スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 無職でも借金があっても自宅を担保にすればお金は借りられる?

無職でも借金があっても自宅を担保にすればお金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

10月の声を聞くと、「もう今年もあと3ヶ月も無いのか?」と年末を意識してしまいます。 お金の居る時期でもありますから、頭が痛い方も多いですよね。

ましてやブラックだったり無職だったりすると、お金を借りることが困難になります。

おまとめローンのところでも触れましたが、無担保ローンでお金が借りられなくなったら「不動産担保ローン」という方法もあります。

ただ、不動産という、今まで汗水たらして築き上げた財産をフイにしてしまう危険性もあることを充分に考えるべきです。

よく、「ブラックになっても、たとえ無職でも担保となる不動産があれば借りられます」なんてことを聞きますが、本当にそうでしょうか?

確かに、持っている不動産の価値が高ければ「自己破産して間もないのにお金が借りられた」なんていう方もいらっしゃるようです。

それでも、その方に「今後お金を貸しても返してもらえる」という信用が無ければ貸さないでしょう。

例えば、自己破産や他の債務整理をしていても、もともとの収入が高い人や安定した収入が得られる人。

「そんな人が自己破産することはないよ」と思われるかもしれませんが、何も生活費が足りなくて借金する人ばかりではないのです。

スポンサーリンク

 


投資やギャンブルで一度に大金を失ってしまう人も多いです。

また、予期せぬ出来事に巻き込まれたり、という。

結局は、ここでも属性が重要になってくるんですよね。

 

要するに、職業や年収、勤続年数やクレジットカードとかローン履歴などが問題になると言うこと。

無職では審査に通る可能性は、非常に薄いでしょう。

いくら「支払いが滞ってしまったら、不動産を取り上げられる」とは言っても、「車乗ったまま融資」のように、即車を取り上げてしまうということとは違うのです。

だから、「もうどこからもお金を貸してもらえないから、仕方なく不動産担保ローンを借りよう」という考え方では、融資してもらうことは難しいと思います。

あちこちの消費者金融から借入をしていて、利息もそれなりに支払っているという方が、「ひとつにまとめられないだろうか?」ということで選ぶのならアリかもしれません。

「おまとめローン」は金利が安くなったり、支払日が1回になるので資金繰りがしやすいなどのメリットがありますが、審査が厳しくなりますよね。

そこで、ある程度価値のある資産をお待ちなら、不動産担保ローンにすれば審査に通りやすくなることも多いのです。



結局、「きちんと返せるあてがある」ということが前提ですから、「最悪不動産を取り上げられるだけで済む」なんて思っているとしたら大間違い。

不動産を取り上げられる=住むところが無くなるわけですから。

自分一人のことならば自業自得で済むかもしれませんが、巻き込まれるご家族のことを思うと、そんなに軽はずみなことはできませんよね。

他のローンやキャッシングの契約以上に真剣に考えて行動すべきでしょう。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン