JUGEMテーマ:借金返済

 

任意整理後の生活については、何度か書いていますが、「意外と穏やか」というのが実感としてあります。

 

ただ、自営業の場合は、多重債務時代の税金滞納分や、家賃・公共料金の支払いなど、債務返済以外の出費が多く、「もしかしたら、任意整理する前の方が良かったかも」なんて思うこともありました。

 

だけど、借金に追われることを思えばまだマシという気持ちで、なんとか乗り越えてきました。

 

ここで、任意整理のメリットとデメリットについてまとめてみましょう。
 

●任意整理のメリット

 

・単純に、毎月の支払い金額が減る


例えば、毎月の支払額が10万円だったところ、和解が成立すれば4万円またはそれ以下になることも

 

・毎月の返済額の金利が0%となる

 

金利13%〜15%で借りていた場合、またはグレーゾーン金利廃止以前に29%くらいで借りていた金利が0%になるのですから、それだけでも非常に楽になるのです。

 

任意整理で支払いが楽になった女性

 

・借金総額が減額される


借金300万円あった人が100万円に減額されたら、返済するのも早くなりますよね。

 

今まで、先が見えなかった「借金返済」が、モヤが晴れて「返せる」という気持ちにつながります。

 

・裁判所の手続きなどを利用しない方法なので、他の債務整理と比べれば簡単に行える。

 

・過去にさかのぼって利息の見直しを行うので、支払い期間が長い場合には過払い金請求で、お金が返ってくることも。


・金融業者との交渉が主な手続きとなるので、全国の弁護士や司法書士に頼むことができる。


●任意整理のデメリット

 

・任意整理と言えども、債務整理をした事実は変わらないので、ローンを組んだりお金を借り入れることは、これから5年間くらいできなくなってしまいます。
 
・クレジットカードの利用も制限される。

 

(任意整理時に整理対象としなかったカードについては、そのまま利用できることもあります。)
 

・任意整理は、借りている金融業者との話し合いにより、借金を減額する方法ですが、過払い金請求が増えたり、任意整理を選ぶ人が急増したために、和解になかなか応じない金融業者も増えてきた。

 

次に、実際に任意整理を行ったある男性の体験談を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

29歳の会社員Aさんのケース

 

仕事のストレスをギャンブルやパチンコで解消しているあまりはまってしまい、お金が足りなくなり軽い気持ちで、消費者金融から、50万円借りたのが始まり。

 

50万円あることで気が大きくなり、ギャンブルやパチンコのみならず、ショッピングや飲食にも使い果たしてしまい、借りたお金はすぐに無くなってしまいました。

 

一度お金を借りた時の「お金に余裕がある感じ」が忘れられず、あちこちの消費者金融から借りる日々が続き、気がついたら、毎月の借金を返済するために、別の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用するまでになっていたのです。


俗に言う自転車操業ですね。

 

最終的には、消費者金融会社5社から230万円もの借金を背負うことに。

 

230万円もの借金を背負った男性

 

月々の返済金額が、6万5千円に達した時に、ようやく目が冷めたというのですが、普通に生活していても、数百万の借金って割とすぐにできあがってしまうんですよ。

 

弁護士に相談に行くと、裁判所を通さないで行える任意整理を提案されたそうです。

 

なぜかと言うと、この男性、同居しているご両親にバレるのを恐れていたので。

 

結果、めでたく、任意整理で月々の返済額が6.5万円から4.2万円にまで減額されたのですから、「弁護士の先生には本当に感謝しています。」というのもわかりますよね。

 

今は、結婚もされて、ギャンブルには一切手を出さずに地道に働いていらっしゃるということですから、この方にとっては、任意整理が救世主になったわけです。

 

このように、債務整理もメリットやデメリットがありますが、「自分にとって一番良い方法は?」と考えれば、答えは自ずと出てくると思います。