スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 借金でがんじがらめになって人生を諦めそうになったら?

借金でがんじがらめになって人生を諦めそうになったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金が無いと死ぬしかないの?」という質問が増えています。

 

「そんなことは無いですよ」と否定するのは簡単だけど、そこまで思い詰めてしまう方の気持ちがわかるだけに、安易に答えられない部分もあるのです。

 

よく、「我慢」と「諦め」が違うと言われますが、借金生活が長引いている場合にも当てはまりますね。


多重債務生活が長引くと、お金に関して我慢するようになり、それが当たり前になってきます。


ここまでは良いのです。


節約することにも繋がりますし。


ただ・・・


我慢の度合いがひどくなってくるのです。


あまりにもお金が無いときには、食べるものだって買えなくなりますから。


そうなると、心にゆとりどころか、精神的にも不安定になってくるのです。


そして、そういう生活が続くと、我慢がだんだん諦めに変わって行ってしまい、「どうでも良くなる」すなわち、努力をしなくなるんですね。


最初は頑張ろうと思うのですが、だんだん生活が荒んでくると、立て直すのが大変になってきますから。


このままで良い訳ではないけど、死なない程度に仕事をすれば・・・なんて話にもなりかねません。


気が付いたら、借金を背負う前よりも怠惰になってきた、という方も多いのではないでしょうか?

 

だいたい、食べるものが無くなり栄養が偏ってくれば、体だけでなく脳にも悪影響を及ぼしますよね。

 

食べ物も買えなくなったら?-債務整理体験談

 

お子さんが居る場合はもっと悲惨になるので、「フードバンク」を利用するのもひとつの方法です。

 

テレビで紹介されていましたが、ごくごく普通に暮らされているように見える方でも「明日の食べるものが無い」状況におちいることだってあります。

 

「生活費が足りない時には、フードバンクのお世話になっている」という主婦の方は、「とにかく子どもにひもじい思いをさせなくて済むようになって、本当に感謝しています。」ということ。

 

もともとはヨーロッパで、商品の品質に問題が無いにも関わらず、市場に流通しなくなってしまった食品を、生活に困っている世帯に使ってもらう、という趣旨から始まったものなので、「恵んでもらう」ということではないのです。

 

ただ、日本では、まだまだこういった制度を利用するのが「恥ずかしい」と思ってしまいますよね。

 

だけど、体を壊してしまってからでは何もできなくなるので、利用してみるのも「前に進む」活力になるのです。


また、思い切って環境を変えてみるのもひとつの手です。

そんなことをする気持ちの余裕もないのはわかっていますが、少しでも変えない限り今のまま、もしくはもっと悪くなるのは目に見えています。


何かひとつでも変えてみましょう。

 

借金を抱えてにっちもさっちもいかない場合は、債務整理をするというのも、環境を変えることにほかなりません。

 

債務整理すると「不幸になる」ということでは決してありませんが、概して「最悪の手段」とされるのも債務整理ですよね。


特に自己破産なんてしようものなら、「人生終わり」という烙印を押されそう、と思うでしょう。


当然、そういった社会的風潮もありますが、それでも「幸せ」にはなれるのです。


債務整理さえすれば幸せになれるとは言いませんが、生活を立て直し、必要最低限の生活費を得て、ほんの少しの楽しみを満喫する、というのは「許される」ことなんです。

 

スポンサーリンク

 


私自身も経験していることなのでわかるのですが、多重債務になったり債務整理をしたりした人間は、もうその時点で「終わっている」ような気がして、自分自身を否定してしまいます。


借金苦から「うつ病」になつてしまう人が多いのも、こういった経験が病気の引き金になるのかもしれません。


私も、寝ている時に何度もうなされたり、ちょっと良いことがあったら、「絶対にまた悪いことが起こるはず」と決め付けて、素直に喜べず、「自分がそんなに良い目に会うわけが無い」と思ってしまう。


確かに、債務整理することでいろいろな方に迷惑をかけるわけですが、だからと言って、その後精神的に病んでしまっても、誰も喜びませんから。


債務整理をしたからには、「新たなスタート」と割り切って、初心に戻って一から頑張りましょう。


きちんと支払うべきものは支払い、自分の収入の範囲で楽しむ分には、誰からも文句は言われないのです。


お金は、生きていく上で必要なものですが、お金の使い方に失敗したからって、人生すべてに失敗したわけじゃないのです。


なんて、自分自身にも言い聞かせているのですが、なかなか難しいのも事実。

 

泣きたい時には泣いた方が良いのですが、それでも「明日がある」というのは常に頭にいれて置いてくださいね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!