JUGEMテーマ:借金返済

無職でも借りられる不動産担保ローン」という記事があったので、読んでみました。

Q&A形式になっていて

Q「現在仕事に就いていないのですが、不動産担保ローンは借りられますか?」

A「現在お仕事をされていない方でも、起業される前の繋ぎという融資目的の方でも大丈夫です。」


ということ。

まあ、さすがに無条件でということではないですが、こうはっきりと「無職の方でもOK」という業者さんもあるんだと思いちょっと調べてみました。

そしたら、同じような回答をしているところが数社ありました。

何度も言いますが、ネットでの情報なので、100%信じられるかどうかはわかりませんが、一応正規の金融業者さんみたいです。

しかし、評判は悪いものも多かったですね。



「少しでも支払いが延滞したら、保証人に連絡する」というものや「結局は不動産を取り上げるのが目的みたい」というものまで。

ネットでの口コミは、利用者の方の偏見も含まれていますから、話半分に聞いたほうが良いのでしょうが、同じような意見の方が多いと、信じてしまいますよね。

結局は「できれば借りない方が良い」という意見が多かったようですが・・・

確かに、無職の方でも大丈夫ということを全面に出しているところはどうなのかな?とは思います。

それでも、少し前には結構名のしれた金融業者が「年金生活されている方でもご融資可能です」というローンを出していましたから、それだけで「悪徳」と判断するのは性急なのかも。

これは、「ブラックでも借りられる不動産担保ローン」と同じことで、「今現在の借金返済能力よりも、担保となる不動産によってお金を貸すかどうか決める」という割合が高いかどうかということ。

まあ、業者側から見れば、「現在の返済能力も高くて、利息が毎月きちんと支払われ、その上で万が一の時には不動産を処分すれば良い」というのが一番なのでしょうが・・・

スポンサードリンク

 


庶民の立場から言わせてもらえば、「資産価値の高い不動産を持っている」という時点で、すでに恵まれているのでは?と思います。

あっ、そうそう。

どの業者が信頼出来るという確固たる「選び方」があるわけではないのですが、やはり「ある程度名のしれた金融業者」を選ぶことですかね。

あとは、「日本賃金業協会」の更新回数を示す数字が大きいこと、とか。

でも、この数字については操作できるとか、酷いところではデタラメの数字を書いてあることも存在するようですから、要注意です。

調べるサイトもあるようなので、少しでも怪しいなと思ったら調べてみることです。

不動産担保ローンでの契約は、普通の契約に比べても提出する書類が多いです。

法務局に行かないと出してもらえない書類なども用意するので、悪徳業者だとローン契約に至らなくても悪用されてしまうことも考えられます。

そうじゃなくても、金利が高くて、返しても返しても借金が減らず、挙げ句の果てには不動産まで取り上げられる、なんていうこともあり得ますから、慎重に行動してくださいね。