スポンサーリンク
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 明日までにどうしても10万円必要になったらどうしますか?
Page: 1/11   >>

明日までにどうしても10万円必要になったらどうしますか?

JUGEMテーマ:借金返済


借金を借金で返す愚かさ」はほとんどの方がわかっていることです。

だけど、しないと生きていけないという事実もあります。

別に借金じゃなくても「お金を作る」でもいいんですけとね。

例えば、「明日までにどうしても10万円必要」という事態になった時、あなたはどうしますか?

どうしよう?と悩む女性

もちろん、「貯金を切り崩す」というのはなしで。

となると、やはり「借りる」という選択肢しかないのではないでしょうか。

しかも、1,2万円ならまだ友人や親戚に借りるということもできるでしょうが、ある程度まとまったお金が必要になると・・・

キャッシングでなんとかならないだろうか」と思ってしまうでしょう。

それでも、本当にお金がなくて「絶対に返せない」ということがわかっていたら、最初から借りないかもしれません。

だから、多重債務に陥ってしまう人は、もともとはギリギリの生活をしていたわけではない、確率が高いでしょうね。

私もそうでしたから。

最初は「毎月これくらいなら返せる」という気持ちで借りて、事実きっちりと返していました。

それが、自営の業績が悪くなり、生活費にも事欠くようになってくると、借金に回すお金はなくなり、結果借金で借金を返すように。

そして、一度こういったローテーションができてしまうと、今度は「借金をする」という思考回路がマヒしてしまうのです。

マヒと言うか、「何とかして返さなくてはいけない」という脅迫観念にかられ、借金しては、別の借金に回すという悪循環に陥ってしまうんですね。

これを、一旦切ってしまうと、ものすごく楽になります。

とにかく「借りない」と心に決める。

返済の出費がなければ、「借りずに済んでいたかもしれない」ということは良くあります。

ただ、「言うのは簡単だけど、実際に行うのは困難だ」ということ。

一度「借金を借金で返す」という負のループにはまってしまうと、なかなか抜け出せないということはよくわかります。

それでも、早い段階で、少しでも「お金を作る」という考えにシフトして行けば、まだ重症にならなくて済むということも。

これは一例ですが、すぐにお金を作る方法としてご紹介しているのが、いつも言っているオークションです。

「うちに売るもんなんてもうないよ」と思われるかもしれませんが、「ジャンク」で出せば、壊れた家電などでも売れてしまう世界です。

大金を稼ぐのは難しいかもしれないけど、急場しのぎにはなりますよ。

スポンサードリンク

 


願わくば、公的資金で、一時的に生活費のマイナス分を借入れできるシステムがあれば良いのですが・・・

生活福祉資金も、イザという時には頼れますが、いまだに敷居が高いイメージがありますね。

金利が1,5%〜3,0%で連帯保証人が居る場合は無利子になるというところは、とても魅力的なのですが。

それだけに、あまり簡単に貸し付けてしまっては、悪用される危険性も出てくるでしょうから。

また、生活福祉資金貸付制度そのものの考え方が、「他の制度を利用できないか?を優先させる」ということがあります。

つまり、生活保護を受けられるケースでは、先に生活保護をすすめられるということ。

その他、失業保険を受給できないか?とか。

 

これは、できれば自分自身で先に調べておくべきことですけどね。

生活福祉資金貸付制度を利用するのは、あくまでも最後の手段と考えた方が良さそうです。

とは言え、失業保険以外は、併用利用も可能なケースもあるので、相談してみることも大切ですね。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活福祉資金を借りるにはコツがいる?

生活福祉資金を借りるにはコツがいる?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務や自己破産などで、金融ブラックになってしまった方にとって、頼るところはもう「公的資金」しかないという状況でしょう。

「ブラックでも今すぐにお貸しします」とか「自己破産していても即日融資できます」などという甘い言葉に惑わされないように、ということは何度かお書きしていますが、最近は「ヤミでもいいから」と借入先を探されている方も。

危ないことですが、お気持ちはわかります。

ただ、闇金融で一度借りてしまうと、債務整理もできなくなってしまうことがあるので、相当な覚悟が必要になります。

唯一の助けとなり得る「生活福祉資金」ですが、こちらも借り入れがかなり困難になっている、ということを聞きますね。

だから、「生活福祉資金を有利に借りる方法を教えてください」というご質問もいただきました。

何度か役場に足を運んでいるけれど、なかなか借りられないということなんですね。

「有利に」なるかどうかわかりませんが、やはり今の現状を、包み隠さず係りの方に伝えるのが一番だと思います。

その上で、アルバイトなどとにかく定期収入が得られる仕事をして、借入金は返す当てはある、ということをはっきり伝える、ということですね。

スポンサードリンク



保証人を立てずに生活福祉資金を借りることもできるのですが、条件によっては保証人を立てることを要求されるかもしれません。

その場合は、なるべく自分で保証人を見つけてお願いするとか。

とにかく、いくら公的資金であっても「お金を借りる」ことには違いが無いので、「滞り無く返せる」かどうかが焦点になってくると思います。

最近は、「生活保護」もそうですが、生活福祉資金などの公的資金についても、不正受給するケースや「借りたはいいけど、返せない」といったケースが目立つため、募集そのものを止めてしまっている自治体もあるとか。

役所-債務整理日記

また、東日本大震災では被害に遭った方についても、生活福祉資金が適用されたということなので、そういった自然災害に遭われた方を優先させるのは当たり前のこと。

 

今や、あちこちで地震や大雨洪水などの被害が出ていますので、公的資金についても、以前よりも審査が厳しくなっているようです。

「生活福祉資金」の申し込みをしても、「返済能力がある」と認められなければ、「生活保護」を勧められるでしょうが、とにかく「生きていかなきゃいけない」場合には、生活保護も視野に入れた方が良いかと思います。

いろいろな感情は沸くと思いますが、「生きていく」ということを最優先に考えなければ、精神的にダメージを受けてしまいますから。

前さえ向いていれば、道を間違えても、踏み外しても、最後には「安定した生活」たどり着くということを信じて。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?
Home >> 生活福祉資金は借りられる? >> 生活に困っているのに生活保護を受けない理由は?

生活に困っているのに生活保護を受けない理由は?

JUGEMテーマ:借金返済
 

日本には生活に困っているのに生活保護を受けない世帯が非常に多い、ということなんです。

 

このブログでも、もうどこからもお金が借りられない状態になったら?債務整理か生活福祉資金貸付制度の利用を、ということを書いてきました。

 

そして、働けない状態になったり、生活の困窮度が増してくれば、一時的にでも生活保護を受ける、という選択肢を考えて欲しい、とも。

 

だけど、「どうしても生活保護だけは受けたくない」という方が多いのもうなづけます。

 

世間体が悪い」というのも理由のひとつなのだと思います。

 

都会ならともかく、田舎で「誰々さんの息子が、今年は就職で◯◯会社に決まったらしいよ。」という情報を知っているのが当たり前、というような社会ですから。

 

近所の人の陰口-債務整理体験談

 

お金に困っている」ことは口が裂けても言えない、というところがあるのです。

 

もしも生活保護を受けて、市の職員の方が出入りするようになれば、すべて丸わかりになってしまいます。

 

下手すれば、村八分のような扱いを受けるかもしれませんし、なにより「特別な目」で見られることに恐怖心すら感じるでしょう。

 

とは言え、私も経験したような「明日の食べ物も買うお金が無い」という状況になって、その上働き口が無い、病気で働けなくなった、ということになれば、生活保護を申請するということも考えなくてはならないのです。

そんな方のために、少し前に出版された本ですが、生活保護を申請するに当たっての「気持ちの持ち方」まで書かれているこの本をご紹介します。

本当に困った人のための生活保護申請マニュアル

タイトルの通り、「本当に困った人のための」なんですよね。

まあ、あまり安易な気持ちで申請する人も居ないかと思いますが・・・

審査が緩かったりすると、「そんなに困っているわけでもないのに」申請する人も居ますから。
 
仕事をしないでもお金がもらえる」と言う生活。
 
これって一見羨ましいようですが、一旦こういった生活をしてしまうと、なかなか抜けられないらしいです。

 

スポンサーリンク

 


生活保護を受けていても、「少しでも働きたい」と言う方も多いのですが、「少しでも収入があれば」打ち切られてしまう。

そしたら、本当に生活できなくなる。
 
だから、働くのを諦める。

こんな図式も働くようです。

これでは、何のための生活保護制度なのかと思いますが・・・

とは言え、借金苦のために自殺をする位なら、プライドを捨て、生活保護申請をして、なるべく早く無職から脱出するために行動を起こす、ということを考えた方が、前に進む原動力になるのではないか?と。

 

特に第3章の「相談員のあらゆる攻撃に対応する」で、生半可な気持ちでは申請できないんだ、ということがわかります。

 

だけど、その壁を乗り越えて初めて、行動を起こすことの大切さが理解できる、ということなのでしょう。

 

それと、第7章の「生活保護の開始はゴールではない」で、「生活を立て直した後の将来を見据えることが重要であること」を知ることができます。

 

どんな手段を取っても「生き延びる」ことを恥ずかしいこととせず、そこからどうやって立ち直るのか?を考えるのが、一番大事なんですよね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:生活福祉資金は借りられる?