スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理中は引っ越しができない?
Page: 1/54   >>

債務整理中は引っ越しができない?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務に苦しんでいた時期からようやく抜けだして債務整理を決心した時というのは、不安な反面一番ホッとする時でもあります。

まず、取り立ての電話に怯えることが無くなるというのがあります。

今は、正規の金融業者から借り入れをしている場合、被強うな取り立てというのはほとんどないと思います。

消費者金融でも、だいたいの場合は事務的な感じのソフトな言い回しで電話がかかってきます。

ただ、滞納が続くと、言葉は丁寧でもある程度押しの強い感じの対応をされるのです。

まあ、支払わない方が悪いので仕方のないことなのですが、何回か続くと、電話の音にも怯えるようになります。

そのうち、幻覚みたいに、電話が鳴ってないのに聞こえることまで。

こうなると、もう精神的にかなり参っているということですね。

そんな取り立てから解放されたことや、とにかく今までひとりで悩んでいた借金のことを相談できる相手ができたこと、手続きを代行してくれることで、大きな荷物が軽くなった気がするのです。

と同時に借金を返せなかった後ろめたさとやるせなさがあったのも、まぎれもない事実ですが。

それでも、前に進まないことにはそこで立ち止まってしまいます。

借金苦でも前に進もう

そのための第一歩だと思えば、たいていのことは乗り越えられそうですよね。

乗り越えると言えば、債務整理をしたことで制限されることもいくつかあります。

一般に知られているのは、クレジットカードが持てなかったりローンが組めなかったりすること。

それだって、一生持てなくなるわけではないのです。

いわゆる「喪明け後」債務整理をして5年から10年経てば、また持てるようになるのです。

当事者にならないとあまり考えないことのひとつに「債務整理をすると引っ越しもできなくなるの?」ということ。

厳密に言うと債務整理中ということですね。

例えば、任意整理の手続き中でも引っ越しはできるのか?といえば、答えはYesです。

あとは、個人再生の場合も同じこと。

では、自己破産は?となると、同時廃止の場合はOKで、何ら問題なしということ。

問題になるのは、自己破産で管財人が付いた場合。

ある程度価値のある財産を持っている場合や、自営業などの場合は、これに当たるのですが、その場合「裁判所の許可無く引っ越しはできない」事になっています。

スポンサードリンク

 


「じゃあ、破産して家を売ったら、家も無くなるのに引っ越しもできないの?」

「野宿、いや、ホームレスになってしまうの?

と思ってしまいますが、ご安心を。

裁判所の許可があれば引っ越し可能なのですから、許可をもらえば良いのです。

任意売却などで家を失って引っ越しするなど、きちんとした理由があって引っ越す場合は許可が出ないことはほぼ無いので、実質引っ越しは自由と言えるでしょう。

と、ホッとしたのも束の間。

ここで、「自己破産しても賃貸物件って借りられるの?」という疑問も生まれてくるのですが・・・

自己破産後に家は借りられる?

こうやって、ひとつひとつ乗り越えていくしかないんですよね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理する直前の壮絶な体験談

債務整理する直前の壮絶な体験談

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務になると、借金に追われる日々が続きます。

夢の中でまで「借金返済日なのに返せなかった」シーンや、家に借金の取り立てが来る場面が出てきたりします。

私も、何度も夜中に自分の叫び声で起きることがありました。

夫も同じで、夫婦揃って叫んでいたことも。

こうなると、もう精神が病んできます。

借金でうつ病になる

それでも、子どもの前では平静を保つように努力していました。

だって、子どもって親の気持ちに敏感じゃないですか。

親が動揺すれば子どもも動揺しますから。

それでも、何となくうっすらとは気が付かれていたようですが・・・

そんな精神状態が長く続くと、「もうダメだ」「自己破産しか無い」と決心するのですが、なかなか行動には移せないものです。

どうしても「債務整理後の生活」の青写真が見えてこないのです。

もっと言えば「自己破産なんてしたら、人生終わってしまう」と本気で思っていました。

スポンサードリンク

 


そんな時、MIXIだったかで、自己破産した方の日記を発見し、貪るように読んでいました。

そこに書かれていたのは? 生々しい借金地獄からの生還劇だったのです。

この方は、夜逃げまで経験されていました。

 

「夜逃げ」については、ある方の体験談で、「夜逃げして5年間放置された部屋に入ったことがあるけど、悪臭はするし、冷蔵庫の中には化石と化した食べ物が入っているという、生活感が生々しくておぞましい感じがしました。」と。

 

どういう経緯だったかはわかりませんが、止むに止まれず、住んでいる場所を突然移さなければならなくなった家族の悲惨さが、伝わってくるようですね。

国民健康保険料が支払えず、何年もお医者さんにかかれない時もあったようです。

それでも、奥さんも子どもさんを守るために借金を返済しようと、必死で働かれていたのですが、ある日糸がプツンと切れるように、「何もかもが嫌になってやる気が無くなってしまった」ということ。

いわゆるうつ病ですね。



借金うつとでも言いましょうか。

それで自己破産を決意されたようです。

その後もご自身の病気との闘いや、債権者に裁判所に訴えられたりとさまざまな困難に見舞われたそうですが、今は娘さん一家と一緒に生活できて幸せに暮らされているということ。

「あのまま借金地獄の中に居たら、孫の顔を見ることもなかったでしょう」という文章を読んで、私も債務整理に踏み切る決心ができました。

自己破産ではなかったのですが、債務整理したのだから同じようなものです。

今でも借金を返せなかったことは後悔していますから、安易に債務整理を選ぶことはおすすめしません。

でも「もうどうしようもなくなった」と思われるのなら、今が決心をするチャンスなのかもしれません。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理は弁護士に依頼しなくてもできる?

債務整理は弁護士に依頼しなくてもできる?

JUGEMテーマ:借金地獄


債務整理したいけど、弁護士費用が無くて夜逃げして各地を転々としている、なんていう方もいらっしゃいます。

そう。債務整理をするにもお金がかかるのです。

借金で夜逃げ?

多重債務で、「もうどこからも借りられない」状態になって、ようやく債務整理を決心したのに、「お金が無くて」債務整理すらできない、という場合もあります。

債務整理費用というのは、債務整理しようとする人を拒むように、結構高いんですよね。

大体どれ位?と思うでしょうが、やはり頼む方によって、また依頼する方の収入などによっても違ってきます。

ある程度収入の少ない方は、「法テラス」で相談し審査で認められると、自己破産の場合15万円くらいで何とかなるみたいなんですね。

しかも、月々5,000円の分割払いも可能ですから、やはり専門家に頼むのが一番だと思います。

審査は結構厳しいですが、書類を出して正直に今の状況を説明すれば、認められる可能性は高いです。

それでも、生活費もままならない時に、月々5,000円でも辛い、と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、最低限これくらいはかかります。

弁護士や司法書士によっては50万円くらいかかることも。

また、自営業者の方が自己破産する場合は、「予納金」などが必要になることもあります。

これがまた、数十万円。

本当に、お金が無くて債務整理するのに、結局はお金が必要だなんて・・・

矛盾しているようですが、仕方のないことなんですね。

だから、ひとりで書類を揃えて、裁判所に提出する方もいらっしゃいます。

まあ、確かに、書類を書いて、裁判所に提出するだけなのですが、これがかなり分厚い書類ですから、きちんとひとりで書くのはかなり骨の折れることだと思いますよ。

それでも、「ひとりで債務整理する方法」というような書籍もありますし、法律に詳しい方に相談できるような環境にあれば、ひとりで手続きすることも不可能ではないと思います。

スポンサードリンク


やはり、一番いけないのは、「お金がないと債務整理すらできないのか」と諦めてしまうこと。

夜逃げして転々とと書きましたが、そうそう逃げられるものではありません。

それに、引越しするのにもお金はかかります。

借金に悩んだらまずは相談」というCMがありましたが、そこから始まると、私も思います。

ネットで調べると、「債務整理無料相談」をメールで受け付けてくれるところもありますし、最初は匿名で相談できるところも。

ただ、お願いする前に、多少の予備知識は持っているに越したことは無いので、自分なりに勉強する気持ちは大切ですよね。

書籍やネットなどで得られる情報には限りがありますが、どんな債務整理方法があるのか?自分にはどれが合っているか?などはわかっていたほうが良いと思いますよ。

 

「知ったかぶり」はいけませんし、お願いする法律事務所を決めたら、弁護士や司法書士の方を信頼してお任せするわけですが、「何も知らない」と質問すらできませんから。

 

それと、借金という「他人にはあまり言いたくないこと」なので、「これは言わなくても良いか」と勝手に判断してしまいがちですが、「包み隠さず言う」ということも心がけたいものです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して