ブラックでも多重債務でもおまとめローンが組める金融機関はあるの?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでも多重債務でも借りられる金融機関というと、何となく怪しい業者を想像してしまいますが、そうではない場合もあります。

例えば「労金」の名前で知られている「全国労働金庫協会 」では、積極的に多重債務者の相談を受け付けているようです。

「労金」と言えば、住宅ローンや教育ローンを組むときにも、低金利で借りられる金融機関としても知られていますね。

ただ、勤め先の会社が労働組合に加入していないと、口座の開設すらできないという話を聞きますので、「誰でも」というわけには行かないようです。

多重債務者が相談して「おまとめローン」にまで持っていけるのは、「借り入れ3社以内」「借入額150万円以下」「借金返済の延滞なし」などの条件をクリアできる場合のみみたいですね。

やはり「現実は厳しい」と言わざるを得ないのでしょうか?



それでも、金利はかなり低いということですので、条件に当てはまる方にとっては、朗報かもしれません。

その他の金融機関では、やはり「おまとめローン」の利用ということになりますが、多重債務を自覚している方にとっては、このおまとめローンもなかなか利用しづらいものがありますよね。

だいたい、消費者金融や信販会社からの借入れが5社以上ともなると、借り入れ総額が200万円以上にはなっているでしょうから。

200万円借りられる位なら、最初から、あっちの消費者金融やこっちのキャッシングから数十万円、なんていう借り方はしないでしょう。

となると、よっぽど条件の良い保証人を付けるか、家や土地を担保にお金を借りるか、しかないということになります。

まあ、「そんなものがあれば、最初からまとまったお金を借りている」という方が大半でしょう。

「じゃあどうしたら?」と堂々巡りになってしまうのです。

スポンサードリンク



私も、最初はなんとかして「おまとめローン」で借金を返せないだろうか?とかなりあちこち探してみましたが、結局はこの無限ループのような場所から抜けられないような状態に。

最終的に「他社借り入れ5社以上でも融資できます」という「おまとめローン」業者に申し込み、なんとかOKをもらいましたが・・・

 

「どうしても保証人を立ててもらわないと、お貸しできません」ということ。

 

今時、借金の保証人になってくれる人なんて居ないですし、こちらも他人を巻き込んでまで危ない橋は渡りたくありません。

 

挙句の果てには、「ご両親や親戚でもいいですよ。」なんて言われましたが、それこそ頼れるわけもなく、そこまで言われることに、違和感を覚えるようになりました。


「保証人が立てられないのならこちらの業者を紹介します」と言われた先が、どう考えても「闇金」としか思えないような金融業者でした。

しかも「最初に10万円預けてください」って。

まあ、正規の金融業者でも預かり金というシステムをとっているところもあるそうなのですが、やはり最初は疑ってかかった方が良いでしょう。

このように、多重債務者にも対応してくれる金融業者が皆無、というわけではないのですが、誰もが利用するというわけには行かないようです。

借金の一本化やおまとめローンを利用できるのは限られた人だけ?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務に陥ると、最初に考えるのが「このバラバラいろいろなところで借りているお金を、一つにまとめられないものだろうか?」ということです。

特に、グレーゾーン金利廃止前は、高い金利でお金を借りていたわけですから、一本化して少しでも金利が安くなればと考えるわけです。

世間的には「おまとめローン」とか「借金一本化」と言われていますね。

よく「借金一本化」と「おまとめローン」はどう違うの?と言われますが、言っていることは同じことだと思います。

強いて言えば、借金一本化というのは借金をまとめる行為のことで、おまとめローンは金融商品の種類ということでしょうか。



ただし、こちらのブログでも書いたように、一本化するということは、当然一社での借入額が大きくなりますから、信用調査も厳しくなるということです。

でも、唯一の救いは「借金の一本化」をうたっているわけですから、「多重債務者お断り」にはならないところですよね。

まあ、多重債務者になる場合、1社からまとまった金額を借りられないために、止む無く数社から借金を繰り返して今に至る、というパターンが多いと思うのです。

となると、もともと対象とする人は、あちこちの消費者金融から数十万円づつ借りている多重債務者ではなく、「借りやすいから」という理由で、金利も考えずにキャッシングしてしまった人たちということになるのでしょうか?

上場企業の会社員の方や公務員の方などが対象になってしまうのかな、とも思うんです。

それでも、自宅を担保にして不動産担保ローンという形で「おまとめローン」なら、資産価値の高い物件を持っている人だと借りられることもあるようです。

スポンサードリンク


 

ただし、不動産担保ローンの場合、多重債務で生活が苦しい時に固定資産税が払えなかったりして未納のままだと、審査に通らないでしょう。

 

通常、税金の滞納は信用情報に載ることは無いのですが、不動産担保ローンでは固定資産税の納税証明書を提出することになっているためです。

 

申し込む前に、滞納分の納税を先にすべきだということ。

 

いずれにしても、借金の一本化やおまとめが使える人は、ごく限られた人になるのかもしれません。

お金を借りる商品であるおまとめローンですら、庶民には「高嶺の花」ということになるのかな?

ただ、少しでも可能性があると考えられる方は、早めに審査をお願いした方が良いのではないでしょうか。

借金をまとめることで、利息が下がれば言うことないわけですし、債務整理をしなくても借金を完済することができた例も少なからずありますから。

まあ、私のように、「おまとめローンなんてとんでもない」という方の方も多いかもしれませんね。

試しに、ネットで検索すると、いろいろな種類のおまとめローンがヒットしますよ。

おまとめローンなら消費者金融でも総量規制外になる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務に陥ってしまい、借金の返済がままならなくなったとき、もし、「借金の利息がもう少し安くなったら、何とか返せそう」と思ったら、おまとめローンを検討しますよね。

 

「あちこちで借りている借金をすべてひとまとめにして、低金利で返していける」なんてきくと、ものすごく魅力的に感じるのです。

 

このおまとめローンに関しても、やはり消費者金融に関しては、総量規制の制限を受けることが多いようです。

 

ただし、「借り手に一方的に有利」な貸付については、総量規制の例外として認められることもあるということ。

 

わかりやすく言えば、まとめた方が月々の支払額や返済総額が安くなる場合には、たとえ消費者金融やクレジットカード会社からの借り入れであっても、例外として借入金額が総収入の1/3以上になっても許されるのです。

 

お給料をもらって喜ぶ-債務整理体験談

 

とは言え、例外として認められるかどうかは業者によって違うので、すべての「おまとめローン」が総量規制外になる、ということではありません。

 

もし気になるようでしたら、先に問い合わせてみた方が良いでしょう。

 

銀行での「おまとめローン」は、もともと総量規制外ということで、借りられるわけですが・・・

 

銀行でお金が借りられるのなら、最初から消費者金融では借りないと思うんですよね。

 

でもまあ、あまり深く考えずに、銀行から借りられるのにも関わらず、携帯からでも簡単に借りられる消費者金融のキャッシングを利用していた、なんていう方だと可能性はあるかもしれません。

 

この「おまとめローン」ですが、やはり、まとまったお金を借りるので、審査に関しては、数十万のキャッシングに比べれば時間もかかりますし、内容も厳しくなります。

 

そして、金利に反比例して、審査が甘くなるということ。

 

そう。

 

金利が高ければ高いほど、審査は甘くなる、という。

 

スポンサーリンク

 

だけど、グレーゾーン金利廃止後はそんなに高い金利は設定できなくなっているので、結局は、多重債務になって本当にお金に困っている人にとっては、あまり期待できない存在なのかもしれません。

 

担保にできる土地などの不動産を持っていたりすれば違うのでしょうが。

 

また、大手銀行や有名な消費者金融が出している「おまとめローン」のプランなら信用できますが、多重債務者の足元をみて忍び寄ってくる業者もいますから。

 

私が実際に体験したように、表向きは正規の消費者金融で、「おまとめローン」の文字で多重債務者を釣る。

 

その多重債務者がなんとか自力で返済できそうなら、また、しっかりとした保証人が立てられるのならそのまま貸してくれるのでしょう。

 

でも、あちこちで断られて最終的にたどり着いた様な人には、保証人が立てられない時点で「では他の業者を紹介します」と持ちかけてきます。

 

話を聞くと、「預かり金10万で300万貸します」とか。

 

一見良さそうですが、闇金融と思われますので、絶対に借りてはいけません。

 

しかも、その10万円は後から返ってくると言いながら、一週間で5万円以上の利子が付くとか、もうめちゃくちゃです。

 

そういった「紹介屋」というところも、世間には結構あるので、用心しないといけませんね。

 

私も、その頃は本当にお金に困っていたので、どうしようか悩みましたが、寸でのところで断って助かったと思っています。