スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談 >> ブラックリストは消えても過去は消せない?
Page: 1/11   >>

ブラックリストは消えても過去は消せない?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理のデメリットって何だろう?と考えてみました。

私は任意整理をして、残債も返し終えたので、今では「債務整理をして良かった」と思っています。

ただ、やはり精神的には「自分で作った借金なのだから、やはり自分の手で最後まで返したかった」ということ。

確かに、任意整理だと、一部は返すことになりますが、それでも全部ではありません。

それでも、あのまま多重債務生活を続けていれば、完全に「うつ」状態になり、酷くなれば、自分で自分を消しかねない状態でしたから、やはり「デメリット」ということにはなりませんね。

借金で落ち込みうつ病に

ただ、「自分は借金を返せなかった人間だ」「借金なんてしてしまって、最低の人間だ」と思う気持は、ぬぐえないでしょう。

それと、やはり金融事故者という扱いになることですね。

信用情報機関に「事故者」として記載されるのは、5年から10年位となっていますが、それ以降は抹消されます。

ちなみに、個人信用情報について書きますと。

  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

主に銀行系の信用情報について掲載されている 事故情報が消える期間は、任意整理で5年、自己破産では10年と言われています。

  • CIC

主にクレジットカード系の信用情報について書かれています。ブラックリスト抹消期間は、任意整理で5年、自己破産7年と言われています。

  • 日本信用情報機関(JICC)

主に、消費者金融やキャッシング会社系の信用情報について書かれています。ブラックリストから消えるのは、自己破産でもだいたい5年程度と、3つの中で最も短くなっています。

それでも、金融事故者となってしまったという思いは消えないでしょう。

あとは、債務整理の後数年はローンは組めないし、クレジットカードも持てないということですね。

これはデメリットというより、当然のことなのかもしれませんが、結構困ることが多いです。

スポンサードリンク

 


特に、家電が壊れたとかで、生活上どうしても必要なものを買わなきゃいけなくなった時、分割払いができません

常にコツコツお金を貯めていれば良いのですが、債務整理後も苦しい生活が続きますので、なかなか貯金もままならず。

いや、やっぱり多重債務に生活を経験していると、さすがに懲りて、これまでの生活を見直し、節約できるところはして、本当に少しづつ貯めるということはしています。

だけど、それは生活費が足りない時の補填として、いつの間にか無くなっていることが多いんですよ。

ただまあ、それでも「何とか生きていかれる」ことに感謝と言うことでしょうか。

さんまさんじゃないですが、「生きてるだけでまるもうけ」という考えでいかないとね。

メリットもデメリットもありますが、結局は自分が選んだことなので、その後の生き方次第で良くも悪くもなるということです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談
Home >> 任意整理の体験談 >> 消費者金融の無人契約機に通い続けていた日々。お金の心配をしないで生活したい!

消費者金融の無人契約機に通い続けていた日々。お金の心配をしないで生活したい!

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務になってお金の心配ばかりしていると、「お金の心配を全くしないで生活したい」というのが夢という感じになってきます。

たとえ、贅沢はできなくても、「今月このくらいなら生活していける」というレベルでも良いので、最低限「今月どうやって生活していこう」と思わないで済むようになりたいと願うんですよね。

ただ、多重債務じゃなくても、生活にゆとりがある人は少なくなったと思います。

「お金」もそうですが、心のゆとりも無くなってしまったような・・・

特に震災後はそうですね。

「ゆとり」という言葉を、どこかに置き忘れてしまったような気がします。

ただまあ、多重債務を一度経験してしまうと、「お金」=「心のゆとり」ということになりますが・・・

多重債務の時には、「とにかく借金に追われない生活がしたい」「普通に収入すべてを生活費に当てたい」と思っていました。

お金に余裕のある生活がしたい

それが、債務整理をしてしばらくは、「借金の返済をしなくていい」喜びと「もうどこから借りようか?」と悩まなくていいんだ、という気持で、ほんの一瞬ではありますが「ゆとり」を感じていましたね。

特に、街の「サラ金の無人契約機」にはよく通いましたから、見かける度に、「もうここには行かなくていいのね」という安堵の気持が強く押し寄せていました。

あの無人契約機の閉鎖的な空間、どこからともなく聴こえてくる係りの人の無機質な声。

結構大きな音で流れてくる、バックグラウンドミュージック。

「早く、早く」と急かされているようで・・・

のちのちこの曲を聴いただけで、トラウマのように当時のことが思い出されるんですよね。

 

街を歩いていて、この曲が聴こえてきただけでも、耳を覆いたくなったものです。

タッチパネルを押す手も、最初は恐る恐るだったのが、だんだん慣れてきて早く押せるようにはなっていましたが、何度言っても拷問を受けるような気持になっていました。

だけど、実際に融資を受けられると、とても有難いホッとした気持になるのが、自分でも不思議だったんですが・・・

スポンサードリンク


 

その時の気持は、多分経験した人じゃないとわからないでしょうね。

 

ちなみに、当時は、「無人契約機」に行けば、ある程度の収入があれば、他社借入件数が多くても、借りられる可能性は高かったのです。

 

ある男性の体験談では、「すでに消費者金融や信販会社9社から借り入れていたけど、20万円可決しました」とのこと。

 

「あまりにも多いので、2社の借り入れを隠していたら、見事にバレましたけど。」というエピソードも。

 

やっぱり、他社借入金額を嘘ついても、すぐにバレるんですね。

・・・と、「ゆとり」とは程遠い話になってしまいましたが・・・

世間一般の方の「ゆとり」と言うのは、「家族で旅行に行く」とか「貯蓄額が○○万円以上ある」とかなんでしょうね。

それでも、ネットで副収入を得るようになってからは、ほんの少しは「ささやかな贅沢」をしたりはできるようになってきました。

こんな方法でも副収入が得られます

借金返済をしながら稼ぐ方法がある?

多重債務や債務整理を経験した方にとっては、とても少ない額に思えるかもしれませんが、実際に副収入として、このくらいの金額があれば、とても助かるのです。

また、コツコツ続けていくうちに、この何倍もの収入にすることも可能だと思いますよ。 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談
Home >> 任意整理の体験談 >> 家族にバレずに任意整理できた?

家族にバレずに任意整理できた?

JUGEMテーマ:借金返済

 

家族や友人・知人に知られずに債務整理したい」という気持ちはよくわかります。

 

借金の悩みは人それぞれですが、自分で作ってしまった借金ならばなおさら「家族には知られたくない」と思うでしょう。

 

家族にバレないで任意整理する

 

原則的には、自己破産であろうと、家族に内緒で手続きをすることは可能です。

 

ただ、自己破産の場合は、持ち家ならば売却しなければなりませんし、車などローン中であれば、取り上げられる可能性が高いです。

 

そうなると、とてもじゃないけど、内緒にはできませんよね。

 

任意整理ならどうでしょうか?

 

「任意整理」は、弁護士や司法書士が代理人となって、債権者と直接金利の引き下げを交渉してもらう借金の整理方法です。

 

裁判所に出向く必要が無いので、自己破産や個人再生に比べると、家族に内緒で行いやすい債務整理方法と言えるでしょう。

 

ここに一人の女性が居ます。

 

仮にA子さんとしますが、彼女は、主婦として家事をこなす他、同居している義理の両親の介護をし、その上パートにまで出て働いていました。

 

夫も家事や介護には協力的で、一流とは言えないまでも、中堅企業に勤めていたので、贅沢はできないけれど、幸せに暮らしていたのです。

 

ところが、ある日突然、パートを解雇されたのです。

 

身に覚えは無かったのですが、A子さんが、同僚の財布を盗ったという噂が流れたのです。

 

結局は、「盗られた」という人の勘違いだったみたいですが、A子さんのことを良く思っていなかった同僚が、悪い噂を流して、パート先の上司の耳に入ってしまったんですね。

 

あろうことか、同じ時期に、ご主人の会社も業績が悪くなり、お給料は減る一方になったそうです。

 

最初は、貯金を切り崩してなんとか切り抜けていたのですが、そのうち日々の生活費にも困るようになって。。。

 

旦那さんも、アルバイトを掛け持ちするなどしてくれたそうですが、それでも足りずに、クレジットカード払いがかさむようになったのです。

 

リボ払いだから、そのうち、パート先が見つかれば、余裕で返せる」と思っていたのですが、ショッピング枠が100万円近くあったことで気が大きくなり、気がついたら、月々の返済が難しくなってきました。

 

スポンサーリンク

 

 

消費者金融からも借り入れするようになった頃には、すでに多重債務まっしぐら。

 

5社借り入れで、総額350万円にまでなっていたとか。

 

それでも、頑張って働いてくれている旦那さんや、体が不自由になって、息子の嫁の世話になるしか無い両親に、お金の心配までさせてはいけない、と、内職しながら頑張ったA子さん。

 

とうとう、我慢の糸が切れて、うつ病の症状が出てしまったため、債務整理を決心したそうです。

 

弁護士に相談した時には、憔悴しきっていたため、「どうしても家族には心配をかけたくない」というA子さんの気持ちをくんで、任意整理を選択してくれた、ということ。

 

結果、毎月の支払額が、10万円から4万円まで減額され、金利は0%で和解。

 

完済するまでの期間が4年3ヶ月で、任意整理したおかげで今後支払う利息約150万円が免除される、ということ。

 

任意整理したことで、月々の支払額が大幅に減り、A子さんの気持ちも大分上向きになったせいか、パートの仕事も見つかったんですって。

 

弁護士さんも、事務手続きなどはA子さんのスマホに連絡を入れる、郵送が必要な書類については、事務所に直接来てもらうなど、家族にはバレないようにしてくれたんですね。

 

このように、「どうしても家族には内緒で債務整理したい」という希望があれば、法律事務所次第では、全くバレないで行うことも可能なので、借金で悩んでいる場合には、やはり「まず相談する」ということが大切なんだと思います。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談