なぜ借金返済のためにお金を借りることは危険なのか?その理由を詳しく解説

借金をまとめるための賢い方法
JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になるまでは、借金を何百万もする人って信じられませんでした。

 

何百万円も借金する人は信じられない
「一体何に使ったらそうなるの?」と。
だけど、一度借金をして、「借りては返す」生活が続くと、本当に雪だるま式に増えるというのが、よーくわかります。
どうしてこんなに借金が増えてしまったのかを、つらつら考えると、やっぱり生活費が足りないからお金を借りているから。
例えば、20万円の生活費に対して、収入が18万円なら、単純に計算しても毎月2万円足りません。
それをどこかから借りてしまったら、どんどん増えるのは当たり前のこと。
プラス利息が付くわけですから、もうどうしようもありません。
スポンサードリンク

これ、当たり前の倫理なのですが、この辺の思考回路がマヒしてしまいます。
マヒと言うか、「何とかしてお金を返さなくてはいけない」という脅迫観念にかられ、借金しては、別の借金に回すという悪循環に。
これを、一旦切ってしまうと、ものすごく楽になります。
とにかく「借りない」と心に決める。
返済の出費がなければ、人間生活費なんて何とでもなるものです。
短期のアルバイトも探せば結構あります。
大変な仕事でも、ずーっと続くとなると気が重いですが、短期ならできることもありますよね。
しかも、採用の壁も低いです。
宅配の仕事も、お中元とお歳暮などの繁忙期だけだったら、営業ナンバーなしでも雇ってくれますし、結構いいお金になります。

また、ネットで何とかしたいのなら、いつも言っているオークションです。

 

今なら、メルカリで、スマホ一台で売ることができますよね。
「うちに売るもんなんてもうないよ」と思われるかもしれませんが、「ジャンク」で出せば、壊れた家電などでも売れてしまう世界です。
大金を稼ぐのは難しいかもしれないけど、急場しのぎにはなりますよ。
こういった感じで、「何とかお金を作る」という思考に変えて行かないと、ますます借金は増えるばかりです。
私もまだ「お金が借りられるものなら借りたい」と思う方ですが、少しづつ考えを変えることに成功しています。
まだまだですけどね。