大卒だって無職になる?無職で10万円借りたい時どうする?

すぐにお金を作る方法

JUGEMテーマ:日記・一般

 

『大卒でも無職になる』なんて、センセーショナルなタイトルですが、今だと驚かないですよね。

 

確かに、「大学まで出てるのに」という考え方はありますが、今やどこの職場でも即戦力が求められるので、就職先が無いという現状も頷けます

 

ネットでは、こんな質問も。

 

「無職でお金が無いけど、10万円借りたい」という男性なんですが、「突然勤めていた会社から首を切られた上に、住むところも追い出され、とにかく、生きていくためのお金をとりあえず10万円くらい借りたい」

 

ということ。

 

同じような経験をしてきた私としては、身につまされます。

何か悪いことが起こるたびに、悪いことの連鎖反応が続くのです。

 

悪いことばかり続いて泣いている無職の男性

 

例えば、自分の会社がうまくいっていないときに、「これを乗り切ればなんとかなる」と思ってお金を借りたとします。

 

会社であっても、中小企業や自営業に近い会社であれば、運転資金の融資を受けることは容易ではありません。

 

しかも、お金が必要な時にはすぐに必要になるので、時間が無い。

 

そうなると、自分名義で消費者金融からお金を借りるのが、手っ取り早いですよね。

すでに数年前から経営をしていたので、「今は業績が悪くても数ヶ月で回復する」と、ちょっと危険な橋とわかっていながらも、数社から多額の借金を繰り返していた、としたら?

そんな時、商品を納品していた会社が突然倒産してしまい、お金を回収する時間があるはずもなく、気がついたら電話番号がすでに解約されていて、担当者と連絡が取れなくなっていました。

被害額はそれほどでもなかったのですが、その負債が原因で、あっという間に会社は火の車。

 

残っていたのは消費者の借金だけだったそうです。

 

当時はグレーゾーン金利限度ギリギリの契約が当たり前だったので、消費者金融の借金は約29.9%が多く、1万円借りたとしても利息は3,000円ですから、頑張って返済しても減るどころか増えてしまいます。

 

本当に蟻地獄のように、返しても減らないんですよ。
結局のところ、「もう無理だ」と諦めてしまったら、それで終わりです。

「どうにかして稼げないかな?」と思うだけでなく、数百円でもいいからお金を稼いで、そこから増やしていこうという気持ちが必要です。

 

スポンサードリンク

 

 

いつも書いているように、リサイクルショップに物を持っていったり、ネットオークションでものを売るなど。

 

または、ネットで申し込めば、不用品を買い取ってくれるサービスもあります。

 

なんでも買います!【買取屋さんグループ】

 

不用品でも売るタイミングが良ければ、大儲けすることも夢ではありません。

 

今の季節であれば、廃盤になった人気メーカーのダウンジャケットでもかなりの高値で売ることができます。

 

たまたま持っていたダウンジャケットが高値で売れて、数日はその売上で生活できたことも。

 

まあ、その冬は着るものがなくて寒く感じましたが…。
そう言えば、先ほどの「無職で10万円借りたい」という若者に対する回答ですが、ほとんどが「無職の人が貸金業者からお金を借りるのは無理なので、家族や知人、親戚から借りるしかない。」という意見でした。
それから、「借りるよりもお金を作る方がいい」というような親切な意見もあります。
結局、ヤフオクやメルカリで不用品を売る方法についてすすめていましたけど。

また、SNS上では「10万円貸します」というツイートも多く見らます。

 

「一回限りの個人向けローン」というタグもありましたし、「すぐに融資が受けられる」というような闇金融のようなフレーズもありました。

 

「無職で10万円借りたい」などの言葉を検索している人は切羽詰っているので、このような言葉には思わず飛びついてしまうでしょう。

 

窮地に陥った時にリスクを取らないようにするためには、安易に、こんな甘い言葉に乗らないようにすることです。