自社ローンの審査に落ちることもある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

車や家電など、値段の高い商品を購入する時、分割払いは助かりますよね。

 

特に、前から買い換えようと思っていた場合は良いのですが、急に壊れて使えなくなった場合、分割払いができないと困ります。

 

とは言え、私達のように債務整理をした場合、ブラックとして信用情報に事故情報が載っているので、ローンを組むことはできません。

 

他にも、クレジットカードやローンの支払を滞納したことが原因で、信販ローンを断られる場合もあるでしょう。

 

だけど、どうしても一括では支払えない場合、どうしたら良いのでしょう?

 

今のところ、私が経験したように、懇意にしている車の整備工場で、昔ながらの「ツケ払い」にしておいてもらい、お金ができたら何回かに分けて支払う、という方法もあります。

 

車の整備工場-債務整理体験談

 

それでも、田舎ならではというか、「同じ区内の人だから信用する」という暗黙のルールがなければ成り立たないですよね。

 

まあ、都心に近い住宅街のような場所でも、下町みたいに、古くからやっている車の修理工場で車の販売もしている、なんていうお店なら、何度か行って顔見知りになれば、無理を聞いてくれることもあるでしょうが。

 

たいていは、そういった環境では無いでしょうから、そうなると、自社ローンを取り扱っている中古車店や家電店が頼りになってくるのです。

 

前にも書いたように、この自社ローンを取り扱う店にも二通りあって、「信販ローンに通らない顧客のニーズに合わせて」というお店もあれば、「顧客のニーズに合わせるという目的はあるけど、できれば売れ残りの人気の無い車を売りつけたい」というお店もあります。

 

どちらも、「お客様のことを思って」ということは共通しますが、できれば後者のようなショップは避けたいところ。

 

中には、事故車ということを隠して販売する、なんていうところもあるようですから、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

では、自社ローンなら、誰でも審査には受かるものなのでしょうか?

 

信販会社のローン審査と違うところは、貸金業者では無いため個人信用情報を参照しない、という点です。

 

だから、過去に自己破産した経歴があっても、審査に受かることは可能です。

 

ただ、お店によっては、「信用情報は参照しないけれど、自己破産後少なくとも5年以上は経っている方」という条件付きのところもあります。

 

また、「安定した定期収入があること」という条件を抱えているお店では、あまりにも月々の収入にアップダウンがあると、年収的にはクリアしても審査に落とされることもあるようです。

 

あとは、保証人を立ててください、というお店も多いのですが、立てられない場合は、その場で断られるケースも。

 

やはり、月々の支払いが発生するローン契約であることには変わりは無いので、自社ローンと言えども審査に落とされることはある、ということ。

 

逆に、ほとんど条件が無く、誰でもすんなり審査に通るようなお店の方が、「要注意」ということも言えます。

 

ほとんど廃車寸前のオンボロ車を、高い値段で買わされた、なんていう体験談もあるくらいです。

 

また、ローンが支払えなくなる、ということを前提にして、契約時に法外な保証料を請求されることもあるようですから。

 

通常の信販ローンでは無い分、慎重に業者選びをしないといけませんね。

長野でブラックでも貸してくれる中小の消費者金融は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

最近、長野に引っ越した友達から、「長野で安心して借りられる消費者金融って無い?」と聞かれたんですよ。

 

彼女、債務整理したばかりのバリバリのブラックなので、「長野でもどこでも、借りられるところは無いでしょう?それに、もうお金は借りないって言ったじゃん」と。

 

そしたら、引越し後の生活費が足りなくなったらしいです。

 

「知ってる?長野って、結構賃貸物件が安いのよ。家賃2,3万円で、2DKなんていうアパートがあってびっくり。」なんて言っていたんですよね。

 

長野の賃貸物件-債務整理体験談

 

確かに、田舎って意外と家賃が高かったりするし、そもそも物件の数もあまり無いのです。

 

そういった意味では、都会や通勤圏の郊外の方が、選り好みをしなければ、結構安い賃貸物件が見つかるみたいなんです。

 

それでも、長野県はまだ比較的安い部屋が多いとか。

 

その人が見つけたところも、駅からは遠いけど、そこそこ便利なところで、「建物はものすごく古いけど、文句は言えない」と、債務整理後の再スタートを切るために、頑張っていたんですよね。

 

だけど、引っ越しって単身ならまだしも、彼女のように家族持ちだと、思った以上にお金がかかるので、足りなくなってしまったということ。

 

あらかじめ、必要なものは自分たちで運んだり、新たに買い揃えるものも必要最低限で済ませ、かなり節約していたようなのですが。

 

で、私も他人事では無いので、債務整理後でも借りられる審査の甘い消費者金融は?なんて調べてみたんです。

 

そしたら、ネットでも数件のいわゆる「ブラックでもお金を貸してくれる街金」という金融業者が出てきました。

 

中には、聞いたことのある名前の金融業者や、NPO法人まで。

 

「あらー、結構あるじゃないの。もしかしたら借りられるかもしれない」と、自分のことでも無いのに喜んでしまったのですが・・・

 

よくよく調べてみると、信頼できそうな古くから金融業を営んでいる街金に限って、

 

○紹介者が居ないと借りられない

 

○初回の借り入れ金額が数万円までで、保証金が必要

 

○過去の事故歴は問わないが、審査が意外と厳しい

 

など、かなり敷居が高いという口コミが多数出てきました。

 

スポンサーリンク

 

 

それと、リストの中には、すでに廃業していたり、業務停止処分を受けていたりという会社も含まれていて、消去法で選ぼうとしても、「あれー?ほとんど残っていない」なんていうことに。

 

現実は甘くはないです。

 

中小の消費者金融も、今は生き残りで必死なのだと思いますが、それより何より「本当にお金を返してくれるかどうか?」が問題なわけです。

 

全国対応」や「柔軟審査」というところもあるにはあるのですが、どこまで信用できるか?が疑問だったり。

 

こうやって、あちこち探しているうちに、判断力が鈍ってしまい、闇金融とかから借りてしまうのかな?という考えが頭をよぎったので、結局は「ごめん。いろいろ探したんだけど、紹介できそうなところは無いわ」と答えたんですよね。

 

かなり落胆していましたが、「引っ越しの際に出た不用品で、お金にできそうなものは片っ端からオークションに出品する」という「お金を作る」作戦で、なんとか切り抜けたそうです。

 

私からしたらお宝かも、というようなものを捨てようとしていた、ということもあり、借りようとしていた金額よりも、多くなったとか。

 

やっぱり、お金を作る力は大切なんだ、と思い知らされたエピソードでした。

5社以上からお金を借りていたら多重債務?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務になると、「もうどこでもいいからお金を貸してくれー」と、半ばヤケになって叫びたいくらいの衝動にかられることがあります。

どのくらいの件数から多重債務と呼ばれるのか、自分が多重債務であると自覚するのか、ということは定かではありません。

それでも、「もうどこからも借りられなくなる」という状態になった時点で、多分5社以上からの借入れはしていると思われます。

私も含めて、たいていの方は、最初は大手信販会社のクレジットカードを利用したり、時々キャッシングでお金を借りたりというごく普通の使い方をされていたと思います。

 

クレジットカードの限度額がいっぱいになる-多重債務

それが、何か突発的な状況の変化でお金が足りなくなり、目いっぱいキャッシング枠やショッピング枠を使ってしまった、というあたりからおかしくなってくるのではないでしょうか。

通常、普通の会社にお勤めだったり、自営業でも一定の収入がある場合、長く同じ信販会社のクレジットカードを所持していれば、利用限度額もかなりの金額にまで上がっているはず。

私の場合も、そうでした。

そして、そのままの収入が維持できれば、返済するのもそんなに大変なことではない、と思っていたのです。

それが、突然お給料が減額になったり失業して収入がゼロになったりしたら・・・

当然返せなくなってしまいますよね。

だけど、収入が減ろうが、生活に困るようになろうが、借りたものは返さなくてはなりません。

だから、必死で返そうとするんです。

当然収入だけでは返済できなくなるので、消費者金融からも借入れをしてそれを返済にまわす、という。

もうこうなると悪循環ですよね。

 

スポンサードリンク

 



今や消費者金融も、多重債務では借りられなくなっていますが、少し前なら審査も甘く貸してくれていましたから。

もうここまで来ると、立派な多重債務者の出来上がりです。

それでも、当たり前ですが、まだ「収入さえ増やせば、クレジットカードの支払いも消費者金融の借金も、すべて返すことができる」と信じて、一生懸命働いていました。

体を壊すまでは。

今でも「多重債務でも作れるクレジットカード」はあるかもしれませんが、結局は多重債務の深みにはまることに他ならないのです。 

 

「余裕で返せる」と思っているうちに、あれよあれよという間に、借金はどんどん膨らんでいくのですよ。

 

「経験者は語る」で、身をもって経験したからこそ、あっという間に多額の借金を抱えることになる、というのはよくわかるのです。

 

「まだ大丈夫」と思っているうちに、依存症になってしまうのと酷似していると思うんですよ。

 

まあ、借金も立派な依存症ですけどね。