スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 国からお金を借りるための手引書がある?

国からお金を借りるための手引書がある?

JUGEMテーマ:借金返済


生活福祉資金の手引き」という本があるのをご存知ですか?

公的資金は、だいたいにおいて評判は良くないんですけどね。

第一、緊急貸付を除いては「すぐにお金がおりない」という点があります。

また

原則保証人が必要(現在は保証人無しでもOKの場合がある)

低所得層に限られること

原則として障害者や高齢者が居る世帯を対象にしていること

などなど、条件も厳しいです。

それでも、多重債務になって「もうどこからも借りられない」とか、債務整理後にブラックになってしまい「どこもお金を貸してところがない」という状況になったら、考えてみても良いのでは?と思います。

世間的には生活保護ほど知られていないですよね。

スポンサードリンク

 


ブラックになってしまい「こうなったら、ヤミ金融でもなんでも貸してくれるところならどこでもいい」なんて自暴自棄になるくらいなら、公的資金も考えてみましょうよ、ということ。

さっきご紹介した「生活福祉資金の手引き」ですが、毎年出版されているようです。

定価だと3,000円程度ですが、在庫切れになっていたり、比較的新しい年度のものだと結構高くなっていることも。

 

これ↓なんて、10,000円を超えていますから、欲しい人は欲しいということでしょう。

 


【中古】生活福祉資金の手引 平成28年度版 /全国社会福祉協議会/生活福祉資金貸付制度研究会 (単行本)


内容は見ていないのですが、「どうしたら生活福祉資金が借りられるのか?」という説明というよりも、書式の書き方などの説明が主なようです。

 

ある年度の目次を見てみると

 

◯生活福祉資金制度の概要について

 

◯借り入れ申込書などの記入例

 

◯特例つなぎ融資などについてのQ&A

 

◯生活支援対策の概要や申請書様式の一例

 

などとなっていました。

 

具体的な内容が知れるのは、ありがたいのではないでしょうか?

図解になっていたりすればわかりやすいのですけど、わかりやすさは求めていないのかもしれないですね。

あとは、生活保護についての本も結構人気があるみたいです。

How to本から、応援系、漫画でわかりやすく説明してくれる本などいろいろあります。

「仕事がないから、とりあえず生活保護を申請しよう」なんていう安易な気持ちで申請する、というのは論外ですが、突然無職になってしまい住むところも取り上げられて、ホームレスに。



なんていう人も実際に増えているのです。

事実、私が住んでいるところも、冬の時期は常に気温がマイナスになるような地域ですが、最近ホームレスをよく見かけるようになりました。

多重債務時代や債務整理後に食べることもままならない状態になった私にとっては、「明日は我が身」という気もします。

手遅れにならないうちに、なにかしらの心構えをしておくに越したことはないですよね。 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?