スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 借金で困っているのに自己破産できないこともあるの?
Page: 1/27   >>

借金で困っているのに自己破産できないこともあるの?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

債務整理は、決心さえすれば、ほとんどの方が免責がおりたり、債権者との話し合いにより残債を支払うことで決着が付くものです。

 

自己破産を希望していて、その破産原因がギャンブルとか投資だった場合には、免責がおりずに自己再生という形で支払いが残ることになってしまう場合もありますが、それでも債務整理自体ができないというケースは稀でしょう。

 

投資に失敗した人-債務整理体験談

 

ただ、借金をした経緯から債務整理をしても改善の余地が無い、と判断されれば別ですが。

 

それと、「闇金融」がらみの債務整理は、なかなか引き受けてくれる弁護士や司法書士の方も少なく、断られるケースが多くなっています。

 

現在は、少しづつ「闇金融から借りていてもお引き受けします」という法律事務所も増えてきたようですけど。

 

契約書類もないような貸金契約をしてしまったのでは、なかなか整理することさえままならないという理由があるのです。

 

いくらお金に困っていても、「闇金融」に手を出すのは、よっぽどのことが無い限り、という気がしますが、多重債務に陥り取立てがあったりすると、つい手を出してしまう、ということが考えられますね。

 

最近では、取り立ても表立ったことはせず、金利だけは暴利をむさぼるという「ソフト闇金」も増えていて、表向きは普通の消費者金融なので、気が付かずに借りていた、ということもあります。

 

私が経験したように、表向きは通常営業の消費者金融が「うちでは貸せないから、別の業者を紹介する」と言って、闇金融を紹介される「紹介屋」であることも。

 

スポンサーリンク

 

 

こういう世の中ですから、「まずは疑ってかかる」という姿勢で居た方が良いでしょう。

 

ソフトであろうが、一度でも手を出してしまうと、債務整理さえできなくなってしまう可能性がありますから。


そうなると、「夜逃げ」のようなことを繰り返し、普通に生活することが困難になってしまいます。

 

本当は「多重債務である」と自分で判断できているうちに、債務整理をした方が良いのですが、どうしてもまだ貸してくれるところがあると、「これで心機一転頑張れる」と思ってしまいがち。

 

「頑張ろう、返そう」と思う気持は必要なのですが、やはり現実を見据えて、一度債務整理ということを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

債務整理をすればすべてが上手く行くとは言いませんが、少なくともスタートラインにもう一度立つ事ができるはず。

 

特に、これから新しい年度が始まる今なら、決心も付きやすいのではないでしょうか。

 

「いや、私はどうしても借金を自分の手で返したい」という気持ちは立派ですが、どこかで区切りを付けるのも必要ですよね。

 

万が一、闇金融から借りてしまっていても、「もう終わり」とは思わず、なんとかして抜け出す方法を考えましょう。

 

そういった方を手助けするNPO団体もあるのです。

 

一番いけないのは、「もうダメだ」と諦めてしまうこと。

 

よく「成功者は何度失敗しても諦めない」と言われていますが、良い意味でのしぶとさも必要だと思います。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産後何年経てばブラックリストから外れる?

自己破産後何年経てばブラックリストから外れる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

最初に、さんざん言ってますが、「ブラックリスト」というのはもともとないのですが、債務整理をして個人信用情報に事故情報がある限り、ローンもクレジットカードもNGです。

このことをブラックリストと表現するのは結構一般的ですから、なんとなく理解できますよね。

債務整理後の生活については、「自分次第」ということがはっきり言えます。

思った以上にお金がないことも、生活が苦しいことも経験してみないとわからないことなのですが、それでもやはり自分の考え方ひとつなんですよね。

自己破産したら、クレジットカードは持てないしローンも組めないというのは、一般常識にもなっていますよね。

自己破産に限らず債務整理すれば金融事故を起こしたことになるので、クレジット=信用を無くしたことになりますから、当然と言えば当然のことです。

私も、債務整理した時には、「もう2度とクレジットカードは持てなくなる」と覚悟していました。

だけど・・・

実際に債務整理してみると、クレジットカードが持てない事が、こんなにも不便なことなのかと思ってしまいます。

それに、いつも書いていますが、自己破産に限らず、債務整理中や債務整理後というのは、本当に生活が苦しい状態です。



「自業自得」と言われてしまえばそれまでですが、私の場合だと、任意整理した残債、多重債務中に支払えなかった滞納分の公共料金や税金などなどが、生活費にプラスされるわけです。

そうそう。NHKの受信料は徴収員が取りに来ますから、その滞納分もあります。

これって、結構厳しかったりします。

一部では借金の取立てよりも厳しい、なんていう噂もあるぐらいに。

金額自体は高くは無いですが、溜めてしまったら数万円にはすぐになりますからね。

うちも最初は払えなくて「次には絶対に支払うから」ということで、ようやく帰ってもらったりしていました。

スポンサーリンク



それから、弁護士や司法書士の方に支払う、債務整理費用

これが一番高いですよ。

自営業とかだと 裁判所に予納金を支払う場合もあります。

すべて合計すると、借金の金額とまでは言いませんが、かなりの額になってしまいます。

しかも、債務整理後というのは、まだ収入の見通しも生活の建て直しもできていないですから、生活費すら満足にまかなえない状態です。

だから、「生活するのに困るからクレジットカードを持ちたい」と言うよりも、「どこかでまだお金を貸してくれるところはないか?」「クレジットカードが取得できれば、最低限ショッピング枠だけでも使えるのに」ということで、必要になるのです。

残念ながら、普通のクレジットカードは債務整理後5年から10年経たないと作れませんが、楽天銀行やSURUGA銀行、三菱UFJ銀行などで発行しているVISA(JCB,mastercard)デビットカードは、自己破産していても作れます。

ローンや分割はできませんが、銀行口座にお金を入れておけば、クレジットカードとして一括払いのみ使えますので、持っていると何かと便利です。

自己破産後何年でクレジットカードかが作れるか、ということですが、5年をメドに考えると良いでしょう。

5年経ったからすぐに作れるとは限りませんが、個人信用情報機関に「金融事故情報」が残るのが5年から7年というところが多いからです。

ただ、自己破産の場合は、7年とか10年と言われていますね。

実際に取得できたという例では、「ほぼ5年経った年に取得できた」というケースが最短のような気がします。

一般的には、やはり10年経ってから、という方が多いようです。

10年は長いですね。

まあ、その位のペナルティーは仕方がないのでしょうが、できれば試用期間のようなものを設けてもらいたいものです。

確実に数年間支払いを怠らなかったら、晴れてクレジットカードが所有できる、なんていう制度があれば良いのですが・・・

海外のクレジットカードでは似たような制度があるようですが、日本では難しいのでしょう。

結局は、苦しい生活の中でも、コツコツと現金を貯めていくしかないと思います。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産にまつわる嘘情報とは?

自己破産にまつわる嘘情報とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自己破産と聞くと、最近では晴れ着レンタルの会社が、あろうことか成人式の前日に破産宣告したことを思い浮かべます。

 

まあ、会社なので自己破産というか倒産というか・・・

 

とにかく、破産すると周りの人に迷惑をかけるどころか、会社組織になると、取引先や顧客に莫大な損失を与えてしまうことも。

 

今回のように、利用者に精神的なダメージをもたらしてしまうこともあります。

 

成人式の振り袖-債務整理体験談

 

個人で考えれば、やはり家族が巻き添えになることが一番で、保証人を立ててお金を借りていた時などは、保証人に借金の催促が行ってしまったりするのですから、本当に慎重に考えるべきです。

 

任意整理を選択した私が言うのもなんですが、債務整理というのは、「どうしても生活していけなくなった時に最後に取る手段」だということ。

 

とは言え、多重債務で、債務整理を考えるくらいに追い詰められていると、もはや正しい判断もできなくなるくらい、借金やお金の問題に苦しめられるのです。

 

「自分がなんとかしなければ」とか「人の10倍、いや100倍くらい働けば、借金を返せるのでは?」と頑張れば頑張るほど、深みにはまっていくようで、出口の無い長いトンネルに迷い込んでどこに進んだら良いのやら?という状況に陥ってしまいがちです。

 

そんな時に「ブラックでもご融資します」という一本の電話が、携帯にかかってきたら?

 

まんまと引っかかってしまいそうな気がしますよね。

 

私が電話を受けたのも、ちょうど「ここで断られたら、もうどこからもお金を借りることはできない」といういつも融通をきかせてもらっていた消費者金融に電話をして、断られた後でした。

 

今思うと、消費者金融もかげりを見せていた時で、返せる見込みの無い顧客にには一切お金を貸さない、というスタンスだったのでしょう。

 

とにかく、なんとかしなければ生きていけるかどうか?まで行っていた時だったので、渡りに船と話を聞いてみると・・・

 

何度も書いているように、「紹介屋」という手口でした。

 

ただ、その時にはまったく気づかず、なんとか他でお金を工面できたので断ったのですが、そのまま借りていたら?と思うとゾッとします。

 

借りる先は、もちろん闇金融で、ネットでも悪質と問題になっているようなところでしたから。

 

なので、「もうどうしようもない」というところまで来たら、やはり自己破産という方法を取るのも仕方のないことだと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

だけど、世間では、自己破産にまつわる嘘情報が、いまだに出回っていますよね。

 

例えば

 

◯選挙権が無くなる、もしくは住民票に記載されて、すべての権利が無くなってしまう

 

◯年金がもらえない

 

◯子どもや親までクレジットカードを取り上げられる、新たな申請も却下される

 

◯会社に知られて、すぐに解雇される

 

◯債権者から嫌がらせを受ける

 

などなど。

 

さすがに、昔のドラマに出てくるような、「すべての持ち物に"差し押さえ"の紙を貼られ、使えなくなってしまう」ということを信じている人は少ないでしょうが。

 

確かに、心情的にはそこまでされても文句は言えない気持ちになりますが、これらのことはすべて嘘情報なので、安心してください。

 

正確には、嘘というよりも、自己破産を恐れるばかりに吐露した不安が、そのまま噂レベルになってしまったのかもしれません。

 

だからと言って、簡単に自己破産を決心するのはおすすめできません。

 

社会的制裁はもちろんありますし、自営業の場合はかなりの痛手を被ったり、会社員だったとしても、家や車は取られてしまうのです。

 

今までの努力が水の泡になってしまうのは本当ですから、慎重に判断すべきです。

 

とは言え、「生きていく自信が無くなった」とか「家族にこれ以上苦労はさせられない」とまで思い詰めているのなら?自己破産に限らず債務整理の道も、考えた方が良いでしょう。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット