スポンサーリンク
Home >> 債務整理を決心したら >> 多重債務で切羽詰った状態になったら自らの命を絶つしか無い?

多重債務で切羽詰った状態になったら自らの命を絶つしか無い?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務で切羽詰った状態になったら、やはり「自らの命を絶つ」という手段に陥ってしまいそうになることもありますよね。

 

多重債務の日々は、本当に辛いものです。

 

パチンコ依存症など、ギャンブルにはまり多重債務に陥った人は、世間から見れば本当に「自業自得」かもしれませんが、本人にとっては「止めたくても止められない」状況であることが多いのです。

 

経験者が知り合いに居るのですが、もともとギャンブルなんて好きではなかった人なのに、たまたま入ったパチンコ店で当たったのがきっかけで。

 

当然、はまれば、勝つ時も負ける時もあるので、気がついた時には数百万の借金をしていたとか。

 

それでも、店の前を通っただけで、すーっと引き寄せられるように、店内に入ってしまうと言いますから、もう完全に病気です。

 

パチンコ依存症-債務整理体験談

 

こうなってしまうと、本人の意思だけではどうしようも無いですから。

 

それとは別に、本人の力の及ばないところでの借金というのもあります。

 

例えば、自営業での業績の悪化というのがありますね。

 

経営者ならそれも自己責任ですが、零細企業に勤めている人で、「会社が倒産したら、自動的に自己破産でざるを得なくなった」というケースもあります。

 

家族経営で、長く勤めていたために保証人になってくれと頼まれて、断れなかったということ。

 

スポンサーリンク

 

 

その場合は、経営者でもなく、会社に勤めていただけなのに、借金を背負わされ、挙句の果てには自己破産という、どうにも割りに合わないことになってしまいます。

 

多重債務の生活というのは、ほとんどが破綻してしまっていますから、生活費や光熱費の確保も1日単位ということになります。

 

まず、収入が入ったら借金返済に回す、しかも数箇所にもなりますから、1ヵ月の中で回していくしかないのです。

 

当然全く足りなくなりますから、新しく借り入れできる場合はする。

 

審査のできるだけ甘い借入先」を探すわけです。

 

借り入れが出来なくなったら、今借りている限度額の枠が空いたら、また借り直す、という堂々巡りのパターンになります。

 

そして残ったお金でやり繰りするのですが・・・

 

食費をどんなに切り詰めても、光熱費が出なかったり、税金が払えなかったり、また家賃が払えなかったり・・・とどんどん追い詰められてきます。

 

精神的にもまいってしまい、「もうどうでもいい」という開き直りに変わったり。

 

そうなると「うつ病」の始まりかも。

 

病気になっても国民健康保険を滞納していれば、お医者さんにも通えませんから。

 

それよりも「お金が無くて」通院できない、というのが一番の理由ですね。

 

最悪のケースを避けるためにも、やはり少しでも収入を増やす努力をしましょう。

 

それができなければ、目の前のことよりも、少し先の未来を考えるのです。

 

私もそうでしたが、苦しい時には辛いことが重なります。

 

だけど、「もうダメだ」と思いかけた時に、必ず良いことやラッキーなことも起きるもの。

 

ほんの小さな努力の積み重ねが、ラッキーなことに繋がるなんていうことが、結構あるんですよ。

 

もちろん、債務整理を決心することで、物事が好転することだって。

 

大切な家族を悲しませないためにも、数年後の自分を思い描いて行動しましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら