ブラックでもデビットカードで車の購入ができる?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

車検の時期になると思うのですが、オンボロの修理費ばかりかかる車に乗っていると、「車検費用プラス数万円で、車が購入できるのでは?」と。

 

ただ、実際は、そんなに甘いものではなく、どんなに安い中古車でも、税金や手数料などはかかるので、10万円以下になることはほとんど無いです。

 

お金を貯めて、目を皿のようにしてオークションサイトや中古車販売情報などで探したのですが、結局は支払い総額30万円くらいで落ち付くのかな?

 

そうなると、「クレジットカードが使えれば、もう少し程度の良い車が買えて、しかも後で分割払いにもできるのでは?」なんて虫の良いことを考えてしまいます。

 

まあ、「ブラックでも」ということを前提に話をすると、クレジットカード自体持っていないのですが、とりあえず、喪明け後に審査の甘いクレジットカードだけはなんとか取得したものの、車のローン審査には受かる自信がない、なんていうケースですね。

 

そもそも、車の代金を支払うのにクレジットカードは使えるのか?というところから考えなければいけません。

 

ディーラーで新車を購入する場合は、提携するクレジットカードもあるので、まず問題無く使えるのでは?と思いましたが・・・

 

カーディーラー-債務整理体験談

 

クレジットカードを利用すると、手数料が5%ほどかかってしまうので(提携カードの場合は低い)、意外と敬遠されることが多いのだとか。

 

これは、各ディーラーによって違うと思いますし、提携するクレジットカードの入会キャンペーンをしている時や、積極的に使って欲しい店もあるでしょう。

 

その場合は別ですが、車の本体価格って、新車だと車体価格だけで100万円は下らないですから、その5%も手数料を持っていかれるのは痛いと思いますよ。

 

よって、「提携ローンを勧められることが多い」ということに。

 

考えてみたら、新車をディーラーで一括払いする人は、相当お金に余裕のあるわけで、ほとんどはローンを利用するでしょう。

 

となると、提携ローンよりも、わざわざ利息が高くつくクレジットカードを選択する意味も無くなりますから。

 

スポンサーリンク

 

 

では、中古車店ではどうでしょう?

 

新車よりは比較的クレジットカードが使える割合は多くなるようです。

 

それでも、「提携ローンを使うように勧められる」のには変わりはないとのこと。

 

車体価格が安くても、手数料が高いのは同じですから。

 

それと、クレジットカード払いでは、すぐに現金が入ってこないことが多く、中古車をオークションで仕入れている会社だと支払に困ることもあるのです。

 

核心部分に入りますが、では、ブラックの人でも持てるデビットカードで車は買えるのでしょうか?

 

もちろん、「分割払い」の夢ははかなく消えてしまいますが、ポイントが付くというメリットはあります。

 

楽天銀行のJCBデビットカードだと、1%のポイントが付くので、10万円だと1,000円お得になる計算です。

 

「ローンが使えないのなら、少しでもお得に買いたい」というのが人情ですから、デビットカードは使えないの?と考えることもあるでしょう。

 

手数料もクレジットカードより低めということなので、こちらの方が可能性は高いのでは?と思うのですが・・・

 

やはり、「クレジットカードと同じ扱い。または、お店によってはデビットカード自体使えないこともある。」ということ。

 

うーん、そうなると、結局ローンの審査に受からない場合、自社ローンを利用するか、「いつもニコニコ現金払い」にするかしか無い、ということですね。

 

ちなみに、楽天で車を購入するとポイントが付くそうです。

 

新車が主流ですが、市場には中古車店も入っているので、現金払いと割り切ってしまったのなら、こちらで購入するのもアリですね。

多重債務でも車のローンを通す方法がある?

JUGEMテーマ:借金地獄


最初に断っておきますが、債務整理などでブラックになってしまった場合は、車のローンを組むのは困難です。

唯一方法があるとしたら自社ローン(独自ローン)を利用する、ということになりますが、このことに関しては何度か書いていますので、今は割愛します。

ここでは、過去にローンの延滞などで信用情報に事故履歴が載ってしまった方や他社借入が多い方が、どのようにしたら車のローンに通りやすいのか?について書いていきます。

多重債務の頃もそうですが、自動車のローンって、会社によってかなり差があるという風には考えていました。

確か、多重債務スレスレの頃(借り入れが2,3社だった頃)に、すんなりと新車のローンに通ったことがあるのです。

今思えばどうやって審査に通ったのか?というくらいで、ちょうど転職して新しい仕事に就いたばかりで、収入もそんなに多くなかったのです。

しかも、他社借入全額合わせて100万円はすでに突破していました。

考えてみたら、その時の営業マンの方が、割合ひんぱんにわが家を訪れていた、ということ。

車のローン 営業マン

よく「ローン契約する時には人柄も見る」と言いますが、「この人達はきちんとローンを返せる人たちか?」ということを自分の目で見て判断していたのだと思います。

その時は持ち家で、そこそこきれいにしていましたから、そういったところもチェックされていたのでしょう。

200万円ほどの新車を最低の金利でローン契約することができました。

もちろん、その時のローンはすべて返しましたけどね。

結局は人柄?なんていうオチではないのですが、「そういうところも審査ではしっかり見られてますよ」ということ。

では、実際に過去にローン延滞があって、信用情報機関に事故歴がしっかりと付いているCさんが車のローンに受かるにはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサードリンク

 


「事故歴があるのならローンには受からないでしょう」というのが一般的な考え方ですが、実際には「金融機関の系列が違うと、信用情報を参照しない」ということもあるみたいです。

例えば、銀行系列のローンで延滞を繰り返して事故履歴が付いてしまった場合、キャッシング系の会社では、この履歴がバレないこともあるとか。

これは、個人信用情報機関が3ヶ所あって、それぞれデータを載せる系列が違うために生まれるのですが、そういうことって、意外と知らないですよね。

なので、もしキャッシング系でローンの延滞などの過去があった場合は、銀行系でローンを組むとか、最初が肝心ということです。

キャッシング系でも系列があるので、早い話が、消費者金融系でも同じ系列の会社は避けるとかしただけでも、審査に受かる確率はアップすると言われています。

 

ただし、事故情報のみを共有している信販会社などもあるので、油断は禁物ですが・・・

一番いけないのは、最初に審査に落ちた時点で、「じゃあこっちは?」とか次々に審査を受けること。

そんなことしたら、「ここがダメだったからこっちでローンを申し込んだんだな」ということがバレバレになるので、もうどこの審査も受からなくなってしまいます。

あと、収入が少ない場合は、「ローンの支払い回数を最大にする」という方法も。

月々の支払金額が少なくなることで負担も減り、審査も通りやすいと言われています。(ローン会社によっては違う場合もアリ)

ただし、月々の支払金額は少なくなりますが、総支払額は利子が付いてかなりの金額になってしまいますので、審査が通ったら短くするという方法もあります。

その辺は、臨機応変に、ということでしょうか?

車担保融資(車乗ったまま融資)は危険?

JUGEMテーマ:借金地獄


普通に暮らしていれば、車担保融資なんていう言葉も知らないと思います。

また、「借りてみようかな?」とも思わないでしょう。

だって、他にいくらでもお金を借りる手段はありますから。

クレジットカードでキャッシングすれば、数十万の現金はすぐに手に入れられますよね。

だから、多重債務だったり債務整理後の生活の苦しい時の人がひっかかりやすいでしょう。

車を担保にお金を貸すということ自体は合法だそうなので、名指しで「悪徳業者」とは言えないのかもしれませんが。

もともと「普通にお金が借りられない」状態の人をターゲットにしていると思わざるをえない点で、胡散臭さは感じます。

クレジットカードや消費者金融からの借り入れもできなくなった、またはすべて満額借り入れしてしまい、もう新たな借入はできない状態、という方が「車を質に入れる感覚で」利用するだと思います。



実際には、「車で担保融資」とか「乗ったまま融資」「車でお金」という言葉でお金を貸してくれるのですが、一見怪しさは感じさせないようです。

実際にお金を借りた人の話によると、申し込みをすると、すぐに車検証とかを預かり業者名義に変更されるそうです。

もうその時点で、自分の車なのに他人名義になってしまうんですよね。

で、割合すぐに「車の購入代金」ということでお金が振り込まれるのです。

ここで振り込まれるのはいわゆる世間の買取相場よりも安い価格であることがほとんどで、その金額に法定金利ギリギリの利息をプラスした金額を今度はこちらが支払うことになります。

なんでかって?

そのまま自分の車に乗り続けるために、です。

この時点で、なんだかとても損をしている気分になりそうなものですが、多重債務に陥ったりしていると、お金に関する感覚が麻痺していることが多いので、「お金を貸してもらえて、その上自動車は手元に残ったまま使える」ということに感謝したりするんですよ。

結局は、「普通の買取相場で車を手放した方が、何倍も得する」という考えは、この時には存在しないのです。

とは言え、「少し損するだけなら、車に乗ったまま借りられるのは便利なのでは?」と考えていたら、痛い目にあうかもしれません。

スポンサードリンク

 


悪徳業者に引っかかってしまえば、車の査定が長引いているという口実で、いつまで経っても車が手元に来ず、その間も金利だけが膨らんでしまってということもあるのです。

車が無ければ仕事にならない人にとっては死活問題ですから、そのうち支払いができなくなり、滞納を理由に結局車を取り上げられたり。

金利は法定内でも、手数料と称して7万から8万もの金額を請求されたり、ということもあるそうです。

そうなると、「払っても払っても、なかなか車を自分の名義に戻せない」ということになってしまいますから。

もっと相手が悪い場合は、「お金を返せないのなら、融資してくれる会社を紹介しますよ」なんてヤミ金融まがいの会社を紹介されることも。

 

そういったところは、もともと「紹介屋」と言って、非正規の金融業者に顧客を紹介し、手数料をもらうことを目的としているのです。

そうなってからでは遅いので、車担保融資を利用する時には慎重に判断して、できれば借りない方向に持っていくのが一番だと思います。