スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理手続き中にお金借りたらどうなるの?

債務整理手続き中にお金借りたらどうなるの?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務に苦しんで苦しんで、やっと債務整理の手続をお願いしても、お金が無いことには変わりありません。

債務整理を決心した時には、「もう絶対にお金を借りることはないだろう」と思っていましたが、「どこかでお金を借りられないだろうか?」と気持ちが揺らぐことも。

債務整理手続き中にも関わらずお金が必要になることは、よくあることです。

と言いますか、債務整理中だからこそ必要になるということも。

以前にも書いたように、債務整理の費用は分割払いにもできますが、たとえ数千円でも月々の支払いが発生します。

中には、分割払いに対応していない司法書士事務所や弁護士事務所もありますので、その場合は15万円から30万円程度の支払いを請求されます。

場合によっては、もっと高いこともあります。

だいたいお金がなくて借金をし、借金をしながらまた他の借金を返す、なんていう生活をしていたわけですから、まとまったお金を持ってるはずがないんですよね。

弁護士を頼らず、自分自身で債務整理をする方法もありますが、やはり誰でもできることではないでしょう。

だいたい債務整理を決意する、ということは、すでに「お金は底を付いている状態」ですから、たとえ借金返済が無くなったとしても、生活の苦しさは同じ。

もしかしたら、一番生活が苦しい時期かもしれません。

それを察してか、債務整理を弁護士事務所などに依頼すると、「どこかで見張っていた」かのように、金融業者からDMが届きます。



みんな、判で押したような文句で。

ブラックでも融資可能」とか「すぐに現金をご用意できます」と言った怪しい、だけど私達にとっては非常に魅力的な言葉で、「お金を貸します」と言ってくるのです。

多分、申し込めば貸してくれるとは思うのですが、やはり、「闇」か「闇金融」に近い業者と思って良いでしょう。

スポンサードリンク



だから、こういった金融業者から借りてしまうと、最悪債務整理自体できなくなってしまいます

「言わなければわからない」と思われるでしょうが、こういったことはバレるものです。

しかも、かなりの高金利を請求されるでしょうから、また借金地獄に逆戻り、ということになります。

くれぐれもご用心を。

私も債務整理中に、依頼していた弁護士の方から「絶対に借りないように」と釘を刺されましたから。

どうしてもお金を借りないと生活できなくなったら、やはり司法書士や弁護士さんに相談してみた方が良いでしょう。

なんとかしてくれる、なんて甘いことはありませんが、公的資金の申し込み方法などを教えてくれることもあります。

 

それから、法テラスに相談する方法だってあるのです。

 

私の知り合いは、借金抱えて死ぬしか無いとまで思いつめたのですが、車に乗っていた時に、ふと前のバスに書いてある広告に目が行きました。

 

そこには、「法的トラブルのための総合案内所です」とあり、なんとなく頼れる気がして、家に帰ってから速攻で電話した、ということ。

 

法テラスは、各都道府県にあるので(無いところもあるかもしれません)、すぐに相談に行き、弁護士さんも紹介してもらって、なんとか任意整理で手続きできるこそになったそうです。

 

債務整理費用を用意するのがきびしい時も、費用が安くなったり、分割に応じてもらえることもあるので、頼りになりますよ。

あとは、いつも書いているように、少しの金額でもなんとかお金を作ることを考える、ということですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode