スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 自己破産したら闇金から連絡が来る?

自己破産したら闇金から連絡が来る?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

なんだか、「悪魔が来りて笛を吹く」みたいですが、自己破産後に闇金融からの融資お誘いDMが来る、というのは、すでに定番となっているのです。

 

封書だったり葉書だったり・・・

 

中には、PCやスマホのメールで勧誘される場合も。

 

個人情報については、官報に住所と名前はしっかりと載ってしまうので、業者にしたら「カモ」なんですよ。

 

ブラックになると闇金業者のカモになる

 

官報って、誰でも見られるって知ってました?

 

今だとネットでも検索できるくらいですが、まあ、膨大な数なので、普通の人は調べません。

 

だけど、仕事(裏稼業の?)となると話は別です。

 

目を皿のようにして調べるでしょう。

 

だから、官報に載った途端に、おびただしい量のDMが届くことになります。(今は目立つことを避けるために少なくなっているかもしれません。)

 

ほとんどは、闇金融とおぼしき悪徳業者なのですが、中には中小の消費者金融も含まれていることも。

 

正規の消費者金融かどうかは、金融庁の登録貸金業者検索サービスで調べることができるのですが、中には、その番号すら、実際に営業している消費者金融のものを、そのまま使っている場合もあるので、名前やDMに怪しいところが無いか?も調べましょう。

 

書かれている文章は、たいてい同じ様なもので「あなた様に特別なご融資枠のご愛内」であったり、「期間限定で特別ご融資できます!」または「すぐにご融資可能!50万円!」とか。

 

もう、この文章を読んだだけで、怪しいなと思うのですが・・・

 

債務整理後の生活が苦しい中で見ると、「えー?こんなに貸してくれるのか?」なんて思ってしまうのです。

 

だけど、そのまま何のためらいも無くお金を借りてはダメですよ。

 

たとえ正規の消費者金融だったとしても、自己破産の免責が下りたすぐ後でお金を借りていては、この先立ち直ることは困難でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

それに、他人の足元を見てDMを送ってくるのですから、正規の消費者金融であっても裏があることがほとんどです。

 

例えば、「この人はお金を返せる」と判断すれば通常の貸付をしてくれるし、審査に落ちるような人には、「良いところを紹介しますよ」と闇金融の電話番号を教える、いわゆる「紹介屋」かもしれません。

 

いずれにしても、良いことは何も無いというのがわかりますよね。

 

なので、闇金融からDMが来てもそのまま捨てる、という対処法が一番です。

 

とは言え、中には嫌がらせのような、あたかも「借りたお金を返していないので裁判沙汰にする」なんていう過激な文章が書いてあることもあるそうです。

 

ごくごく一部なのですが、これに対しても、動じず、反応せずということ。

 

なんとか詐欺と同じと考えれば、怖いという気持ちも半減するのでは無いですか?

 

一番悪質なのが、迷惑メールを送りつけてきて、その中のURLをクリックすると、お金を請求されたり、ウィルスを撒き散らされたりするケース。

 

パソコンやスマホ操作に慣れていないお年寄りなどが受け取ったら、つい引っかかってしまいそうですが、常日頃から「知らない相手からのメールは開かない」というルールを決めておいた方が良いでしょう。

 

まあ、何もしてなくても、怪しいメールやDMが送られてくる世の中ですから、「変なDMが来て当たり前」くらいに思っていた方が、慌てなくて済むかもしれません。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない