スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 自己破産しても借りられる消費者金融は本当にないの?

自己破産しても借りられる消費者金融は本当にないの?

JUGEMテーマ:借金返済

自己破産後の借入れは、本当に慎重にした方が良いと思います。

というより、原則として借入れは不可ですよね。

「自己破産までしたのにまだ懲りないのか?」という声が、あちらこちらから聞こえてきそう。

とは言え、自己破産した人だって生きていかなければならないんです。

しかも、独り身ならホームレスになってでもなんとかお金を借りずに生きていく、なんていう選択もあるかもしれませんが、家族が居ればそうは行きません。

小さなお子さんや老親を抱えての自己破産という方も知り合いに居るのですが、生活していくにはどうしても最低限のコストはかかります。

かなり古い話になりますが、「ダンボール中学生」という本の中で、「麒麟」の田村さんが、お父様に「解散」と言われて、公園に住むようになったというのがありましたよね。



多分、田村さんのお父さんも苦渋の選択だったとは思いますが、今は治安もあの頃より何倍も悪くなり、子どもがそんなコトしていたら命の危険も高くなります。

そういった意味でも、「何とかしなければ」という思いが強くなるのです。

だから、自己破産免責後、「どこかお金を貸してくれるところはないのか」といろいろ探し回るのも当たり前と言えば当たり前なのです。

誰も、ある程度余ったお金がある状態で自己破産を選んだりしませんから。

スポンサーリンク



有り金をすべて借金や生活費に当ててしまい、それでも足りない分は新たな借金をしてでもなんとか回していた生活。

言ってみれば、砂のお城なので、なにかあればすぐに崩れてしまいます。

あとに残るのは、小銭くらいのものでしょう。

「本当に、どこでもいいからお金を貸してくれないか?」と叫びたいくらいの衝動に駆られます。

ブラックでもお金を貸してくれる金融業者」については、何度か書いていますが、ほとんどが怪しい業者なのは言うまでもありません。

ただ、その中にも正規の金融業者はあるわけで、実は自己破産免責決定済みの人は比較的借りやすいのでは?、という噂もあります。

ただし、信用が全くない状態なので、借りられるのは5万から10万くらいで、保証料が数パーセントかかるケースがほとんどだとか。

そうなると、差し引きすると、数万円しか借りられないということになりますね。

しかも、審査は結構厳しいとか。

それでも全く借りられないよりは良いのでしょうが。

狙い目は総量規制以降、お金を貸したくても借りる人が少なくなった中小の消費者金融という話もあります。

だけど、最近まで正規の金融業者だったのに、経営難からソフト闇金化しているところもあると聞きますから、見定めは難しいですね。

「どうしてもお金を借りないと生きていけない」という状況で無い限り、手を出さないほうが良いかもしれません。

 

いや、公的資金や保険金などの契約者貸付制度、また失業中なら求職者支援制度などが使えないか?もう一度吟味してからでも遅くないでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど