スポンサーリンク
Home >> 借金返済日記 >> 借金苦の男性が橋から突き落とされた話
Page: 5/30  << >>

借金苦の男性が橋から突き落とされた話

JUGEMテーマ:借金地獄

 

数年前に中国で「借金苦の男性が通行人に橋から突き落とされる」という騒動(事件?)がありました。

 

幸いというか、奇跡的に橋の下に敷いてあった衝撃緩衝材の上に落ちて、命は助かったということ。

 

借金を抱えた人や失恋した人が、「死にたい」と飛び降りるために、高い建物に登ったりという事件は、日本でもあります。

 

まあ、だいたいの人は、本当に死ぬつもりはあまりなく、「止めて欲しいのかな」と思いますが。

 

それでも、親身になって「死ぬんじゃないよ」と止めるのが、通常の神経ですよね。

 

それを、突き落とすなんて・・・

 

借金苦で橋から身を投げる

 

まあ、「死にたい」という人を突き落として何が悪いと言うことなのでしょうね。

 

と思ったら、後日談があって、この突き落とした男性は、最初死のうとしていた男性を説得しようとしたらしいです。

 

だけど、警察に拒否されたのですが、そのまま強行突破で借金苦の男性の元に。

 

そのまま説得して連れ帰っていれば、拍手喝采のシーンですが、あろうことか、握手した後に突き落とした、ということ。

 

「橋の通行を妨げ、そのために5時間もの渋滞を引き起こしたことや、もともと自殺するつもりは無く、周囲の気を引くための行動だったのが許せなかった」というのですが・・・

 

それなら、突き落とさないで、そのまま警察に突き出すべきだったと思うんですけどね。

 

何か、今の殺伐とした日本でも、同じようなことが起こりそうで怖いです。

 

多重債務に陥った方は、ほとんどの方が一度は「死にたい」と思ったことがあると思いますので、こんな人騒がせなことはしないまでも、気持ちは少しはわかるのではないでしょうか?

 

多重債務になったり、自己破産したりすると、自分に自信が全く持てない状態になるんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

考えてみれば「お金が無いだけ」「お金の管理ができなかっただけ」「お金に関してルーズなだけ」なんですが、人間としてもNGのレッテルを貼られてしまいますから。

 

少なくとも金融に関しての事故者であって、犯罪者ではないのですから、胸を張ってとは言えませんが、普通に生活していて問題は無いのです。

 

債権者の方々に迷惑をかけたことは消せませんが、その後まじめに生活して、少しでも収入を伸ばし社会に還元できれば、と思いませんか?

 

実際に、会社を経営している方で、何度も事業に失敗し、それでも諦めずに挑戦し続け、今では一流企業の仲間入りをされている方もたくさんいらっしゃるのですから。

 

私の身近でも、自己破産した方がオーディオの会社を興して、従業員を雇うまでになり、現在は売上も飛躍的に伸びているそうです。

 

ここの社長さん、ご自身が苦労されたこともあり、積極的に高齢者の方や身障者の方を雇っていて、それぞれの適材適所に配属しているため、さらに売上を伸ばしている、ということですよ。

 

ここまで成功できなくても、「もう一度頑張るんだ!」という気持ちさえあれば、なんとかやっていけそうな気がしますよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 多重債務者とハリウッドセレブは似てる?破産につながる行動って?

多重債務者とハリウッドセレブは似てる?破産につながる行動って?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務者と一口に言っても、負債が多いだけでそれなりに収入のある方と、本当に生活に困り借金しその借金が返せないがためにまた借金、という二通りありますよね。

まあ、圧倒的に後者の方が多いでしょう。

いくら負債が多くても、とりあえず「明日食べるお米」がある人は、やはり心に余裕があるということ。

生活費が足りない人は、早い話が借金が無くなっても生活は苦しいのです。

もともと生活費が足りなくて借金をしているのですから。

私もそうでした。

ただ、借金ができているうちは、金銭感覚がマヒしている部分もあるのも確かです。

食費なんかも切り詰めてはいるのですが、意外と考えなく買って、無駄にしてしまうこともあったり。

安い食材を買うようにはしていても、ストックしてあるものをまた買ってしまうとか。

お金をコントロールできない人は、やはり生活もコントロールできないんですよね。

多重債務時代は、常に「お金をどうするか?」が頭にありますから、日々の生活を顧みないところがあります。

するとどうなるか?

生活と共に、心も荒れてきます。

荒れてしまった心は、元に戻すのは容易ではありませんよ。

 

そんな時に、テレビで「某有名女優の豪邸訪問」とか見たら、「羨ましい」とはならず、ただただ自分が惨めで消してしまいました。

 

本当に心が狭くなり、貧乏人のひがみそのもので、ますます自分が嫌になってしまいます。

 

だけど、ふと目にした「ハリウッドセレブが破産するのはどうして?」という記事。

 

ハリウッドセレブも破産する?

 

「えー?その俳優が?だって、何百億も稼いでいたのに」と思いましたが、確かに、華やかな話題の裏に隠れるように、「高額な借金を抱えている俳優D氏」という話は聞きます。

 

日本の芸能界でも、亡くなった有名俳優の財産がほとんど残っておらず、残された家族がお葬式の費用を工面するのにも苦労した話とか。

 

まあ、有名なところでは、数億の借金を抱えて破産した芸能人も数知れず、ですよね。

 

数億の借金を抱えても、立派に返している方も多いのですが。

 

それぞれ、借金を抱えてしまった理由は違うのでしょうが、やはり「浪費」が一番の理由だそうです。

 

個人の浪費に加え、家族や親戚の浪費ということもあるでしょう。

 

要するに、お金を持ち慣れない普通の生活をしていた人が、ある日突然億という金額、ハリウッド俳優ともなると、人気映画シリーズに主演クラスだと数百億円のギャラということも珍しくないそうです。

 

そうなると、金銭感覚がマヒしてもおかしくないですよね。

 

その記事によると、マヒしないためには、日頃からお金に対する器を広げることが必要だそうです。

 

要するに、お金のある無しに関わらず、日頃から寄付をしたり人のためにお金を使う習慣を付けておけば、大金が入ってきてもお金に振り回されることは無い、ということ。

 

スポンサーリンク

 

 

そう考えると、金額の違いは天と地ほどありますが、多重債務におちいる人も、「一時期まとまったお金が入ってきた経験がある人」が多いのでは?と思うんです。

 

うちも、自営の業績が良かった時に、ある程度まとまったお金が入ってきたのですが、贅沢はしていないつもりでも、今思えばあまり考え無しに使っていたところも。

 

その後、税金でごっそり持っていかれましたけどね。

 

で、多重債務で借金を抱えるようになったからは、あまりのお金の無さに、違う意味で金銭感覚が麻痺してしまう、という。

しかも、常に何かに追い立てられているような気持ちがあり、落ち着いた気持ちになることがなかったのですが、債務整理後は気持ちは落ち着くようになりました。

そして、お金の使い方に関しても、「今あるお金だけで、どうやってできるだけ長く食べていかれるか?」ということを考え、無駄なことはしなくなりましたね。

お金が無い状態は同じでも、借金返済がないので、「計画が立てやすい」ということは言えます。

 

そう言えば、「少額でも寄付する」習慣も付いたかも。

やはり、なにかにつけて、今までの暮らし、特にお金に関するリハビリが必要ということなんですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記
Home >> 借金返済日記 >> 自己破産でホームレスになってもOK?800万円稼ぐホームレスの話

自己破産でホームレスになってもOK?800万円稼ぐホームレスの話

JUGEMテーマ:借金返済

 

ふと目にした海外の面白い話題についての記事で「ドバイには月収800万円稼ぐホームレスが居る」とのこと。

 

「ええ?年収でしょ?いや、年収でも多すぎる。10年で得られる金額とか」と、思ってしまいましたが・・・

 

どうも、本当の話みたいです。

 

ただ、調べてみると、1年前にも同じ話が載っていたので、話題になったのはだいぶ前のことなのか?

 

このブログでも、ニューヨークの街中で、モデルや俳優業をしながらホームレス生活を続けるダンディーな男性を紹介したことがありますが、この場合は「住むところを持っていない」だけで、職業はちゃんとしてらっしゃいます。

 

ドバイの場合、職業は「物乞い」だということにもびっくり。

 

だって、日本ではすでに見かけなくなっているけど、物乞いと言えば、海外に行った時に目にする、貧しい人々が食べ物や金銭をねだる姿を思い浮かべますから。

 

どんなにお金が無い人だって、「この人達よりはマシ」と思い、つい小銭をカップに入れてしまうくらい「かわいそう」な気持ちになります。

 

あっ、そうか。

 

ドバイには800万円稼ぐホームレスが居る

 

ドバイと言えば超お金持ちの国だから、物乞いに施しをする場合も、日本円で言うところの「諭吉」さんクラスの紙幣を、小銭のように振る舞うのでしょうか?

 

なんとなく、お金持ちの方が貧しい人には冷たくて、物乞いが居ても誰も見向きもしない気もするのですが、そんなことは無いんですね。

 

とは言え、当時は「物乞いのプロ」集団が増えてしまい、風紀上の問題もあり地元警察が動いて、59人もの人たちを逮捕したとか。

 

悲しいことに、逮捕された人たちはすべて外国人だった、という。

 

ドバイに行けば物乞いで生きていける」という夢を抱いて、はるばる異国からやってきたのでしょう。

 

ただ、最初からそんなに稼げるわけでは無いのでしょうから、物価も馬鹿高いであろうドバイで、どうやって暮らしていたのか?気になりますが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

それでも、未だにニュースになるということは、月収800万円では無いとしても、そこそこ稼いでいてるホームレスの人たちはまだ居る、ということなのでしょうね。

 

「物乞い」ということではなく、日本のように「空き缶を集めて売る」みたいな労働も伴っていれば、まだ良いのかもしれないと思うのですが。

 

とにかく桁が違う話で、月々数万の支払にも苦慮している私としては、羨ましいやら別世界の話のような感じです。

 

この日本でホームレスになった場合を考えると、ものすごく悲惨です。

 

まあ、考え方は人それぞれで、少し前にホームレスの実態みたいなテレビ番組を見たことがあるのですが、電化製品は一通り揃っているし、期限切れの食品をもらって、結構リッチな食事を取っている人も居ました。(中には高級食材も)

 

だけど、縄張り意識は強いらしいし、時々襲撃に遭うことも多いと聞くと、とても「自己破産で家を無くしてホームレスになっても大丈夫」とは言えませんね。

 

だいたい、自分の土地でも無いところに居つく、ということが違法ですから。

 

日本では、自己破産して家を取られたら、安アパートでもとにかく借りて、一生懸命働いて、少しづつでも良い環境のところに住めるように努力するしかありません。

 

話のネタとして、また「そんな人も居るんだ」ということを考えると、少しは気が楽になるという気持ちもしますが・・・


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金返済日記