喪明け後に作りやすいのは年会費無料のカード?それとも外資系? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
喪明け後に作りやすいのは年会費無料のカード?それとも外資系? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

喪明け後に作りやすいのは年会費無料のカード?それとも外資系?

JUGEMテーマ:借金返済

 

喪明け後=債務整理後5〜10年経って、個人信用情報に事故歴が無くなった後、というのは、すでにご存知ですね。

 

そう、晴れてクレジットカードが持てるかもしれない時がやってきたわけですが・・・

 

だからと言って、すぐにクレジットカードやローンの審査に受かるというわけではないのです。

 

むしろ、苦労に苦労を重ね、やっとの思いで最初の一枚をゲットする、という方が多いです。

 

信用情報を開示してみるとわかるのですが、喪明けになっても、事故情報だけ綺麗に消してくれるのではなく、今までのクレジットカード履歴が無かったことになる、ということ。

 

つまり、30代40代以上の、ある程度社会的地位も会社でのポジションも高い人だとしても、何らかの理由でブラックになってしまうと、まったくクレジットカードの利用やローンの利用欄が真っ白になるんですよ。

 

よっぽど現金払いが好きで、クレジットカードの利用を嫌う人では無い限り、今や不自然ではないか?という状態になってしまうのです。

 

金融業者じゃなくても、「金融関係でトラブルを起こした」というのは一目瞭然でしょう。

 

ましてや、日常的に信用情報を参照している部門の方ですから、もしかしたらちらっと見ただけでもわかると思います。

 

となると、「年収はそこそこあるのに、喪明け後はどんなに審査に受かりやすいと言われるクレジットカードでも、ことごとく落とされてしまうのです。」という経験談があるのもうなづけます。

 

スポンサーリンク

 

 

しかも、なんらかの事情で、カード会社が事故情報を削除するのを忘れていた、なんていうケースまであるようですから、喪明け後にまずすることは、「信用情報の開示」なんですよね。

 

今は、ネット上で開示することも可能ですから(1,000円ほどの手数料はかかります)、「もうそろそろかな?」と思ったら開示してみましょう。

 

その上でもう申し込んでも大丈夫、となっても「さて、どのクレジットカードに申し込んだらいいのか?」迷ってしまいます。

 

ネットで検索しても、「ショッピング系のクレジットカードが審査に通りやすい」だったり「ガソリンスタンド系やコンビニ系、あるいは家電量販店系が良いと思うよ。」などなど、結構たくさん出てくるんです。

 

本当なら、自分が一番よく利用する商業施設のクレジットカードが使いやすいわけですが、「どこなら審査に受かりやすいの?」ということしか頭に無くなってしまうのは仕方のないこと。

 

ただ、クレジットカードの審査については、カード会社によって基準がマチマチで、中身も不透明ですから、「ここが一番受かりやすい」なんていうところは無いのです。

 

強いていうならば、私も含めて、債務整理後と言ってもお金が無いことから、どうしても年会費無料のクレジットカードに申し込むと思うのですが、もしかしたら、年会費有料のクレジットカードの方が受かりやすいかもしれない、ということ。

 

それも、債務整理時にどこに迷惑をかけたか?によって違うのですが、比較的審査が甘いと言われているショッピング系クレジットカードでも、そのグループの中に整理したカード会社が入っていたら、まず審査には受からないと言われています。

 

債務整理後成功して年収が1,000万円近くになった方でも、「アルバイトやパートでも受かる」という評判のクレジットカードの審査に見事に落ちてしまった、という話もあるくらいですから。

 

アルバイトやパートでも受かるクレジットカード

 

逆に、こういった方は、債務整理後の実績を評価してくれる外資系のクレジットカードで、一般の方々が敬遠しがちな年会費有料のカードの方が受かりやすいみたいです。

 

実際に、その後某有名外資系クレジットカードのプラチナカードに申し込んで、すぐに可決したそうです。

 

まあ、この方くらいの年収が無いとプラチナカードはさすがにダメだと思いますが、年会費2万円くらいの外資系クレジットカードに申し込んだごくごく普通のサラリーマンの方が、一発で可決した、という体験談もあります。

 

だからと言って、「年会費有料のクレジットカードに申し込めば誰でも受かる」とは言いませんが、敷居が高いと思って敬遠していたものが、意外とそうではなかった、というケースはよくあること。

 

属性によりますが、もしかしたらこちらの方が審査に受かる可能性が高い、ということもあるのです。

 

このように、喪明け後のクレジットカード申し込みには、ある程度戦略というか、「自分にとって、どんなクレジットカードが審査に受かりやすいか?」を考えてから申し込む必要がありそうです。


こんな記事も読まれています
2018.09.09 Sunday|-|-|-|-
Copyright © 喪明け後に作りやすいのは年会費無料のカード?それとも外資系? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます