スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?

一度も返済してない金融業者でも債務整理はできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務の時は精神状態が不安定で、すでに「どこからいくら借りたのかもわからない」なんていうことにもなりかねません。

 

だいたい、借金の総額もわからなくなるなんて、もう社会人としてあるまじきことですよね。

 

普段のお金の貸し借りでも、「10円借りたから返さないと」という些細な貸し借りまで覚えているのが当たり前ですから。

 

だから、債務整理を決心するひとつの目安として、「借金を返すために借金をするようになったら」とか「自分がいくら借りているかわからなくなったら」というのがあるのです。

 

となると、もしかしたら「ようやくお金が借りられたA社という消費者金融があるのだけど、考えてみたらまだ一度も返済してなかった」ということもあるかもしれません。

 

借金で借金を返すようになると、返済日前には、「もうどこでも構わないからお金を貸してくれるところは無いか?」なんて、探し回るものです。

 

お金が無くて貸してくれるところを探し回る

 

たいていが中小の消費者金融になるのですが、債務整理を決心する頃というのは、「B社の今月の返済金額が2万円なので、2万円以上貸してくれるところ」という切羽詰まった状況になるのです。

 

で、例えば中小の消費者金融で5万円貸してもらったとしましょう。

 

「1万円づつ返してもらえばいいから」ということで借りても、他社の借金返済に使ってしまえば、すでに手元に現金は無い場合が多く、最初の返済日には返せないので、「次の月にはまとめて返そう」と思うのです。

 

とは言え、1万円返せない人が、次の月に2万円返せるわけもなく、仕方がなくそのまま放置しているうちに、もうどうしようも無くなって、債務整理を決断した、というのは充分考えられます。

 

いざ債務整理するとなった時に、「そう言えば、この消費者金融には一度も返済していなかった」と愕然とするでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

では、実際に、一度も返済していない消費者金融があったとしても、債務整理はできるのでしょうか?

 

結果から言えば、自己破産を含め債務整理をすることは可能です。

 

債権者側からみれば、「もうすぐ完済する」というくらい長く返済していれば別ですが、数カ月分払っている人と、一度も支払いをしていない人では、そう違いは無いでしょうから。

 

だけど、問題は残ります。

 

まず、「もともと返済する気が無いのにお金を借りたのではないか?」と疑われること。

 

確かに、一度も返済していなければ、疑われても仕方がないことですし、悪質だと判断された場合には詐欺罪で訴えられることも。

 

自己破産の場合、債権者から免責決定に異議申し立てされることもあるのです。

 

もし、異議申し立てされた場合には、すみやかに裁判所に行き事情を説明する義務が生じます。

 

※現在は、簡素化が進められ、書面による説明文の提出となっている裁判所が多いようです。

 

幸い、異議申し立てが認められることはほとんど無いようですが、「借りた時には返すつもりだった」ということが、きちんと説明されないと、非常に不利になることは明らかです。

 

ましてや、本当に「債務整理するんだから、返さなくても大丈夫」なんていうつもりで滞納していたら、悪質とみなされて、訴えられてしまいますよ。

 

結局、悪意が無いことが証明されるなら、そう問題にはならない、ということですね。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して