スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の借金 >> NHK受信料は自己破産したら支払わなくて良い?

NHK受信料は自己破産したら支払わなくて良い?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金地獄って、多重債務だけではないんですよ。

債務整理をしても、たとえ自己破産だったとしてもその後に襲ってくる、第二次借金地獄とでも呼ぶべき時期があるのです。

もちろん、債務整理をすれば借金は棒引きか非常に負担は軽くなります。

だから本当のことを言えば滞納金支払い地獄とでもいいましょうか。

債務整理後には、多重債務時代に支払えなかったありとあらゆる滞納金が、頭から降ってくるように覆いかぶさってくるのです。

振り払っても、振り払っても。



いや、冷静に考えれば自分がいけないのですが。

多重債務生活を少しでも経験された方ならおわかりでしょう。

生活に余裕の無い人が借金をするのですから、毎日の生活も綱渡りそのもの。

少しでも収入があれば、借金の返済に回すか食べ物を買うか。

税金や下手したら公共料金までも後回しになってしまうのです。

よく、「もうそろそろ電気が止められそうだから、家にある現金をかき集めて1ヶ月分だけでも支払いに行った」なんていう体験談を目にしますが、我が家も似たり寄ったりなものでした。

そんな言ってみれば非常事態に瀕している時に、NHKの受信料が払えるわけ無いのです。

そりゃあ、他の支払いに比べたら金額的には少ないのですが、それでも数年分溜ってしまったら結構な金額になります。

債務整理後も食べていくのがやっとという暮らしだったので、「支払いたくても支払えない」というのが正直なところ。

それに、生活が大変な時ってテレビなんてほとんど見ないですから、「見てないのに支払うの?」という気持ちもあります。

私はNHK受信料も税金と同じ扱いなのかと思っていたので、「支払い義務がある」と言われれば「そうなんだ」と思っていました。

だけど、そうでもないんですね。

例えば、自己破産した場合、申請時に債権者の中に入れておけば、滞納分については支払い義務はないということ。

自己破産の免責債務に含まれないものというのは、税金、公共料金、社会保険料、罰金などとなっているので、NHK受信料は該当しないんです。

スポンサーリンク

 


ということは、破産手続をする時に債権者一覧に入れておけば大丈夫というわけです。

ただ、弁護士事務所の方もおっしゃっていますが、NHKを債権者に入れる人はほとんど居ないんですって。

まあ、そうでしょうね。

そんなこと思いつきませんから。

 

債務整理を考える時には、「とにかく借金地獄から逃れたい」気持ちでいっぱいなので、正直、その他の支払いのことは頭にはありません。

それに、「契約自体に同意したから支払い義務がある」と言われてしまうと、どうなのかな?とか。

結局は、支払う支払わないの水掛け論になりそうな気もします。

 

実際に、裁判にまで発展して、負けている方もいらっしゃいますし。

それでも、「債権者の中にNHKも入れることはできる」ということを知っているのと知らないのとでは、その後の対応についても違ってくるので、債務整理時には頭に入れておいたほうが良いでしょう。

もっとも、債務整理前後は書類の提出が半端じゃないくらいの多さになりますので、そこまで手が回らないということにもなりそうですが。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の借金