スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> しいたけ占いと多重債務 体と心のバランスが壊れそうになったら?
Page: 5/36  << >>

しいたけ占いと多重債務 体と心のバランスが壊れそうになったら?

JUGEMテーマ:借金返済

しいたけ占いって知ってますか?

 

とても当たると評判の占いなのですが、占いというより、自分自身を肯定してくれるような気がして、とても癒やされるんです。

 

今まで頑張ってきたことを認めてくれた上で、「今週をどう乗り切るか?」ということをアドバイスしてくれるんですよね。

 

多重債務時代に、こんなことを言ってくれる人が居たら?と残念に思うのですが、心身ともに弱っているときこそ、「間違ってないよ」って肯定してもらうことは大切なのです。

 

 多重債務生活はとても心と体を蝕むのですが、そのうちその感覚も麻痺してしまうことさえあります。

ちょっと違うかもしれませんが、何日も徹夜状態が続くと逆に気持ちがハイテンションになってしまうのと似ているような。

だから、なんとなく「このまま乗り越えられるのではないか?」と、なんの根拠もない自信が生まれたりすることもあるのです。

ただ、本当はカビのように音もなく、じわじわと侵食していることが多いですから、どこかで債務整理を決心しないと、そのまま病んでしまうこともあるでしょう。



自覚症状もないままに。

いや、自覚症状はあるのですが、怖くて気が付かないふりをしているうちに、どんどん入り込んできます。

そのうち、冷静な判断力が失われてくるのです。

なんて、脅しのような文章ですが、これは実際に感じたこと。

「私ってこんな人間だったの?」とビックリするくらい、多重債務になってから性格まで変わってきたような気がします。

何だか気持ちが殺伐としてきてしまい、いろんなことに対して「どうでもいい」と思うようになります。

 

以前は興味があったことですら、あまり関心が無くなったり。

他人に対する優しさも薄れてくるようなところがあり、時々自分で自分がわからなくなったり。

 

というか、実際に人間関係も煩わしくなってくるので、確実に友達は減ります

スポンサーリンク



借金を抱えて「うつ病」になる人が多いのもうなづけます。

ただ子どもが居ましたから、かろうじて心の平静は保つようにはしていました。

家族に隠れて泣くというようなことですね。

それと、体の方も、「借金を返さなければ」という一心で、夫婦で仕事を掛け持ちして働いていましたから、相当ボロボロになっていました。

私は持病もあったので、もう限界をかなり超えた状態でしたが、なんとか持ちこたえていました。

債務整理も考えてはいたのですが、「まだ大丈夫」という根拠のない自信で、がむしゃらに頑張ってきたのですが・・・

そのうち倒れてしまうことに。

その上、借金と滞納していた公共料金や税金、住宅ローンなどなどが残りの借金と共にとどっと押し寄せてきました。

電気代が払えない、ガス代や水道代もない、明日食べるお金もないということが、こんなにも惨めなことなのかと、初めてわかった次第です。


こんなにきらびやかじゃなくてもいいですが・・・

債務整理を考えるタイミングというのは、人それぞれだと思いますが、公共料金が支払えなくなったり、明日食べるものを買うお金も無くなったら、決心する時ではないかと思います。

結局は、最後の最後まで、「もしかしたら宝くじに当たるかもしれない」とか「新規事業が大当たりして、収入が急増するかもしれない」なんて思いながら、悪あがきをしてしまうのですが。

「もうどこからもお金が借りられない」とか「電気代など公共料金が支払えなくて止められそうになった」また「家賃滞納して追い出される寸前」とかの状態になったら、債務整理を決心するタイミングかもしれません。

まずは、市町村で開催されている多重債務無料相談会などでも良いので、相談されると良いでしょう。

 

相談することで、心と体が解放されるんですよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理の無料相談から取り立てストップはあっという間?

債務整理の無料相談から取り立てストップはあっという間?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務で悩みに悩んで、もはやこれ以上は耐えられないとなった時に、真っ先にしなければならないことは「誰かに相談する」ことです。

 

とは言え、なかなか最初の一歩は踏み出せないものですが、そこさえ超えてしまえば、後は確実に楽になるので、決心したら、なるべく早く行動しましょう。

 

市役所などで開催している無料相談会や弁護士・司法書士事務所に直接行って相談する他、ネット展開している事務所では、メールによる無料相談もあります。

 

実際に、弁護士・司法書士に無料相談をすることによって、あなたが得られるメリットは何でしょうか?
 

●借金の総額やどこから借りているか?を客観的に見られるようになる

多重債務者にとっては、現在の状況を知ることは痛みを伴うのですが、まずは傷に塩を塗るところから始めるつもりで頑張ってみましょう。

 

●簡単な家計の収支決算の提出を求められることもあるので、家計収支全体の把握ができ、問題点が浮き彫りになる

    


●あなたの現在置かれている状況と、悩んでいることを吐き出すことにより、精神的に楽になる

    


●借金をプロの手に委ねることで、生活全般を見返してあなたにあった最高の再生方法を見つけてもらえる 

    
と、痛みも伴うとは言え、これだけのメリットがあるのです。

 

多重債務者と言われるようになると、債権者・債務額もわからなくなってしまったというケースも多く、すべての債務を把握するのが怖いという気持ちになってしまうのです。

 

やり直したい気持ちは大きいけれど、もうここまで来てしまったら、何から手を付けていけば良いのか?誰に相談すれば?と悩んでいるうちに、どんどん月日が経ってしまう、という。

 

借金のことを誰に相談したらいいか悩む

 

月々の借金返済への不安、毎月の返済が苦しくて絶望感、取り立てにきたらという恐怖、家族に内緒にしている場合には孤独感も合わさって、もう生きている心地すらしなくなってしまいます。

 

こんな状態から抜け出すには、やはり一大決心をして、弁護士や司法書士に相談するしか道は無いのです。


確かに、強い言葉を投げかけられることもありますが、親身になってくれる人なら、こちらの立場も考えて話を聞いてくれることも。

 

ただ、勘違いしてはいけないのは、「相談したから大丈夫」では無く、法律部門はプロに任せるとしても、生活の立て直しをするのは自分だ、ということ。

 

他人任せでは、とても乗り越えられないですから。

 

それでも、無料相談から正式に債務整理の依頼をすることで、あんなに悶々と悩んでいたのが嘘のように、気持ちが晴れやかになります。

 

スポンサーリンク

 

実際に、取り立てを即日にストップした解決事例を見てみましょう。

 

●25歳の都内でOLをしている女性のケース

子供の頃から、両親に厳しく育てられ、お小遣いはもらっていても、自分で自由に使うことができなかったということ。

 

社会人になって一人暮らしを始めた途端に、自分が稼いだお金を自由に使える喜びを覚え、クレジットカードで欲しいものを片っ端から買っていく快感を抑えられなくなったのです。

 

そのうち、生活費もままならなくなり、消費者金融から借金をすることになり、毎月の返済が厳しくなっていってしまいました。

 

借金総額が6社で200万円にまでなってしまうのも時間も問題でした。

 

最初はきちんと支払っていたのですが、だんだん毎月のお給料では返済ができなくなり、滞納するようになり・・・
 

消費者金融会社から返済の電話、督促の手紙やら、取り立ての電話におびえる日々が来てしまいます。


「もうこれ以上返済を続けるのは無理」とばかりに、知人の紹介で、弁護士の先生にご相談したということ。

 

無料相談から正式に任意整理の手続きをお願いすると、その日のうちに


消費者金融会社から督促の電話 → ストップ

消費者金融会社から督促の手紙 → ストップ

消費者金融会社から取り立て  → ストップ

 

と、なったんです。(実際には、相談する曜日や祝日を挟んでいるか?で違ってきます)

 

これで安心して寝られる」というのが正直な感想だったそうです。


以前も書いたように、「借金払うの大変だから破産しようかな?」なんて安易な気持ちで債務整理することはNGですが、長い間思い悩んでいたり、生活費も圧迫して「もう生きているのも困難」となっていたら、まずは無料相談からはじめることをおすすめします。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理すると住むところも無くなってホームレスになる?

債務整理すると住むところも無くなってホームレスになる?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理を決心した時、持ち家があった方は、そのまま残すか処分するか迷うところですね。

任意整理だと、住宅ローンさえ滞らなければ、家はそのまま残すことができますが、自己破産になると競売にかけるか任意売却するか、ということになります。

それ自体大変なことなのですが・・・

家を無くした場合、とにかく住む所を探さなくてはなりません。



だけど、賃貸も今は結構高いですからね。

持ち家だった場合は、「安アパートでも良い」と思いながらも、家賃は今払っているローンとさほど変わらなかったりします。

気分的には「かなり落ちぶれた」様に思えるのですが、結局月々の支払いは変わらないということに。

そして、問題なのは、その「安アパート」でさえ、賃貸契約の時に保証人が必要なことです。

多重債務から債務整理への道を歩んでいく中で、ほとんどの金銭的な信頼関係は絶たれた状態になっている方も多いですよね。

そうじゃなくても、今時「借金の保証人」はおろか「賃貸契約の保証人」になってくれる人を探すのは、ものすごく大変なことなのです。

特に、「債務整理したこと」は会社の上司や親戚には言いたくないですから、持ち家から賃貸に移った事もできれば伏せておきたい。

だけど、保証人を頼むとすれば、言わざるを得ないということに。

借金を抱えた人じゃなくても、保証人を立てられない、という人は少なくないはず。

だから、今は「家賃保証サービス」を利用する人が増えているのだと思います。

で、金融ブラックの私たちはここでも問題発生!

スポンサードリンク



家賃保証サービスをおこなっているのが信販会社なので、個人信用情報を調べられるということは容易に考えられるのですが、調べられたら審査に通るはずがありません。

今までは、「個人信用情報を調べられるらしい」という情報はありましたが、これで「調べられることは間違いない」ということが言えますよね。

「個人情報の扱い方という観点で見れば問題がある」という意見がでているようですが、今後どこまで個人情報が守られるのか、注目したいところです。

信販会社が注力する家賃保証で個人情報の扱いに付く疑問符

という特集記事を読んだことがありますが、だからと言って、信販会社が契約時に個人情報を参照するのは当たり前のことですから。

ましてや、家賃トラブルも増えていて、家賃滞納の上、夜逃げされて滞納分の請求もできない、なんていうことも少なくないようです。

 

実際に、離れたところに住んでいる兄のところに、「弟さんが、家賃滞納したまま連絡が取れなくなった」と言われ、家賃滞納分と修繕費用などを請求されたそうです。

 

音信不通の弟のために何で大金を?ということになりますよね。

 

多分、すんなりお金を出す人は少ないでしょうから、揉めた上に家賃も取れない、なんていうこともあるそうです。

 

大家さんにしたら「たまったもんじゃない」状況ですから、賃貸契約も、今以上に慎重になるでしょう。

それに、ブラックリストのように、何かしらの金銭的な事故を起こした人をリスト化するということは、これからも続くと思います。

だって、金融業者からすれば当然の権利ですから。

我々債務整理者が賃貸物件を借りられるかどうかは、保証人を見つけられるかどうか?ということにかかっている、とも言えますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活