消費者金融ラビットとカードローン「ラピッド」は違う!ラピッドの審査は厳しい?

ラビットとラピッドは違う 未分類

多重債務でもうどこからも借りられない状態の時とか、喪明け後にキャッシングの審査を受けてもなかなか受からない時、「どこか審査のゆるい消費者金融は無いかな?」と探します。

かつて、そういった方たちの間で「割りとすぐに貸してくれる」「ブラックでもOKだった」と人気の高かった消費者金融のひとつにラビットがありました。

消費者金融ラビット

消費者金融「ラビット」とは?

いわゆるブラックの方たちが、「ここなら貸してくれる」という情報を共有する掲示板などでも、いつも話題になっていたところです。

実は、総量規制前までは、結構こういった中小の消費者金融はあったんですよね。

もちろん、闇金融もたくさんありましたから、消費者金融で借りたつもりが闇だった、ということも無きにしもあらずだったのですが、正規の消費者金融で大手が相手のしないような顧客をターゲットにしている会社も多かったということ。

そういった意味では、今でも中小の消費者金融は狙い目なのですが、資金繰りが怪しくなって、昔は正規の金融業者だったのに、ソフト闇金に鞍替えしたところなどもあり、区別が付きにくいです。

しかも、顧客によって、「この人は属性がいいから正規の金利で貸し付ける」とか、逆に「貸しても返済できなさそうだから、提携している闇金融を紹介する」とかね。

手口も巧妙になっているので、騙されていることもわからないくらい。

詐欺の手口も巧妙になってきた

そんな中、地域限定であろうが、お説教付きであろうが、ブラックでも正規の金利で貸してくれる消費者金融は、まさに最後の砦のような存在だったのです。

消費者金融「ラビット」は対面式だった

中でも、口コミ情報やネットでの評判も良かったのが、ラビットという会社でした。

お金を借りるのに必要な書類は、運転免許証などの本人確認ができる書類と収入証明書くらい。

ただ、ネットで申し込みはできるのですが、大手の消費者金融のように、ネットや電話で完結というわけには行きません。

契約するには必ず対面ということなので、店舗に出向かなければいけないところは、少しネックでしたが・・・

だけど、考えてみれば、ネットで申し込みが完了して、必要書類も写メで送れるところだと、便利で良いのですが、やはり「お金を借りている」という意識は少なくなります。

その点で考えれば、店舗借り入れは良いのかもしれません。

しかも、ホームページ上には、「過去にトラブルがあり、個人信用情報に記載されている方でも、遠慮無くご相談ください」なんて書いてあるのです。

もう、これはブラックにとっては「救世主」と思ってしまいますよね。

まあ、本当は、「借りない」のが一番だということは、重々承知しているのですが、どうしてもお金が無いけど必要、という時には頼れる存在なのです。

ラビットはすでに業務を停止している

今でも借りられたら・・・と思う方も多いでしょうが、残念なことに、2013年以降は受付を停止しています。

潰れたかどうかはわかりませんが、現在新規の申し込みは一斉受け付けていないのは確かです。

ここで注意して欲しいのが、かつてのこういった人気消費者金融で特に「審査が柔軟」と言われていたところの名前をかたった闇金が出没している、ということ。

ヤミ金融が出没している

 

まったく同じ名前のこともあれば、似た名前にしていることもあります。

ラビットと似た名前の金融業者は注意が必要!

現に、「ラビット」と名乗る闇金業者が出没している、という情報もあるので、要注意です。

ネット上には、古い情報も溢れているので、口コミで見て「ここならブラックでも貸してくれます」と書いてある消費者金融を検索して、出てきたところが闇金だった、なんていうことも。

きちんと、「その情報は古くないか?」「検索でヒットした消費者金融は間違いないか?」「貸金業の()内の数字は新しすぎないか?」ということを、きちんと調べた上でアクションを起こしましょう。

「ちゃんとしたホームページがあるから大丈夫」と思うでしょうが、今は、有名ショップや銀行のサイトを、そのままコピーして、詐欺行為をする事件もあるくらいなんです。

くれぐれも「見た目」だけにだまされないようなしたいものです。

さっきも書きましたが、正規の金融業者であっても信用出来ないこともあるので、利用する時には、「これでもか」と言うくらい調べてからにした方がいいですよ。

カードローンの「ラピッド」は正規の金融業者

ラビットと名前が似ていて、唯一信頼できる金融業者がラピッドです。

北海道銀行の提供する「ラピッド」は正規の銀行系カードローンで、消費者金融ではありません。

ラビットとラピッドは違う

ラピッドの最大の特徴は、銀行系カードローンであること。

総量規制の対象外なのです。

ラピッドは総量規制の対象外

総量規制はクレジットカードや信販会社、一般の消費者金融を対象としており、北海道銀行のカードローンであるラピッドは総量規制の対象外になります。

一般的な消費者金融は収入のない専業主婦に対しての融資申し込み自体を断っている企業も多いですが、北海道銀行は収入がある主婦はもちろん、無収入の主婦でも配偶者に収入があれば融資を行っています。

改正貸金業法の規制を受けないことは大きな強みです。

ラピッドのメリットは多く、銀行系カードローンにありがちな口座の規制がないことや、インターネットサービスが充実していること、金利の低さ、返済条件の柔軟性などが挙げられます。

また、返済や借入れはコンビニATMでも可能で手数料もかからないため、全国どこでも便利に利用できます。

そして、審査が遅いというデメリットもありますが、最短では即日融資も可能なので、時間のない時にも便利です。

カードローン「ラピッド」の審査は厳しい?

銀行系カードローンなので、審査はそれなりに厳しいです。

保証会社が消費者金融のアコムなので、アコムで過去に延滞したり、債務整理を行っていた場合は、審査に不利になるでしょう。

反面、消費者金融のアコムが保証を担っているので、通常の銀行系カードローンよりは、審査が柔軟だとも言われています。

いずれにしても、個人の信用履歴によるものなので、一概には言えません。

未分類
スポンサーリンク
シェアする
saimuzero147をフォローする
リアルな債務整理体験記:借金苦からの再生への道