スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れる >> ブラックでも年末年始キャッシングできるところは?&クリスマスの願い事が切ない話
Page: 5/39  << >>

ブラックでも年末年始キャッシングできるところは?&クリスマスの願い事が切ない話

JUGEMテーマ:借金返済
 
年末年始キャッシングできるところは?」なんてクリスマスにする話題ではないですが、そんなこともありますよね。

だって、クリスマスが終わると、すぐに除夜の鐘が鳴り響く年末が近づいてくるのですから。

だけど、「お金がなくて年を越せそうもない」と言う方もいらっしゃるでしょう。

 
ブラックになっていなくても、「お金が無いってこんなにみじめだったの?」と思うのもこんな時期です。

ブラックの方はお金は借りられませんが、「年末年始ってお金借りられるの?」と思っている方、借りられるところはあるようです。

そう言えば、多重債務時代も、子どもにあげるお年玉どころか、お餅を買うお金も無く、途方にくれていました。

まあ、お餅以前の問題で、「食べるものを買うお金」がなかったわけですが・・・

当然子どもは知りませんから、クリスマスにはサンタさんが来るものと思い、サンタさんに手紙を書いていました。

でも、そこに書かれていたものは・・・

「サンタさん、今年はプレゼントは要りませんから、うちにお金をください」というもの。

その手紙を見て、涙が止まらなかったのを覚えています。

子供心に、「ただごとではない」ということがわかったのでしょう。

その年は、債務整理を決心する前でしたから、一番酷いクリスマスだったのかもしれません。

年末年始にキャッシングできないものか?」と本気で探していたと思います。

当時もネットキャッシングはあったのですが、申し込み自体は365日24時間いつでもOKでも、さすがに年末年始は休んでいるところが多かったんですね。

それに、すでに消費者金融数社で借入をしていましたから、それでも審査に通りそうなところを探すのでさえ困難だったのです。

その中から年末年始も借入できる消費者金融はほとんどなく、仕方がないので、手持ちのものをオークションで売ったりして、なんとか現金を作っていました。

今思えば、それ以上借金を増やさなくて良かったのですが・・・

私のような立場の方には、さらなる借金はおすすめしませんが、「年明けにはお金が手に入るけど、今だけどうしてもお金を借りたい」という方でしたら、年末年始もキャッシングできるところはあります。

さすがに、元旦はどこも休みを取っているようですが、一般的な大手消費者金融では、年末年始も即日借入も可能なところが多いようです。

スポンサードリンク

 


A社を例に取ると、大晦日の夕方までに融資の申し込みをすれば、うまく行けばその日のうちに現金を手にすることができます

ネットで申し込みをしてから、自動契約機に行って契約するのが一番早いと思います。

審査に通って契約できれば、そのまま設置してあるATMで現金をおろせる仕組みになっているのです。

ATMでお金を下ろす

まあ、そこまで切羽詰まってすぐにお金が必要という場合は、多重債務の方が多いのかな?とは思いますが。

「すぐに返せる」というあてがない場合は、止めておいた方がいいでしょうね。

今生活が苦しくても、新しい年はやってきます。

平成が終わる今年だからこそ、一度リセットするつもりで、来年こそは良い年にしたいものです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> エイワはブラックでも貸してくれる?

エイワはブラックでも貸してくれる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

消費者金融のエイワって知っています?

 

あまり聞いたことがない方も多いと思いますが、中小の消費者金融の中では老舗と言えるでしょう。

 

確かにテレビコマーシャルなど表に宣伝をするということがあまり無いので、知名度は低いですが、一度金融事故を起こしてブラックになった人にとっては、「お金を貸してくれる可能性があるところ」として有名なのです。

 

ネットでも、消費者金融についての掲示板では、「他では断られたけど、エイワで融資してもらえた」という書き込みを見かけます。

 

本当にブラックリストに載っている人たちにも融資してもらえるのであれば、どこからもお金が借りられない人たちにとっては救世主となるのですが、やはり誰でもというわけにはいきません。

 

ブラックの救世主?

 

それ相応の審査に受からなければならないのです。

 

申込時に必要な書類としては

 

●本人確認書類二種類(運転免許証などの他にもう1点必要)

 

●収入証明書(直近2ヶ月の給与明細書など)

 

●印鑑(シャチハタ不可)

 

と一般的なものですが、対面与信が必須となっています。

 

対面与信というのは、文字通り来店して実際に対面して審査を受けるというもの。

 

一昔前は、消費者金融で「他で断られた人でも融資してくれる」というところはたいてい対面与信だったのです。

 

書面ではわからない人間性なども、実際に会って判断できるということなのでしょう。

 

「ブラックだけど、こんこんと一時間お説教込で、なんとか20万円借りることができました!」という報告がよく見られましたから。

 

「対面かー」と、実際に消費者金融の店舗に行くことに対して、恐怖感を持ったという人が多いのも事実です。

 

だけど、考えてみたら、スマホに必要事項を入力するだけで、簡単にお金が借りられることの方が、もしかしたら恐ろしいのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

エイワでも、申込みはネットでできるのですが、実際に借り入れる前には来店するというのが原則だということ。

 

もしかしたら、総量規制以降、中小の消費者金融が倒産しているところも多い中、長年営業を続けられているのは、対面与信にこだわっているからでは?という気がします。

 

借りる方からしても、わざわざ足を運んだのだからどうしても貸してもらいたい、という熱意もあるでしょうし、「絶対に返さなければ」という気持ちにもなるでしょう。

 

逆に言えば、「そこまでしないと、もうどうしようもない状態の人が借りに来る」ということも言えます。

 

だからこそ、「本当にお金を返すつもりはあるのか?」ということを、対面で確かめる必要があるんですよね。

 

これだけ厳しい審査なのに、ブラックでも貸してくれるかどうか?は疑問ですし、その人次第ということになるのでしょうが、可能性はゼロでは無いというところでしょうか?

 

とは言え、そこまでお金に困っている人が、新たに借金をしても良いのか?と言えば、どんなに覚悟ができていても、「お金を借りる」という選択肢は、最後の最後にした方が良いでしょう。

 

いつも言っているように、オークションなどでお金を作ることはできないか?を考えてからでも遅くは無い、と思いますよ。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる
Home >> ブラックでも作れる >> カードローンならブラックでも大丈夫なの?

カードローンならブラックでも大丈夫なの?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

カードローンの審査は柔軟?

今、キャッシングやクレジットカードの審査に比べて、カードローンの審査が柔軟であるという噂が流れていて、ブラックでも大丈夫なのでは?なんていう話まであります。

どこまで本当なのでしょうか?

そもそも、カードローンとうたって募集を行っている金融業者もあれば、キャッシングは短期融資で長期融資がカードローンと区別しているところもあります。

また、カードローン専用口座を設けている金融業者もあるので、混同しがちですよね。

調べてみると、もともとキャッシングとカードローンは同じような意味合いで使われていたそうです。

どちらも「お金を借りる」ことには変わりがないわけで、借りる側にすれば「どっちでもいい」ということになります。

だけど、クレジットカードに付随しているキャッシングだと、カード一枚でATMからすぐに現金が引き出せるのは、ものすごく簡単で魅力的なのですが、たいていの場合、次の月にショッピング枠で利用した金額と合算して引き落としになります。

それって、結構困りますよね。

悩む女子学生

来月まとまったお金が入っていることがわかっている場合はいいけど、そんな都合の良いことはあまり無く、できれば「分割で返していきたい」と思うでしょう。

 

従来のカードローンは?

昔は、クレジットカードにカードローンも付いていたケースも多かったのですが、今は別々のサービスか、あるいは新たに審査を受ける形になることも多いです。

いずれにしても、キャッシングとカードローンの使い方を間違ってしまう、なんていうことにもなりかねません。

その結果登場したのが、カードローン専用サービスということなのでしょう。

今では、みずほ銀行や東京スター銀行などの銀行系カードローンやアコムやアイフルなどの消費者金融系カードローンサービスが主流になっています。

中には、「クレジットカードで審査に落ちた方でもOK」などと広告を出しているところもあるので、なんとなく審査が柔軟なの?と思ったり。

調べてみると、「キャッシングやクレジットカードよりも、カードローンの審査のほうが厳しい」というのが通説だということ。

 

カードローンの審査柔軟説はどこから来たのか?

 

さっき書いた広告によるものも大きいですが、アコムやアイフルなど消費者金融が出しているカードローンは、審査に通りやすいという話から来ているようです。

スポンサードリンク

 


いわゆる審査通過率が高い、ということですね。

とは言え、ブラックでも可なんてとんでもない誤解で、滞納を繰り返している人や債務整理後の事故情報が解除されていない人は審査に受かる可能性はほとんど無いでしょう。

ちなみに、アコムに関しては、「与信システムが独自の方法を適用しているので、銀行のカードローン審査に落ちた人でも通過実績あり」となっています。

その辺のところを履き違えて「ブラックでも可」という噂が流れているのかもしれません。

 

カードローン審査にも例外はある

 

ただ、世の中には例外はあるもので、いわゆる属性が良ければ、ブラックとされる人でもカードローンの審査に受かったという例はあるのです。

例えば、公務員の方で、勤務年数も長く、収入もそれなりで持ち家、なんていう場合、債務整理後数年しか経っていなくても審査に受かっているケースもあります。

 

「過去の事故情報よりも、現在の勤続年数や収入、もしローン審査に通っている場合、今現在延滞履歴は無いか?」ということを、最も重視するという金融業者も増えていることは確かです。

まあ、クレジットカードやキャッシングでも同じことが言えますから、特にカードローンだからということにはならないですね。

逆に「ブラックの方でも可」と明記してある金融業者があったら、疑ってかかる方が良いでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れる

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode