スポンサーリンク
Home >> - >> 夏至パワーで金運体質になれる?

夏至パワーで金運体質になれる?

JUGEMテーマ:借金返済
 

今日6月21日は、夏至、新月、大安 、金環日食が重なる特別な日だそうです。

 

運と言えば金運しか思い浮かばないのもどうかと思いますが、まずは、「お金に困らない日々を送りたい」というのが本音です。

 

なんでも、今日の新月になった時間から、少なくとも48時間以内に願い事を紙に書くと、運気がアップするらしいです。

 

願い事を紙に書く-宝くじが当たりますように

 

とは言え、「宝くじが当たりますように」というような漠然とした願いよりは、「自分はこうなりたい」という前向きな願いの方が叶いやすい、とか。

 

そうでしょうね。

 

その時点で、私のような欲にまみれた願いは却下されそうですが。

 

考えてみたら、多重債務から債務整理と、常にお金のことばかり考え、お金に振り回されているような気がします。

「お金に困らない生活がしたい」とか「お金に愛されたい」などと言うのは、多重債務者にとって切なる願いですよね。

『お金に愛される【金運体質】金運のツキをよぶ』というレポートを読んだのですが、結構思い当たることがありました。

まあ、良くあるお話なのですが、潜在意識の話。

でもやっぱり私も含めて多重債務の人って、金運に見放されているのではなく、お金に対する意識の問題なのかな、と思いますね。

お金に対して悪い意味で執着がないということ。

いつも言っているように、多重債務の方の中には、自分で借金をしたわけではないのに、他人の借金を背負ってしまっている方もいらっしゃいますが、ここでは自分でお金を借りてしまった方について書いています。

こう書くと、多重債務の方から、

「お金に執着がない?充分執着があるけど」と言われそうですが・・・

お金に対する執着がないということは、お金に困ったことがない、あるいは、地道に働いてはいるけれど、お金に対して結構ルーズだったり・・・

ということですね。

執着と言うか、お金を大切に扱っていないということなんです。

それから、多重債務になってからは、とにかくお金を追い求めるか、お金に対して悲観的なイメージを持ってしまうのです。

 

スポンサードリンク



だから、お金に対して「良いイメージを持つ

これだけでも大分違ってくるようですよ。

恋愛に例えるとわかるかも。

必死で追い求められたり、いい加減に扱われていたりする人を好きにはならないですよね。

逆に、いつも大切に扱われていることが実感できれば、自分も大切にしよう、幸せになってもらいたいと思うでしょう。

それと同じです。

多重債務から抜け出すには、生活から考え方から、すべてを変えていかないといけないですね。

債務整理後には「お金に対する考え方」のリハビリも行っていかなくてはならないのです。

 

裕福な人と貧乏人の差って、案外そんなところから生まれるのかもしれません。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:-