スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 自己破産免責後のクレジットカード取得には抜け道がある?
Page: 5/33  << >>

自己破産免責後のクレジットカード取得には抜け道がある?

JUGEMテーマ:クレジットカード


自己破産後、すぐにはローンも組めないしクレジットカードも作れないことは、もうおわかりですよね。

自己破産後のクレジットカード取得というのは、免責後のことです。

しかも、5年から10年経って「個人信用情報」から「事故歴」が消えた後の話。

債務整理中や自己破産の免責前でも、お金が必要になることはよくわかっています。

それについては、常にアンテナを張って、皆さんに情報を提供しようとは思ってるのですが、なかなか「これだ」というのがないのが悲しいところ。

とにかく、少しでも可能性のありそうな情報に関しては、これからも載せていこうとは思っていますが、現状ではほぼ不可能ではないかと思います。

だけど、「ブラックでもお金を借りられるところ」とか「今日すぐにでもお金が必要」なんていうことで、ネット検索されている方の切羽詰まったお気持ちはよくわかります。

私も、数年前までは、ちょうどそんな感じでした。

生活するのに必要最低限のお金もないのに、自分を含めた家族の病気のこともあり、「こんな時に人間は最後の手段にでるのだろうか?」とまで思いつめたことがあります。

 

実際に「簡単に○○できる方法」なんて調べたりしていましたから、相当追い詰められていたと思います。

債務整理、ましてや自己破産までしたら「お金を借りる」ということ自体、二度と考えてはいけないことなのでしょうが、本当に「少しでもお金を貸してくれたら」と思うことは多々あるのです。

まあ、この話題はこれくらいにして。

自己破産して事故歴が消えた後(いわゆる喪明け)、「晴れてクレジットカードの取得ができる」とワクワクした気分になるはずです。

だけど、実際にクレジットカードを取得しようとすると、なかなか難しいようですね。

以前も書きましたが、属性(収入や勤務先、勤続年数など)が良い方の場合は、事故歴が消えてすぐに、ある程度すんなりとクレジットカードが作れたという事例が多いようです。

喪明け後に晴れてクレジットカードを取得

だけど、一般的なサラリーマンの方やこの不況であえいでいる自営業者の場合、せいぜい300万円前後の年収の方が多いですよね。

そうなると、自己破産だと、だいたい免責後10年経ったくらいの頃、審査が甘いと言われているクレジットカード会社に申し込みをし、利用限度額10万、キャッシング枠ゼロでの申し込みで、やっと審査に通るというケースが多いということ。

それでも、まだ審査に通るだけでも喜ばしいことで、中には10年以上経っているのに、まだ一度もクレジットカードの審査に通っていないという方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク


ここでも個人差と言いますか、現在の収入面での格差が出てしまうということですね。

 

特に、外資系のクレジットカード会社では、過去の事故歴よりも、今の収入などの属性や信用履歴を重要視すると言われています。

 

確かに、合理性を優先するアメリカなどでは、「今現在の社会的信用」を重んじする、ということはよくわかります。

 

日本はどうしても、「過去に何かあれば、烙印を押す」というか、「過去のデータから判断する」ようなところがありますから。

 

どちらが正解ということは無いのでしょうが、少なくとも、ブラックになって身としては、外資系クレジットカード会社のような柔軟な対応は望ましい、ということ。

ひとつ言えることは、ブラック明け後、試しに申し込んでみたら審査に落ちた場合、あせって次々と「ダメモトで」なんて申し込みを繰り返さないことです。

ひとつのクレジットカード会社に申し込んで審査に落ちたら、できれば半年は空けてから次の申し込みをした方が良いでしょう。

ブラックが明けたのに、また申し込みブラックになってしまうと、元も子もないですから。

その分、少なくとも半年は、実際に取得できる期間が延びてしまうんですよ。

債務整理後、特に自己破産免責後のクレジットカード取得は、くれぐれも慎重に、ということですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 自宅を担保にすればブラックでもお金を貸してくれる?

自宅を担保にすればブラックでもお金を貸してくれる?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックになると、どの金融業者に申し込んでもまず断られます。

そうなると、今までは無担保ローンという選択肢しかなかったものが、「不動産担保ローンなら貸してくれるのではないか?」という淡い期待を抱くようになることも。

ブラックという認識もあいまいで、「多重債務であちこち借りていてもうどこからも借りられない状態」という方から「自己破産をして正真正銘のブラック」という方まで。

中には、「多重債務とまでは行かないけれど、借りたお金が返せなくて、現在滞納してしまっている」という方もいらっしゃるでしょう。

借金滞納」に関しては、それだけでも「個人信用情報」に「事故歴」はつきますからね。

ただ、こちらのブログで「ブラック」は、「債務整理をした後でまだ個人信用情報の事故歴が取れない方」を指している場合が多いです。

まあ、正確には事故歴という欄があるわけではなく、「異動情報」や「事故情報」が登録されることになります。

 

だから、一定期間が過ぎれば、今までの取引履歴もきれいさっぱり消える、ということになるんです。

不動産担保ローン


だから、今回のテーマである「ブラックだと不動産担保ローンも無理?」というご質問だと、「まず借りられないでしょう」という答えになってしまいますね。

これが、多重債務の段階なら、まだ借りられる可能性はあると思います。

ただし、お持ちになっている不動産の価値が高いと思われる場合に限ります

ある程度交通の便の良い場所に建っているとか、築年数があまり経っていない、人気のある駅周辺に住んでいるとかですね。

とにかく、資産価値が高ければ、万が一借金の返済が滞っても売却すれば良い訳ですから、他社借入れが多くても借りられる可能性はあります。

一時、「年金生活者の方でも融資可能」という不動産担保ローンの広告をあちこちで見かけたことがありますが、結局は同じ考えなんでしょうね。

 

高齢でもうどこからもお金が借りられない人が借りるただひとつの方法とは?

これも、考え方が二通りあって、不動産担保ローンでとりあえずまとまったお金を借りるか、あるいは売却してお金に変えるかということです。

スポンサードリンク



不動産担保ローンで例えばお金を200万円とか借りられた場合、やはり月々の支払い額はかなりの金額になってしまいます。

もし、多重債務で生活にも困っている状態ならば、結局は借金返済が滞り、家まで取られてしまうことにもなりかねません。

それならば、先に決心して家を売却し、それこそ「裸一貫」で出直した方が良いかもしれません。

 

任意売却という方法を利用すれば、競売に出さなくても、家や土地を売りに出して、買い手が付けば、その金額は自動的に債権者に分配されることになります。

 

任意売却を取り扱っている不動産会社に依頼すれば、特にこちらが何かするわけではなく、通常の不動産売買と同じように売りに出されるのです。

雪だるま式に借金を増やしてしまい、債務整理にまで追い込まれた私が言うのもなんですが、「何とかしてお金を借りよう」と思っているうちは、なかなか前に進めないような気がします。

私たちは、とかく「何かを失う」ということを避けようとしてしまいますが、「一番大事なものは何か?」ということを考えれば、何を優先させれば良いのかがわかってくるのでは?と思いますね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理者がアコムACマスターカードに申し込むと審査は?在籍確認は?

債務整理者がアコムACマスターカードに申し込むと審査は?在籍確認は?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

まず、債務整理後に取得するクレジットカードとしてアコムACマスターカードを挙げる方が多いのですが、受かりやすいということはあるのでしょうか?

 

結論から言うと、やはり属性次第で、債務整理後5年で受かる人も居れば落ちる人も多い、ということ。

 

とは言え、信販系クレジットカードよりは、敷居が低いのも確かです。

 

債務整理をしたら、信用機関に事故情報が一定期間登録されるのはご存知ですよね。


信用機関に事故情報が登録されてしまうと、新しく借入を希望しても審査に通らなくなるのです。


金融機関が貸付を行う場合は信用情報を参照するので、通常は債務整理後5年以上経たないと新しくカードを作るのは難しいと言われているのはこのことからです。


金融機関は貸付を行う場合に信用情報だけでなく、収入や勤務先の調査も行って審査するので、収入状況や勤務先によっては、債務整理後5年を経過していなくても貸付を行うケースもある、ということ。

 

勤務先で債務整理後の審査も決まる?

 

だから、債務整理後5年経っていないのに、クレジットカードが作れたりローンが組めたという体験談も出てくるわけです。

 

では、なぜそんなに差が出るのか?と言えば、やはり現在の収入や勤め先など身辺調査で、信用度が高いという結果が出れば、たとえ個人情報から事故情報が消えていない状態でも、審査に通る可能性はあるんですよね。

 

「世の中不公平!」と嘆くか、それとも「過去の履歴よりも現在の社会的信用を重視してくれるところもあるのか?じゃあ頑張ろう!」と思うかは人それぞれ。

 

だけど、嘆いていても前には進めません。

 

ならば、頑張るしか無いんですよ。

 

まあ、債務整理後の生活も相当苦しいので、気持ちだけ先走って、「やっぱりダメだ〜」となることも多いのですが・・・

 

そんな債務整理後の借り入れやクレジットカード作りについては、困難な分、さまざまな情報が溢れかえっています。

 

その中でも多いのが、「アコムACマスターカードなら債務整理後でも審査に受かりやすい」というもの。

 

アコムやレイクでは債務整理者になってもお金が借りられる?

 

私個人の意見としては、消費者金融も柔軟審査ではあるものの、外資系クレジットカード会社の方が、過去の信用履歴よりも今の状況を重視してくれるような気がするんですけど。

 

それでも、実際に「喪明け後に受かった」というケースも多いので、信用情報から事故履歴が消えてからなら、申し込んでみても良いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 


で、実際に申し込んだ方の経験談では、「審査は柔軟で、過去の事故情報についても、消えていれば問題ないというスタンスのようですが(残っていれば即却下される)、勤務先への在籍確認があるのがネックでした。」というのが結構ありました。

 

いや、別に、勤めている会社名がデタラメだったとか、どうしても審査に受かりたいがために、勤めていない上場企業の名前を書いてしまった、なんていうことではないですよ。

 

そんなことしたら、すぐにバレて却下されるだけでなく、偽文書とされてしまうことも考えられますから。

 

そうではなくて、今は個人情報保持の目的から、会社が在籍確認の電話を受けても教えてくれないことが多いのです。

 

それと、消費者金融からお金を借りようとしていることが、会社にバレるとまずい、という人も居るでしょう。

 

そんな場合は、「会社の名前が記載されている健康保険証」や「給与明細書」などを提出すれば、電話されなくて済むことがあります。

 

担当者の方の判断に任されるのですが、「会社に電話してもらいたくない」正当な理由が認められれば、電話することは免れるんですね。

 

アコムに限らず「申し込みたいけど、在籍確認があるのがちょっと」という場合には、申込時に聞いてみると良いでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode