スポンサーリンク
Home >> ブラックでも作れるカードなど >> 国際クレジットカードの取得は素人には無理?

国際クレジットカードの取得は素人には無理?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

よく、「ブラックでも取得できるクレジットカード」として海外のクレジットカードが紹介されていることがあります。

 

一時は、多重債務者や債務整理後の方にとって、最後のとりでのようにもてはやされていましたが、最近はあまり聞かないですね。

 

と思っていたら、ここに来て国際クレジットカードの取得についての情報を、探している方が増えているようです。

 

このブログでも、何度か取り上げているのですが、海外発行のクレジットカードを手に入れるのは、かなりハードルが高そうです。

 

海外のクレジットカード取得はハードルが高い

 

というか、調べれば調べるほど、日本国内に居て、しかも金融の素人が取得するのは不可能ではないか?と思うのです。

 

では、どうして海外に行く予定の無い人も、国際クレジットカードが欲しいのか?ですが。

 

◯ブラックになると、ことごとく日本国内のクレジットカード審査に落ちてしまう。

海外なら、日本での信用情報を参照することができないので、取得できるのではないか?

 

◯国際クレジットカードであっても、VISAなどであれば、日本国内でも利用することができる。

 

◯なんとなく、海外の銀行の方が審査が緩いような気がする。

 

ということ。

 

つまり、「日本ではクレジットカードが持てないけど、海外なら取れるかも」という淡い期待を持つ人が多いのでしょうね。

 

お気持ちは十分わかります。

 

私も、一時は「へぇー。海外でならブラックでもクレジットカードを持つことができるんだ」と感心したことがありますから。

 

少し期待もしてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、いろいろ調べてみると

 

◯外国でクレジットカードを作るには、まずはクレジットヒストリーを作ることが始めないといけない。

 

◯そのためには、現地の銀行口座を開設し、デビットカードのようなデポジット方式のカードを取得、その上で半年〜1年せっせと利用し続けてクレジットヒストリーを作らなければならない。

 

◯現地で居住している、あるいは勤務していることの証明を求められることが多い。

 

と書いてあるんですよ。

 

となると、まず、国内で外国の銀行口座を開くことが困難ですから、留学や海外出張などですでに銀行口座を持っている人限定になるのかな?

 

でも、現在住んでいないのだからどうするんだろう?と。

 

もちろん、世界各国の銀行をすべて調べたわけではないでしょうから、中には緩い国もあるかもしれませんが、そういった国に限って他の条件が厳しかったりしますから。

 

「そうなると、やっぱり代行業者に頼むしか無いのか?」となってしまいますが、手数料は3万円程度のところから数十万円近く取られるところもあり、どこが信用できるのか?悩むところです。

 

しかも、複雑な手続きは代行してくれるので楽ですが、現地での手続きなど、本人じゃないといけない部分はどうするんだろう?と考えると、怖くなってしまいますよね。

 

もちろん、「問題なく数ヶ月後にVISAあるいはマスターカードが送られてきた」という実績のある業者もあるみたいなのですが、中には「結局送られてきたのはデビットカードでした。」なんていう体験談も。

 

高い手数料を払って取得できないなんていうことになったら、諦めきれませんから。

 

それならば、「急がば回れ」の精神で、喪明けを待って日本でクレジットカードを取得するほうが、手っ取り早いのかもしれませんよ。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも作れるカードなど