ブラックでもお金が無い時に車の修理代をどうする?自社ローンのメリットとデメリット

債務整理体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

金融事故者でも車のローンが組めたら?ということは、散々書いていますが、「自社ローン」以外にはなかなか問題解決できませんね。

 

ただ、自社ローンに関しても、今は良心的な中古車店が増えてきている感じがするのが救いです。

 

一部では、まだ悪徳業者のようなところもあるので、注意が必要ですが。

 

自社ローンは危険?取り立てはある?

 

カーディーラー-債務整理体験談

 

とは言え、足のように乗っていると、どうしても故障することも多く、修理の箇所によっては結構お金もかかるんですよ。

 

それじゃなくても、車検費用、任意保険、重量税と大金が飛んでいく時期も多く、重なってしまうととんでもないことになってしまいます。

 

だから、債務整理をした後には、思い切って愛車を手放した、なんていう方も多いでしょう。

 

車に凝っている方はわかると思うのですが、外車でしかもカスタマイズした車だと、故障して修理に出しただけで100万円単位の金額を持っていかれる、ということです。

 

なんだか別世界の話のようですが、中には、「車の維持費がかさんで借金をするようになり、ついには多重債務になってしまった。」なんていう笑えない話もあるんです。

 

車=移動手段として考えてない私にとっては、理解不能なのですが、趣味と考えたらわからなくも無いですね。

 

で、この方の場合も、「多重債務になってやっと目が覚めたんです。家族のためにも泣く泣く愛車を手放すことにしましたよ。」ということで、なんとか借金を返すことができたそうです。

 

だけど、仕事で使っていたり、うちのように田舎に住んでいて、どこに行くのにも車が無いと動けないという場合には、手放すなんてできません。

 

無いと仕事にも行けないし、死活問題なのです。

 

だからこそ、大事に乗っているのですが、毎日使っているのと、もともと10年落ちの性能の悪い中古車に乗っているということもあり、時々壊れます。

 

数千円で直ることもあるのですが、部品をオークションなどで安く調達しても、手間賃で数万円は軽く超えることも。

 

一度なんて、車検費用よりも高くなってしまい、「先月車検費用を払ったばかりなのに」と泣きたくなりましたよ。

 

田舎に住んでいると、車が無いと暮らしていけない

 

そんな時、近くに懇意にしている修理工場があれば、なんとか頼んで分割払いにしてもらう、というのが一番安心ですよね。

 

うちの場合、利息代わりと言ってはなんですが、時々贈り物をしたりして、感謝の気持ちを表しています。

 

スポンサーリンク

 

 

ネットで調べると、「修理費用も自社ローンでOK」という中古車店もあるみたいですね。

 

どこまで対応しているのか?割高ではないのか?ということは、きっちり調べた方がいいと思いますよ。

 

最近は、ネットで車の修理の見積もり依頼ができる、という話も聞きます。

修理部分の画像を送れば、査定後おおまかな金額を教えてくれるそうですが、エンジン部分のトラブルなんかもわかるのでしょうか?

 

とにかく、大体の金額でも教えてもらえば、実際に修理に出す時の目安にはなりますね。

 

まあ、うちのようにものすごく古い車に乗っている場合、あまりにも修理代がかさむと判断されれば、思い切って買い替えるという方法もあります。

 

中古車本体の金額の方が安いなんていうこともありますから。

 

ただ、「ローンが組めない」という悩みはここでも発生するわけで・・・

 

やはり「自社ローン」が組める中古車店を探すか、オークションやカーセンサー、Gooなどのサイトで掘り出し物の超破格値の車を探すして現金で購入する、ということになりますね。

 

追記:以前、自社ローンについて誤解がある、と自社ローン取扱店に勤めている方が質問サイトで、回答されていました。

 

「自社ローンは危ないのか?」という質問なのですが、確かに、あまりにも危ないとか言われてしまうと、勤めている人は黙ってられませんよね。

 

"自社ローンの中古車店で働いています。

 

他の回答に驚きました、全く何も知らずに想像で書いているのか、それとも昔の話なのか。

 

まず、自社ローンのお店でも車を一括で買うことができますが、一括で買ったときの価格と自社ローンを使って買ったときの価格の差が「手数料」になります。

 

一括なら50万の車が、分割なら55万、5万が分割手数料、そんな感じです。

 

契約すると、毎月2万くらいの支払いが始まるじゃないですか。

 

ちゃんと払っていたのに、ある日突然の出費で払えなくなってしまった、ということもあるでしょう。

まずは連絡してください。

今月はこういう理由で払えないので、10日ほど待ってください」「来月は2ヶ月分払います」「来月と再来月は3万ずつ払います」など、どうやって払うのかを説明してくれれば良いのです。

そうすれば、優良顧客と判断して、こちらも待ちますから。

なにしろ、自社ローンを契約する方は金融事故者の人がほとんどです。

お金を払わずに連絡がつかなくなったり、平気で滞納したり、連絡を取らなかったり、連絡してもブロックされたり、連帯保証人に連絡しても連絡が取れなくなったりするのは日常茶飯事なんです。

「 3ヶ月も連絡が取れないなんて」と思っていたら、テレビや新聞で逮捕されたことを知った、ということもあります。

基本的に人の家に押しかけるのは、絶対に無いです。

 

自社ローンの取り立てはある?

 

相手の方が、家にいるかいないかわからない状態で出かけるのはナンセンスですし、近くならまだしも、社員2人で高速道路を使ってでかけて、ポストに手紙を入れて帰ってくるなんて、法律的にもアウトだし、割に合いませんから。

返すのがちょっと遅くなっても、ちゃんと連絡して、遅くなっても返してくれれば、良いお客さんなので、催促の電話すらしないです"

 

他の回答者が「自社ローンの取り立て」について「あり得る」と言っていたことについての反論でした。

 

確かに、今の世の中取り立ては無いでしょうが、ある程度の期間滞納されると、「またか」という気持ちにもなりますよね。

 

まあ、取り立ては無いにしても、「すぐに催促の電話をする」ところはありそうですし、それだけで悪徳と判断すべきでは無いでしょう。

 

だから、自社ローンの契約をする時には、普通のローン以上に納得した上でしなければいけない、ということなんですね。