自己破産でも住宅ローンは借りられる?解決方法と注意点を徹底解説!

クレジットカード・ローンの審査

破産しても住宅ローンは借りられる?

債務整理をしてもたとえ自己破産であっても、5年から10年ほど経てば、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりできるようになります。

まあ、実際には「すぐに」作るのは難しいようですが・・・

中でも住宅ローンを組むのは至難の業だと思っていました。

それでも、条件によっては、自己破産後数年で住宅ローンの審査に通ったという方がいらっしゃるんです。

ただ、年収や勤続年数などの条件は、債務整理前よりは当然厳しくなりますから、その前にクレジットカードの審査が通るかどうか、車のローンが通るかどうかということを確かめてからになると思います。

住宅ローンを組めないと、一生賃貸生活ということになるのですが、とりあえずは、「一生賃貸でも構わない」と割り切った方が良いかもしれません。

事実、多額のローンを背負っている責任感が無く、固定資産税や修理費用などがかからない分、「賃貸の方が楽」という考え方もありますから。

自己破産すると一笑賃貸生活になる?

それでも、自己破産した時の年齢が若ければ、「一度は自分の家を持ちたい」と思うのが人情ですよね。

自己破産しても5年~10年位経てば、クレジットカードを取得できる可能性が高くなるので、その後のクレジットカードの利用頻度や滞りなく支払いをする、ということを守っていけば、住宅ローンも不可能ではないと思います

ただ、気をつけたいのは、債務整理した当時お付き合いしていた銀行、つまり迷惑をかけてしまった銀行系列の融資は2度と受けられない、と思って間違いないということ。

残念ながら、迷惑をかけた銀行や系列会社のブラックリスト(もしあるとしたら)からは、半永久的に抜け出せないと言われています。

スポンサードリンク

債務整理後は、クレジットカードを申し込むにしても、今まで一度も取引の無い銀行系列のものを選び、できれば「審査の通りやすい」と言われる流通系クレジットカードを選ぶ方が良いですね。

特に債務整理時に住宅ローンを組んでいた銀行では、口座自体が凍結してしまうこともありました。

実は私も一時凍結されました。(今はそこまでのことはされないという経験談が多いです)

まあ、自分のまいた種で仕方のないことですが、結構辛かったですね。

自己破産後、銀行口座凍結は辛かった!

多重債務になると、あまりにもいろいろな銀行系クレジットカードや消費者金融など、下手をすると「どこから借りていたのか」すべてを把握できない、なんていう状況にも陥っていたりしますが、その辺は、今後のためにも、きっちりと調べておきましょう。

それから、一番大事なのは「できるだけ収入を増やすこと」です。

これが一番難しいのですが、やはり先立つもの(お金)がないと、生活も立て直せませんから。

債務整理して身にしみてわかるのが、お金のありがたみということです

 

コメント