スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理後の生活費ってどうしてますか?

債務整理後の生活費ってどうしてますか?

JUGEMテーマ:借金返済

JUGEMテーマ:日記・一般

債務整理後の生活費ってどうしてるんですか?」という質問がありました。

確かに、債務整理した後って本当にお金が無い状態が続きます。

債務整理にもいろいろ種類がありますので、すべてに当てはまるというわけではありませんが、「特別調停」を除くほとんどの場合、「自力で」解決するのは難しいですから、どうしても債務整理するための費用がかかります。

債務整理費用については、弁護士あるいは司法書士事務所が、独自で「分割払い」を受け付けているところもありますが、受け付けてくれない場合でも、「法テラス」で手続きを踏めば、分割で返すことも可能です。

 

「法テラス」は公的な機関なので、「民事法律扶助制度」を利用することができるのです。

 

私の場合は、月々5,000円の支払いで大丈夫でした。

債務整理を法テラスに相談する

その場合、「所得限度額」などの条件がありますが、低所得者の方ならまず大丈夫でしょう。(住んでいる地域によって違いますが、単身者で月額約20万円以下など)

とは言え、債務整理に踏み切る前に、すでに生活が破綻しているわけですから、生活費もままならない状態での「ゼロからの出発」は相当な覚悟が要る事は確かです。

ただ、多重債務生活はに明日はない、と言いますか、それこそ、「宝くじに当選する」とか「新しい事業を起こして爆発的な収入を手に入れる」ということがなければ、「一発逆転」は無理があります。

だけど、そこで絶望してしまっては何もなりません。

多重債務に陥った理由は、たいていは「自分」にあるのですから、今までの生活を悔い改めるしかないのです。

と、偉そうなことを書いていますが、私自身、本当に債務整理後は生活に困りました。

スポンサーリンク



多重債務時代に比べたら、「借金返済」は無くなったものの、「どこかから新たに借りる」ということができないのですから。

でも、「生活費」は日々発生するもので、食費の他、公共料金や家賃など、どうしても必要な金額はどうしようもありません。

債務整理後、本当に生活に困ったら、やはり「生活保護」を受けるしかない場合もあります。

ただ、その前に「生活福祉資金」が借りられないか、相談してみるのもひとつの方法です。

また、失業されていて失業保険の給付を受けられない方については、職業訓練を受けながら生活給付金ももらえるという制度(条件付き)もあります。

 

求職者支援制度の職業訓練体験談

ただし、この制度も今後見直される可能性が高いので、いつまで頼れるかはわかりません。

とにかく「生きる」ということが先決問題なので、「恥も外聞も考えている暇」はないです。

お金がなくて公共料金を滞納したりすれば、電気・ガス・水道が止められ、あっという間にライフラインがストップするのです。

現に、電気代を支払わなかったがために、3回めの督促後送電を止められた例は身近にもありました。

当座の生活費が確保できれば、また「前に進む」こともできますので、とりあえずは、そのことに全力を尽くしてください。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活