スポンサーリンク
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> おまとめローン審査に受かった人の平均年収は?
Page: 3/6  << >>

おまとめローン審査に受かった人の平均年収は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金まみれになり、「もう債務整理しか方法が無い?」となった時、「ひとつにまとめられないか?」という考えが浮かんできます。

 

おまとめローンや借金一本化という言葉が流行り、多重債務の人がこぞっておまとめローンに飛びついた時期もありますね。

 

確かに、銀行に100万円のローン支払いがあり、別の信販会社のカードでキャッシングが50万円、その他消費者金融にも合わせて50万円の借金がある場合、「合わせて200万円、どこかでまとめて借りた方が良いのでは?」となるでしょう。

 

どういった経路で消費者金融にまで借り入れをしたのかはわかりませんが、銀行でまとめて200万円借りた方が、金利的にも低くなるでしょうし、返済期日もひとつの方が管理しやすくなります。

 

ただ、消費者金融から借り入れをした理由が、「もうどこからも貸してくれなくて、審査の甘いところを探した」ということなら、おまとめローンの審査に受かる可能性はあまり無いでしょう。

 

おまとめローンの審査に落ちた-債務整理体験談

 

どう考えても、50万円の借金より200万円の借金をするほうが、審査が厳しくなるのは当たり前です。

 

おまとめローンの審査に受かった方の体験談でも、「ローンやキャッシングについての知識があまり無く、その都度借りやすいところからお金を借りていた。消費者金融は無利息期間があるということだけで借りた」というような人が多かったのです。

 

つまり、銀行や信販会社の審査に余裕で通るような状態なのに、たまたまお金が足りない時に、あちこちから借りてしまっていた、ということ。

 

お金を借りた理由も、「手元に現金が無かったから」なんていうことも。

 

もともと生活費が足りなくて、仕方が無く借金をして、そのお金が返せなくて、また借金を重ねるというような人は、審査に受かる確率はぐんと下がります。

 

ある調査によると、おまとめローンの審査に受かった人の平均年収は約430万円だということ。

 

逆に、審査に落ちる人の平均年収は約300万円で、申込み時の借金総額は共に200万円くらいと同じくらいなのに対し、借入件数が収入に比例して多かったそうです。

 

一見、「多重債務者の強い味方」のように感じますが、やはり借入金額が多くなると、属性が良くなくては借りられないということがよーくわかります。

 

年収の他に、持ち家かどうか、勤続年数は?勤務先は?家族は?など厳しくチェックされた結果、「返済可能」となれば、めでたく審査に受かるんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

で、無担保で審査に受からないとなると、不動産担保ローンをすすめられたりします。

 

これはこれで、どうしてもお金を借りたい時の最後の砦としてはアリなのですが、「普通に毎月返していれば、家を取られることは無い」と簡単に考えていては、痛い目にあいますよ。

 

間違いでは無いのですが、月々の支払いが遅れたりすることって、長い人生の中では「よくあること」なのです。

 

特に、今のように震災や自然災害が多発していると、家は無事だったとしても、突然職を無くすことだってありますよね。

 

そうなれば、「震災で無事だったのに、家を担保として取り上げられるかもしれない」ということ。

 

それに、不動産担保ローンでは、手続き時に手数料として数十万円の費用がかかってしまうので、支払えなければ借金に上乗せされることもなります。

 

最初から新たな借金を背負うようなことになってしまうんですよ。

 

それでも、おまとめローンを利用したことによって、

 

○新たな借金ができなくなるので、節約する習慣が付いた

 

○返済期日がひとつになり、しかも口座から引落されるので、管理が楽になった

 

○金利が今までより安くなり、借金総額が大幅に減った

 

という方もいらっしゃいますから、自分にとってメリットはあるのかどうか?を重視して考えるようにしてください。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 任意整理中に生活が苦しくてまた借金をしてしまったら?

任意整理中に生活が苦しくてまた借金をしてしまったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

2年前に任意整理をして残債を返済中で、現在残高100万円までになったという方が、また借金を抱えてしまいどうしたら良いのか?と悩まれていました。

 

普通なら、任意整理後5年くらいは、クレジットカードも持てないしローンも組めない、ましてやキャッシングもできないはずなので、新たな借金は作れないものなのですが・・・

 

この方の場合、たまたま債務に入れていなかったクレジットカードを所有していた、ということです。

 

で、当然自動的に使えなくなるもの、と思っていたのですが、試しにATMでカードを差し込んでみたら、なんとキャッシングができたということ。

 

債務整理中に借金

 

普通は、キャッシングできたとしても、任意整理をしてやっと債権者と和解し、2年間も残債の支払いをしているわけですから、使わないですよね。

 

その方は、今まで残債分の支払いはなんとしても続ける、と固く決意し、どんなに生活が苦しくても支払い続けていた、というのです。

 

やっと残債が半分近くになって、気が緩んでしまったとしか言いようが無いです。

 

ただ、転職したばかりの警備の仕事では、月に10万円を行ったり来たりで、任意整理による残債の支払いが月々5万円だったということですから、生活が苦しくて借りてしまった、というのも仕方がない気もしますが・・・

 

そのまま、ATMで借り入れをしてしまった、そうなんです。

 

しかも、その一回だけにはとどまらず、タガが外れたかのように、ショッピング枠にもてを出し、生活用品をリボ払いで購入してしまったり、なんと家賃までカード払いにしてしまい、結局、新たに150万円もの借り入れをしてしまった、ということ。

 

一度も借金で道を踏み違えたことのない方にとっては、「バカじゃないの?」の一言で済んでしまうかと思いますが、「何でそんなことをしてしまったのか?」と思うと同時に、何かきっかけがあれば借金を重ねてしまう怖さも感じます。

 

この方の場合も、「最初は、借金なんてコリゴリ。もう二度とお金を借りることは無いだろう」と思っていたので、自分がお金を借りてしまったことに、後悔しきりで、自己嫌悪の塊のようになっていたそうです。

 

スポンサーリンク

 

 

だから、債務整理後に借りてしまった150万円と残債分の100万円をまとめて、時間がかかっても全額返すつもりです、と。

 

とは言え、任意整理中の借金がバレると、最悪依頼している弁護士や司法書士から辞退を言い渡されたり、せっかく和解に応じていた債権者から、残債の一括払いを要求されることがあります。

 

そうなってしまったら、今まで2年間支払い続けていた努力が水の泡になるばかりか、一気に大金の一括払いを迫られて、身動きもできなくなってしまいますよね。

 

この方の「借金をすべてまとめて、なんとか自力で返したい」という気持ちはわかるのですが、債務整理中の方がおまとめローンの審査に受かることはまず無いでしょう。

 

審査どころか、申込みさえ受け付けてくれないと思います。

 

幸い、この方のケースでは、依頼を受けていた弁護士さんが親身になって相談に乗ってくれて、新たな借金も含めての返済は難しいという判断から、自己破産に切り替え、難を逃れたということです。

 

すでに支払っていた100万円は無駄になった、という形にはなりますが、「少しでも返せた」という気持ちは残りますから、結局は良かった、と前向きに考えられるようになったそうです。

 

このように、あまりにも金銭関係に悩んで追い込まれてしまうと、何かのきっかけがあれば、プツンと糸が切れてしまうように、常識では考えられないようなことをしてしまうもの。

 

「生活が苦しくてお金を借りてしまった」というのも、「一旦借りてしまったら、タガが外れたようにどんどん借りてしまう」という心理も、経験した私には、手に取るようにわかります。

 

債務整理中は生活も苦しくて一番不安定な時期でもあるので、もう一度気を引き締めて、生活を立て直すために頑張りたいですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> おまとめローンと見せかけた悪徳業者の手口

おまとめローンと見せかけた悪徳業者の手口

JUGEMテーマ:借金返済


借金はまとめた方が良い?」という質問に対しては、誰だって「まとめた方が良い」と答えますよね。

だって、A社から10万円、B社からは20万という感じで5社以上から借りていたら、何がなんだかわからない状態になっている可能性も。

金利も、最初は低い銀行系や信販系から借りていても、最後の方になると、なりふり構いませんから、中小の消費者金融などで30%近い金利で借りていたりしますから。

ただ、実際問題、多重債務者が「おまとめローン」を利用するについては、大きな壁が立ちはだかっていると言えます。

おまとめローンの壁に立ち向かう

おまとめローンとは?

"おまとめローンとは消費者金融などの金融機関から複数借金があるという人が一か所に借入をまとめるために用意されたローンのことを言います。おまとめローンの審査は銀行によってあまりところもありますが場合によっては厳しくておまとめローンすら通らない状況にあるという人もいます。
おまとめローンは最近銀行でも色々なところで商品化されているのですが、たとえば東京スター銀行がおまとめローンという名前で一番最初に出したことが有名です。"

ということなのですが、だいたいが、以前の私のような重症の多重債務者は利用できないことが多いです。

多重債務者と言われる方は、少なくとも100万円以上はあちこちから借りているわけですから、それをまとめるとなると一ヶ所で100万以上の借入れとなるんですよね。

となると、貸す方でも慎重になります。

すんなり借りられるのは、ある程度大きな会社に勤めている方か公務員の方など、限られてくるのではないでしょうか。

そうなると、生活苦の果てに多重債務になった中小企業勤務や自営業の方にとって、「おまとめローン」はなかなかハードルが高いと言わざるを得ないでしょう。

ただひとつ手立てがあるとすれば、社会的地位がある方を保証人として立てることです。

でも、これは難しいでしょうね。

借金の保証人になるなんて、今の世の中、一番したくないこと。

特に今の時代は。

 

よく、親の遺言で「借金の保証人にだけはなるな」と言われたという話を聞きますけど、現代では、本当にリスクしか無いことだと思います。

で、困った挙句にたどりつくのが、審査の緩い「おまとめローン」をうたっている中小の消費者金融です。

それでも正規の消費者金融なら大丈夫なのですが、悪徳、もしくは表向きは正規だけど、裏で違法業者とつながっているということもあるのです。

スポンサードリンク

 


ネットの掲示板などで調べるとわかるのですが、

 

  • 「おまとめローン」と称して客を集める
  • 審査の結果、うちでは貸せないけど、貸してくれるところがあると言う
  • キャンペーンをしているので、今だけ貸してくれるから早く決断してと急かされる。
  • そこでは、先に10万円振込まないと貸してくれないが、後で返してくれるからと言われる。
  • 振り込んだが最後、相手の業者と連絡が取れなくなる


というパターンがありました。

まるで「◯◯詐欺」みたいですけどね。

事実みたいですよ。

私自身、これに近い「おまとめローン」業者にひっかかりそうになりましたから。

 

どうしてもお金を借りたい時って、判断力が鈍っていますから、「保証人を立てられればお貸しできます」と言われれば、必死になって探すんですよ。

 

結局探せなくて断ろうと思っていたら、「うちではお貸しできませんが、ここなら貸してくれますよ」と紹介してくれたのが、闇金融と思われる業者だったのです。

 

それでも、一度は「借りようか?」なんて迷ったくらいですから、よっぽど判断力が無くなっていたのでしょう。

客観的に人の文章を読んでいると絶対にひっかからないと思いますが、切羽詰っている時は、わらにでもすがりたい思いで引っかかってしまうものなのかもしれません。

おまとめローンの落とし穴」とでも言うべきものが存在する、ということを頭に入れてから検討すべきでしょうね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode