宝くじで10億円当たったら、一生働かないで優雅な暮らしができる?

宝くじで10億円当たったら? 宝くじ高額当選

宝くじで10億円が当たったら、どのような生活ができるでしょうか?

宝くじで10億円当たったら?

まず、「仕事は辞める」という選択肢を取る人がほとんどでしょう。

まあ、10億もあれば、あくせく働かなくても良い暮らしができる、と考えるのは当たり前だし、そもそも10億円というお金の価値を、すぐに理解できない私のような人も居ると思います。

そこで、ファイナンシャルプランナーの方が「10億円当たった場合にどのような暮らしが実現できるか」という記事をシェアします。

“10億円当たったら、家を買ったり、仕事を辞めたり、毎年旅行を楽しんだり…といった夢物語を膨らませてみましょう。

少しは仕事を続けた方がいいのかどうか?も考えるポイントです。

さまざまなケースを考えてみましょう。

例えば、年間2000万円ずつ使っても50年分の資金が保たれるとします。

手元に10億円あれば、1年に2000万円ずつ使っても50年分の計算になります。

30歳で当選した場合、80歳まで持ちます。

即金で稼ぐ方法は?

ただし、平均寿命は男性が81.05歳、女性が87.09歳であり、80歳までの計画だと若干心もとないですね。

もし年間1000万円ずつ使うと考えると、100年間は持ちます。

長生きする可能性を考えると、かなりの余裕を持って計画した方がいいでしょう。

現在の年収と比較すると、働かずに暮らせると考えられるかもしれません。

ただし、管理が課題となります。

金融機関に10億円を預けて、毎年1000万円ずつ引き出すという計画であれば、計画的にお金を使うことができるかもしれません。

ただし、月ごとに収支を考える方がコントロールしやすいかもしれません。

例えば、毎月80万円ずつ引き出して、年末に特別ボーナスとして40万円を引き出すというように計画できます。

働かずにこのような収入を確保できることは素晴らしいことですね。

ただ、10億円という金額に比べると、案外質素に感じられることもあるかもしれません。

例えば、年収が80万円の場合、税金や社会保険料、食費、日用品、通信費などを払うと、遊ぶお金はそれほど残りません。

さらに、働いていると使える自由な時間も限られてきます。

さらに、もし勤務しない状況で暮らすことができるなら、多くの時間が自由に使えることになります。

ノマドワーカー

たとえば、お金を要する趣味などに時間を費やすと、瞬く間に毎月80万円を消費してしまいそうです。

したがって、趣味やレジャーなどに支出をする場合、日常生活費は月に約50万円くらいに抑えなければなりません。

ただし、この計画は、家族構成などが変化すると見直す必要があります。

例えば、独身の時に月に50万円を使い果たしていた場合、家族が増えると教育費などの支出が追加され、資金計画は一気に崩れるリスクが存在します。

子どもの教育費は、家計における特別な分野となりやすいため、余裕資金があると仮定していても、予想を超えて支出する可能性は低くありません。

したがって、もし10億円が手に入り、ずっと働かずに暮らすつもりであれば、毎月の生活費で豪勢な生活を送ることは難しいと考えるべきです。

同じくらいの年齢や家族構成で収入を目安にし、計画的に資金を使っていくことが安全です。”

さすがはファイナンシャルプランナー。

将来の生活を、細かなことまで考えて計算していますよね。

こう考えると、宝くじで、たとえ10億円当たったとしても、「働かないで豪華な暮らし」はできそうにありません。

投資に回せば、できないことも無いのでしょうが、損することだってありますから。

とは言え、10億円は、一般の人が一度に手にすることができる金額ではないので、「当たったら?」と考えるだけでも、幸せになれますけどね。