複数のカード申し込みを短期間にするとブラックになるは嘘?

JUGEMテーマ:クレジットカード
最初に断っておきますが、この場合のブラックというのはいわゆる申し込みブラックということ。

「短期間に複数のクレジットカードを申し込むと、申し込みブラックと認定されて審査に落ちる。最低半年は空けないといけない。」という話があるのですが、これは嘘ではないのか?という話があるのです。

確かに、何度も書いているように、クレジットカード会社の審査というのは、お店で言えば「この秘伝のタレについては企業秘密で教えられない」とも言える部分ですから、巷でささやかれている情報は憶測の域を超えないということもあるのでしょう。

唯一信用できる情報があるとしたら、現在クレジットカード会社に勤めていて審査を担当している方の話だけでしょうか?

とは言え、私も先ほどの情報を信じていたひとりですが、最近は違う見方もあるのかもと思うようになってきました。

実際に、複数のカードを短期間で申し込んでも、受かる人は受かるということ。

クレジットカード審査に受かった

というのは、個人信用情報機関に載るのはクレジットカードの申し込み情報だけで、合否については載っていないのです。

だから、わざわざ「成約情報」を参照して、所持しているカード一覧と突き合わせないと落ちたかどうかわからない、というもの。

結果、もし審査に落ちたのであれば、短期間に複数の申し込みをしたためではなく、単に属性が悪かっただけと考えられる、と。

ただ、一枚のクレジットカードを申し込んで、その合否もわからないうちに他のカードを申請する、または受かっているのに半年も経たないうちにもう一枚別のカードの申し込みをする、というのはどういったことが考えられるでしょうか?

契約時のポイント欲しさ?またはお友達や知り合いに進められて、とか。

あるいは、最初から複数のクレジットカードを使い分けるつもりで同時に申し込んだ、など。

スポンサードリンク


まあ、何か特別な理由が無い限り、クレジットカードの申し込みを立て続けにするのは、「なかなか審査に受からない人」と考えるのが一般的ではないかな?

「申し込みブラック」という言葉を使っている人も、多分属性の良い人が何か理由があって、複数のカードに申し込むことはあまり考えていないでしょう。

中には、もうこれ以上クレジットカードは持ちたくないのに、義理で所有しているなんていう方もいらっしゃるかもしれないし。

審査になかなか受からないような人が、「申し込んでも申し込んでも落ちてしまう」という悩みなら、「一度ひとつのカードに申し込みをしたら半年くらい間を空けてから申し込んだ方がいいですよ。」というのは、ある意味筋が通っていると思います。

クレジットカードの中でも、低所得でも受かると言われているものもあります。

そういったクレジットカードに申し込む時には、収入の額よりも「短期間で複数の申し込みを繰り返している」ことの方を重視するでしょうから。

たとえ審査の合否が記されていなくても、「立て続けに審査に落ちているな」というのは、容易に推測できますよね。

そんな人とはお付き合いしたく無いと思うのは、当たり前なんじゃないかなと思うんですよ。

消費者金融の増額審査に通るためにはどうすればいい?

JUGEMテーマ:借金地獄
消費者金融の増額審査に通るためにはどうすればいいですか?という質問を共有しましょう。

消費者金融の増資審査についても、いわゆるバブル期には比較的簡単に通っていた気がします。

電話をかけて、「あと10万の増資をお願いします」と言うと、折り返し電話がかかってきてOKになることが多かったです。

今はやはり厳しいですね。

初回並みの審査とは言わないまでも、「すぐに」審査に通るということは無さそうです。

増資審査に通る条件として

最低でも半年以上返済を滞り無く続けていることが挙げられます。

もし、ネットで返済や借り入れをしている場合、過去の入出記録に「延滞記録」まで出ないことが多いので、できれば、郵送で利用明細を受け取るほうが良いでしょう。

また、わからない時にはコールセンターで聞いてみても教えてくれます。

増資の審査で気をつけたいのは、新たに他社からの借り入れ件数を増やさない、ということ。

例えば○ロミスで増資のお願いをする直前に、○コムで新たに20万円借りていたなんていうことになると、やはり審査には通りにくくなります。

あと、忘れがちなのが、申込時の自分の情報に変更が無いか確かめるということ。

女性は特に結婚して名前が変わっていたり、住所や勤務先まで変更になっていることがあります。



給与振込みなどでいつも使っている金融機関には変更届けを出しても、お金を借りているだけの消費者金融などに出すのを忘れるのはよくあること。

とは言え、増資の手続きをしたのに変更届を出していないと、連絡が取れないために金融業者に迷惑をかけますし、審査に落ちる確率も高くなります。

信用問題にも発展しますから、増資をお願いする予定がなくても、すみやかに変更届を出すことが望ましいでしょう。

スポンサードリンク


ただ、経験上言えるのですが、消費者金融の増資を受けたいと思う場合、たいていはすでに「多重債務になりかかっている」ということがあります。

だいたい、消費者金融からお金を借りているということは、すでに信販会社や銀行からの借り入れは不可能になっていると考えられます。

中には、「もう新たに借り入れができなくなった。どこからも借りられない。」というような、どっぷり多重債務に足を漬けてしまったようなケースも。

残念ながら、今だと、多重債務の状態で増資のお願いをしても、ほとんど審査に受かることはないでしょう。

それどころか、借入限度額が急に減ってしまったなんていうケースまであるようですから。

多重債務にならないためにはまずは借入件数を減らすということが一番なのですが、新たな借り入れをしないための増資なのに、すでに多重債務になってしまってからでは難しい、という矛盾したことになってしまうんですね。