スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 車乗ったまま融資を利用する前に読んでください!

車乗ったまま融資を利用する前に読んでください!

JUGEMテーマ:借金返済
 

多重債務の方が新たにお金を借りることは、自分の首を絞めることになるのですが、どうしてもお金が必要な時ってありますよね。

一番手っ取り早いのが、車や家などある程度お金になるものを処分するということ。

だけど、家も車も、無くなったら明日からどうやって暮らしたらいいか、と思ってしまいます。

特に車がないと生活できないような場合は。



そんな時に気になるのが、車を手放さないでお金が借りられるという「車乗ったまま融資」です。

実は、「札幌で車に載ったままでお金を貸してくれるところ知りませんか?」と聞かれたんですよ。

自分の車を担保にお金を借りるのにそのまま乗り続けることができるって本当?と思いますよね。

まあ、不動産担保ローンでも、ローンを借りたからといってすぐに家を手放すわけではなく、返済を滞納したり返済できなくなった場合のみ取り上げられるわけですが・・・

車担保融資については、少しシステムが違うようなので、ちょっと調べてみました。

引用しますと。

車乗ったまま融資は車融資や車担保融資などという名前でも呼ばれている融資方法です。
文字通り車を担保として融資を受けることが出来ます。


車乗ったまま融資というのは、担保である車を、融資を受ける前と同じように継続したまま利用できる融資方法。

車乗ったまま融資は質屋のシステムと同じように考えるとわかりやすいです。質草の査定範囲で借り入れをすることが出来るということです。

車乗ったまま融資は質屋のシステムに似ているようで、質屋と違い質草を利用し続けることが可能というメリットがあるということ。

万が一返済が滞った場合などに即座に担保を取り上げられてしまう金融機関での融資方法と同じように、車乗ったまま融資も返済が滞った時点で即座に車を流されてしまうので注意が必要です。

ということ。

スポンサードリンク

 


ここには書かれていませんが、お金を借りた後は、自分の車であっても自分の車ではない状態になってしまうということ。

つまり、「自分の車に乗り続けるためには、リース料金が利息とは別にかかる」ということです。

リース料金は毎月発生しますから、かなりの金額になってしまいますよね。

自分の車なのに乗る度にリース料金がかかるなんて理不尽な気もしますが、そういった契約なのです。

そこまでして、乗り続ける理由はあるのか、よく考えてからにしましょう。

また、悪質な業者も多いようなので、できれば利用したくないというのが本音です。

中には、車を査定するという名目で預かり、そのまま返してくれないというケースもあるようです。

なんだかんだ理由を付けて、引き伸ばすんですね。

こちらが解約を申し出る頃には、たっぷりと法外な利息はすでに取られているということなんです。

それなら、最初から車を売って、安い車に買い換えた方がいいかもしれませんよ。

 

車 買い取り」などでネット検索すれば、一番高く買い取ってくれるところを探すことも可能ですから。


スポンサードリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない