と知らないですよね。

 

ブラックでも融資OK、というように、通常金融関係の文章で使われる「ブラック」というのは、「ブラックリストに載った人」のことです。

 

ブラックリストについては、これまでも何度か書いていますが、ここで一度整理してみましょう。

 

●ブラックリストというのは通称で、「この人はお金を返さなかった要注意人物」という顧客リストは存在しない。

 

●「個人信用情報機関」に登録されている「事故情報」「異動情報」「延滞情報」のうち、「事故情報」(延滞情報)のことを指す。

 

●しかしながら、債務整理時にローンを組んでいた銀行や信販会社には、ブラックリストのようなものは存在し、永久に消えないと言われている。


●延滞情報に載るのは、クレジットカードやローンの支払いが3ヶ月間支払いが延滞した場合で、その後支払いを完済しても数年は事故情報が消えないこともある。

 

●債務整理をした場合、「事故情報」は5年から10年は消えないとされている。

 

●ブラックリストに載ると、ほぼすべてのローンやクレジットカードの申し込みはできなくなる。

 

ざあっと書いてみましたが、こんなところでしょうか。

 

私も、多重債務時代に「ブラックリスト」というと、まるで犯罪者のように「借金を返さなかった要注意人物」という感じで、個人名や住所が書かれたリストがずらずらっと並んだ書類があるものと思っていました。

 

犯人を言い当てる探偵-債務整理体験談

 

だけど、考えてみれば、全国すべての金融機関で支払を延滞したり、ローンを返せなかったりした人をリストアップしたら、とんでもない数になってしまいますよね。

 

とてもひとまとめにして管理できるものではないでしょう。

 

それに、どこが管理するのか?ということも問題になってきます。

 

だから、金融に関する取引履歴が、個人ごとにきちんと整理して登録されているということなんですね。

 

スポンサーリンク

 

 

個人信用情報がそれです。

 

だからと言って、ブラックリストに載ることには間違いないので、リストがないからと言って安心することではないのですが・・・

 

とにかく、この個人信用情報がすべてのカギを握ると言って間違いないでしょう。

 

ほぼすべての金融機関は、ローンやクレジットカードの申請を受けると、この情報機関の内容を参照します。

 

その時に「事故情報」があればアウト、ということは火を見るより明らかですから。

 

もっと言えば、たとえ事故情報がなくても、クレジットカードなどの利用履歴や申し込み履歴によっては、審査に落ちることも十分考えられるのです。

 

私のように債務整理経験者にとってはあまり見たくない「個人信用情報」ですが、やはり一度は開示してみて、自分の信用度をチェックしてみる必要はあるのかもしれませんね。

 

あと、「もうすぐ喪明け?」という時も、「もう5年経っているから大丈夫」ということではなく、きちんと事故情報は消えているのか?を確認する必要があります。

ブラックリストは怖いもの?本当の意味とは?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックリストの略語がブラックということは何となくわかるけど、じゃあブラックリストって?ということになりますよね。

「ブラックリスト」というのは、あくまでも俗称ですからね。

一般的には「ブラックリスト」というものは存在しなくて、「個人信用情報」に「借金の延滞記録」や「債務整理を実施した事実」が載ってしまうということなんです。

ブラック登録を無かったことにする?個人信用情報に書かれている内容とは? 

↑こちらで、個人信用情報について書いています。

で、この個人信用情報には一体何が書いてあるのか?気になりますよね。

わかりやすく言えば、「お金の貸し借りに関する個人情報」ということでしょうか。



一般的な個人情報は、住所や名前、生年月日ぐらいなのですが、あとは今まで借りたお金の履歴やローンを組んだりクレジットカードを作ったりといった利用状況。

それに、「どこのクレジットカードやローン会社に申し込んだか」なんていうことまで。

これは、「単に申し込んだだけ」ということでも載るとされているので、「申し込みブラック」なんていう言葉も生まれるわけですね。

申し込みブラックは、「実際にお金を借りたわけじゃなからわからないだろう」と思うような利用状況について問題視されて、なってしまうということもありますので、気をつけたいものです。

この「個人信用情報」については、ローンやクレジットカードの申請をする時に「クレジットカード会社が照会したり登録することを同意する」ということに同意した上での申し込みとなるので、文句は言えないということです。

まあ、同意しないと申し込めないですけどね。

スポンサードリンク


となると、一般の人が「ブラックリスト」として認知している「危ない顧客の名前がズラズラッと書かれたリスト」が存在するよりも、怖いということなんです。

それと、何でもデータベース化する時代ですから、それぞれの金融機関では、本物のブラックリストは存在していて、永久に消えないこともある、とも言われています。

ある意味、二重三重の烙印を押されてしまうということになりますね。

とは言え、「個人信用情報」の「金融事故情報」は5年から7年すれば消えることは確かなわけですから、それを励みに暮らしていくしかありません。

今は、ブラックでなくても生きにくい時代。

最初から困難なことがわかっている分、気が楽という点があるのも確かです。

とにかく、前を見て歩いていけば、道は少しづつでも拓けていくはず。

私も、そう信じて歩いています。

ブラック登録を無かったことにする?個人信用情報に書かれている内容とは?

JUGEMテーマ:借金地獄


ブラック登録というと、一見カッコイイように思えますが、クレジットカードのブラックカードのことではありません。

何しろ、ブラックカードはプラチナカードよりも上で、聞くところによると「限度額無制限で利用できる」らしいということですから、ステータスシンボルとしては最上級のものです。

だけど、悲しいかな、ここで「ブラック」というのは金融事故を起こした人のこと、ブラック登録はいわゆる「ブラックリスト」に載るということです。

まあ、何度も書いていますが、そんなリストは存在せず「個人信用情報」に「事故情報」が登録されるということ。

とても不名誉なことではありますが、自業自得なんです。

そもそも、何でブラックリストに載るとクレジットカードやローンの審査に通らないか?と言うと、この事故情報があるから。

ならば、消せばいいのでは?なんて乱暴な考えをする人も少なくないのですが・・・

結論から言って、ブラックリスト登録を消す方法はありません。

無いはずなのに、なぜかネットで「ブラックリスト 消す方法」などが検索すると、ズラズラっとまことしやかな情報や会社のHPが並ぶんですよ。



「なんだー、簡単に消せるじゃん」なんて思ってはいけません。

こういった情報は、ほぼ間違いなく詐欺と思っていいです。

ブラックと言われる人にとっては、とても魅力的な情報なので、甘い言葉に飛びついてしまいそうになりますが、「手数料」と称して数万取られた挙句、その後はナシのつぶてということがほとんどです。

もっと悪いのに当たると、「消さなくてもお金を貸してくれるところがありますよ」なんてヤミ金融を紹介されたり、無理やり借りさせられたりすることもあるそうです。

あっ、ひとつだけありました。

ブラックリストの登録を消す方法が。

事故情報などの登録事項が間違っていた時。

めったに無いのですが、たまーにあるんだそうです、見に覚えのない登録をされていることが。

特に思い当たることは無いのに、ことごとくクレジットカードやローンの審査に落ちる、なんていう場合には、自分の信用情報を開示してみた方がいいです。

誤登録されていた場合は、信用情報機関に問い合わせすれば、速やかに削除や訂正をしてもらえます。

スポンサードリンク

 


ちなみに、個人信用情報に記載されている内容としては

◯氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先などの個人情報

◯ローンやクレジットカードなどの名称と利用限度額、契約日や支払い回数、返済したかどうかなど具体的な数字も含めて

◯延滞や債務整理があった場合の自己情報

大雑把に書いてもこれだけあるので、そのどれかが間違っているという可能性も無きにしもあらずなのです。

そういった意味でも、何もブラック登録された場合だけでなく、一度自分の信用情報を開示してみるというのは、必要なのかもしれません。

そうそう。

信用情報機関は系統があり、それぞれの金融機関によって参照するところが違うため、銀行系でブラックになっていても消費者金融系では大丈夫なんていうこともあります。

ただ、今はネット社会ですし、信用情報とは別に事故情報だけを共通して参照できるシステムもあるのです。

一度ブラックリストに登録されてしまえば、最低でも5年から10年は新しい金融取引はできない、と思っていた方が良いでしょう。

 

金融取引と言っても、お金を借りたりローンを組んだりということで、銀行に口座を作ったり、お金の出し入れや振込などは自由に行なえます。

 

まあ、それができないと、社会生活ができなくなるんですけどね。