スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活は苦しい >> 債務整理後なのに即金を求める気持ちが止まらない

債務整理後なのに即金を求める気持ちが止まらない

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理後の生活は、思ったよりも平穏です。

 

確か債務整理の手続をお願いした日に、「こんなに穏やかな気持ちになるのは何年ぶりだろう?」と思ったほど。

 

そんな気分とは裏腹に、常に後ろめたい気分が付きまとうのも避けては通れないことなんですね。

 

罪を犯したわけではないけど、人としてお金についての約束を守らなかったわけですから、社会的制裁はあってしかるべきでしょう。

 

ただ、私のように事業に失敗してとか、ローンで買い物をし過ぎて、またパチンコなどで使ってしまってなんていう場合は仕方ないですが、そうじゃない場合もありますから。

 

パチンコをするおじさん-債務整理体験談

 

少し前だと、震災で職を失って、また住宅ローンを二重に支払うことを避けるためにやむを得ず自己破産という選択をした方も多いでしょう。

 

また、他人の保証人になってしまい、他人の自己破産のとばっちりを受けてしまった方もいらっしゃると思います。

 

私の知り合いで、会社のために消費者金融から借り入れまでしたのに、会社が倒産して、すべて自分の負債になってしまった方もいらっしゃいます。

 

そんな方にとっては、資産がゼロになってしまった悲しみも癒えぬうちにのしかかってくる社会的制裁に、押しつぶされそうになってしまうことだと思います。

 

自己破産後でもお金を借りる方法」を探している方の中には、さまざまな背景があるということです。

 

とすると、何か抜け道のような方法があっても良いのではないか、と思えてきます。

 

実際にいろいろ調べてみると、住宅ローンを組んでいた銀行での措置も、自己理由で破産した方よりは、保証人になったり災害に遭ったりという方の方を優遇させるということはあるようです。

 

つまり、自己理由で破産に陥ってしまった場合、銀行の顧客データから事故歴は半永久的に消えないと言われています。

 

また、別にブラックリストのようなものが存在するという噂も。

 

そうなると、俗に言う「喪明け」の状態(信用情報から事故歴が無くなった)になっても、その銀行はおろか系列の信販会社や消費者金融からの借入やクレジットカード取得は不可能になる可能性が高いということ。

 

 

スポンサードリンク

 

門前払いに近い状態ですね。

 

自己理由ではなく保証人になってしまったなどの理由の場合は、大幅に緩和される銀行もあるようです。

 

それなら最初から区別をつけてくれれば、ということになりますが、自己破産ということでひとくくりにされてしまうのはやむを得ないのかもしれません。


いずれにしても、ブラックになってしまっても、自己破産をしても、お金に困っていれば「どこかで少しでもいいからお金を貸してくれないだろうか?」と思うのは当然のこと。

 

ただ、今のところは公的資金以外で、安心して借りられるところがほとんどない、というのが現実でしょう。

 

なんとかしたければ、自分でお金をつくるしかない、ということ。

 

意外と簡単なことで、すぐにお金が入ってくることもあります。

 

あっ、当然合法的なことですよ。

 

ネットオークションとか短期バイトとかでも、なんとかお金を手にすることはできますよね。

 

諦めないで、「何とかならないものか?」と考えることが、生活立て直しへの近道ではないでしょうか。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活は苦しい