スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産後も今のところに住み続けることはできる?

自己破産後も今のところに住み続けることはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自己破産をしたら、ブラックリストに載り、家も財産も取り上げられる

 

そしたら生活できなくなるじゃない?と思いますよね。

 

確かに、今までどおりの生活はできなくなります。

 

信用情報機関には事故履歴がしっかりと付き、5年間は記録は消えないのです。

 

任意整理や個人再生なら、まだ、5年後には再びローン審査やクレジットカード審査に通ることもありますが、自己破産ではまず無理でしょう。

 

通常は、7年から10年経たないと、審査に通るどころか、申込みの時点で却下される可能性は高いです。

 

ただ、最近では、中小消費者金融などで、新規顧客獲得のために、自己破産後数年しか経っていない人でも、優良顧客となり得るような属性の高い人に限って、融資を行う動きは出てきているようです。

 

中小消費者金融に優良顧客として認められる

 

もしくは、顧客を振り分けるために、最初は審査をゆるくして、3万円から5万円くらいの貸付に設定し、しっかりと返済できれば、少しづつ限度額を上げて行く仕組みになっているところもあります。

 

中小の消費者金融以外にも、外資系のクレジットカード会社などでは、信用履歴に事故情報が残ったまま、あるいは過去に金融事故を起こした形跡がある場合でも、現在の資産状況や支払状況が良好であれば、審査に通るケースも増えてきています。

 

とは言え、自己破産をすれば、家や車などの資産は取り上げられると思って間違いは無く、「20万円以上の価値があるもの」以外は残される、ということになります。

 

まあ、鍋釜までに紙を貼られて持って行かれる時代は終わったので、自己破産後も必要最低限の生活はできるのです。

 

だけど、問題は持ち家だった場合、自己破産と同時に住むところも無くすということ。

 

今は、競売という形よりも、任意売却で売りに出すという方法を選択する人が多いため、「自分の家を勝手に売られる」というイメージは薄くなりましたが、住むところが無くなることには変わりはないですよね。

 

私の場合も、自己破産ではなかったのですが、いろいろ考えて家を任意売却したため、売れた途端に住むところが無くなる、という経験をしました。

 

夫婦で汗水たらして一生懸命働いて貯めたお金で、やっとのことで建てた家です。

 

できれば手放したくはなかったのですが、諸事情でやむを得ず売りに出しました。

 

その時も思ったのですが、「このままずっと住み続けることはできないのだろうか?」と。

 

自己破産後もそのまま住み続ける手段が無いこともないのです。

 

スポンサーリンク

 

 

一番よく利用されているのが、「リースバック」という方法です。

 

要するに、誰か第三者の方に、自分の家を買ってもらい、賃貸物件のように家賃を払って住み続ける、というもの。

 

第三者と言っても、そう簡単に見つからないでしょうから、任意売却を扱っている不動産会社などに相談すれば、パートナー企業や投資家を紹介してもらえます。

 

ただし、家賃はその地域の家賃相場から割り出しますので、相応の金額を支払っていくことになります。

 

自己破産しても、その後安定した収入が見込めないと、難しいでしょう。

 

サラリーマンの方が、投資などで損をして自己破産した場合などは、会社を辞めない限り、収入は保証されますから、こういった方法を選択することもできるかもしれませんね。

 

とにかく、自己破産しただけでもダメージは大きいのに、家も失ってしまうと、本当に抜け殻のようになってしまいます。

 

それでも前を向いて歩くためには、「何も無いところからやり直すんだ」という強い意思を持つことが大切になるのです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット