JUGEMテーマ:借金返済


パートの日でした。
ただのパートといっても思ったほど楽というわけではないです。
やってみると思ったよりも大変なことも多いんです。

だけど、まだ仕事があるだけましですよね。

貸金法改正で、専業主婦がクレジットカードを作ったり消費者金融から借入れができなくなったというニュースをご紹介しましたが・・・・

ということは専業主婦でも作れていたお買い物カード「イオンカード」とか「楽天カード」とかもクレジット機能抜きということになるのでしょうか?

それとも、クレジットカード自体の発行ができないということになるんでしょうかね。

そうなると、お買い物するのは奥さんなのに、わざわざご主人名義でカードを作らなきゃいけないことになりますよね。

だいたい、お買い物カードに限度額20万円とかのキャッシング機能が付いていることがおかしいのかもしれませんが・・・

でも、このキャッシング機能が、「イザ」という時に役立っていたりもするのです。

まあ、逆にこれが付いているから、気軽に借りてしまうということも言えますが。

私も、最初のお買い物カードを作る時、クレジットカード機能が付いているのにもかかわらず、あまりにも審査が甘いのでビックリしましたが・・・

だって、職業は主婦で、主人の会社名は書いたけど所在地がその時わからなかったから、空欄で提出。

その後、自宅に確認の電話はかかってきたものの、所在地については何も聞かれませんでしたから。

こんなんで作れるのか、と疑問に思ったりして。

本当にこの法の改正で、借金は減るだろうけど、生活は良くならないでしょう。

その辺のところ、やはり根本から治していかないとね。

「多重債務者が増えたから、借入れが安易にできないようにしよう」だけでは、片手落ちだと思います。

結局は、多重債務にはならないけど、お金はなく生活に困る人がふえるんですよね。

ここのところ、もっと考えてもらいたいですね。