スポンサーリンク
Home >> パチンコ依存症と借金 >> 借金をすることに抵抗が無くなったら依存症になっているかも

借金をすることに抵抗が無くなったら依存症になっているかも

JUGEMテーマ:依存症・精神障害

多重債務になった時点で、「借金をすることに抵抗があまり無くなってくる」ということはありますね。

最初は、クレジットカードを使用するのですら、「月末にまとめてお金を引かれるのは怖いから」なんて思い、あまり使わなかったのですが、そのうち「ポイントが貯まる」と言う理由でよく使うようになりました。

その後は、自営業の業績が傾き、信販会社からの借り入れができなくなってくると、消費者金融から借りることに。

やはり、最初「サラ金」と言われる消費者金融から、お金を借りることにはかなりの抵抗がありましたよね。

だけど、多重債務だと自分で気が付いてからは、消費者金融の中でも「できるだけ審査の甘い消費者金融」はないか、「まとめてお金を貸してくれる消費者金融は?」などと思っていたくらいですから。

借金依存症というか、借金は癖になるというのは本当だと思います。

パチンコ依存症、アルコール依存症などと同じように借金依存症ですね。

アルコール依存症-債務整理体験談

まあ、「借りずにはいられない」というのとはちょっと違いますけど・・・

だって、生活に全く困っていないのに、そして遊ぶお金が欲しいとか、贅沢がしたいとかではなく、ただ「借りるため」にお金を借りる人っていないと思いますから。

そういった意味では「借りる行為」が癖になるのではなく、「お金が足りない」→「借りる」という行動に移るのが、癖になってしまうということでしょうね。

スポンサードリンク


それは、「借金をしたお金を、また借金をして返す」という自転車操業になってしまった時に始まっているんですね。

癖というより、やはり一種の病気かもしれません。

そして、一度そのスパイラルに陥ってしまえば、もがけばもがくほど、抜けられなくなるのです。

債務整理をしても、また借金をしてしまう人が多いのはそういったことからでしょう。

お金を借りる時点では、「返せる」という変な自負もあるんですよ。

とにかく「今何とかなれば、そのうちお金はできる」と思ったり・・・

そういった意味では、ある程度成功体験をした人の方が陥りやすいかもしれません。

私の場合も、家業がうまくいっている時には、かなりの収入がありましたから。

それが、一度かげりを見せ始めると、どんなに努力しても、業績はあっという間に下降線に。

ただまあ、結局は「先のことを考えない」ということになるのかな?

お金に対する計画性を身に付ける」というリハビリが必要になってくるのでしょうね。

私もまだまだですが・・・
 

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:パチンコ依存症と借金

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode