スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 無職なのに不動産担保ローンが通った人は居るの?

無職なのに不動産担保ローンが通った人は居るの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

無職になってしまうと、「もうこの土地と家を担保にしてお金を借りないと、やっていけない」とまで思いつめることがあります。

 

ただ、今の不動産担保ローンは、もうちょっと気軽に借りられるイメージがありますが、どうなんでしょうか?

 

確かに、不動産担保ローンを組んでも借りたお金を返せないと取られてしまう、というリスクがあるのですが、「現在無職である」という方にとっては、お金を借りるための最後の砦なのです。

 

では、実際に無職なのに審査に通った人は居るのでしょうか?

 

ネットで検索すると、皆無というわけではないのですが、「無職ではほぼ通らない」というのが、一般的な意見です。

 

銀行や消費者金融などの金融機関も、不動産を買取るのが仕事ではなく、お金を貸すわけですから、返済できるという確証が無いと、いくら資産価値が高いものを持っていても、「貸したくない」のが本音でしょう。

 

家探しをする大家さん-債務整理体験談

 

ただし、無職でもあちこちに不動産を取得していて、土地の賃料やアパートやマンションなどの家賃が毎月振り込まれている、なんていう場合は例外となります。

 

まあ、「大家さん」となれば、無職ではなくなりますけどね。

 

それに、家賃収入がたくさん入っていれば、そもそもお金を借りることも無いでしょうし。

 

スポンサーリンク

 

 

ある消費者金融の不動産担保ローンを担当されている方の話では、「大事な不動産を担保にしてまでお金を借りたい、という方はよっぽど資金繰りに困っている人とみなされます。」ということ。

 

そうなると、普通のローンやキャッシングよりも慎重に審査を重ねるのは当然のことですし、実際に法務局にまで足を運んで、抵当権が付いてないか、調べることまですることもあるとか。

 

お客様にお金の使用目的を聞くことは無いのだそうですが、貸す側としても大金を用意するというリスクがあるので、「現在借りている借金をまとめたい」とか「新規に事業を展開したい」などの目的がはっきりしている方が貸しやすい、という意見も。

 

とは言え、金融業者にしてみても、無担保ローンで貸し倒れになるよりも担保がある方が有利なのは間違いないことなので、資産価値の高い物件になればなるほど、契約を結ぶ確率は高くなる、というのもわかります。

 

特に、「相続で手に入れた不動産を担保にしてお金を借りたい」なんていう人は、どれくらいの価値があるのかさえわかっていないことも多いので、あまり良くない業者に当たると、足元を見られて安く評価されるなんていうこともあるとか。

 

そうじゃなくても、貸す側と借りる側では、どうしても貸す側が有利になる金融商品ではあるので、契約の際には、「どうしても不動産を担保にする必要があるのか?」をもう一度考えてみる必要があります。

 

そして、「最悪の場合は、取られても仕方がない」と結論が出たのなら、任意売却などで売ってしまう方が良いかもしれません。

 

今住んでいる土地や家が、突然他人名義になってしまう」なんていう状況を想像すれば、最初からやり直すつもりで、家も土地も手放して売却したお金を事業資金にするなり、生活資金にした方が、前に進みやすいこともあるのですから。

 

要するに、いくら担保があったとしても、「返せる可能性が低いのなら、また一か八かで勝負するのなら、最初から手放した方が良いのでは?」ということです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン