スポンサーリンク
Home >> 債務整理体験談 >> 自己破産してもNHK受信料は支払うの?イラネッチケーは今もある?

自己破産してもNHK受信料は支払うの?イラネッチケーは今もある?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理をすると、特に自己破産では、自分の財産もほとんど残らない代わりに、あらゆる支払いをしなくても良くなる、と考えてしまいがちです。

でも、支払い義務が残るものはあるのです。

債務整理しても、自己破産しても残るものが税金と公共料金などですね。

そのうち、公共料金については、「払わないとライフラインがストップしてしまう」という恐怖があるので、食費を削ってでも支払うわけですが・・・

一番やっかいなのが、NHK受信料です。

1ヶ月分が1,300円ほどで、2か月分まとめての請求になるので3,000円弱です。

 

少し値下げされるということですが、本当に微々たるものでしょう。

普通に暮らしている時は大したことがない金額なのですが、生活が苦しくなると「支払えない」あるいは「支払いたくない」が本音です。

だいたい、多重債務に陥っていると、のんびりテレビを観る気すらしないし、ましてやNHKはあまり見ないですからね。

どうして支払わなきゃいけないのか?」と思ってしまいます。

「見られないようにしてくれればいいのに」とも。

だから、一番後回しにしていた結果、数万円とか中には数十万まで溜まってしまっている方も。

ただ、このNHK受信料、結構積極的に係りの人が「取り立て」に来られます。

もとい、集金に来られます。

スポンサードリンク



多重債務に陥ってお金がない人だけでなく、お金に困っていなくても滞納している方も多いでしょうから「強硬手段」に出られるんでしょうね。
 
特に多重債務時代は、「明日食べる物も買えない」なんていう状態も続いていましたから、公共料金でさえ後回し、その次に税金・・・となると、とても受信料の入る枠はないのです。
 
せめて、税金と同じように、「低所得者は支払いを免除する」あるいは「減額する」という処置でもあれば良いのですが。

それどころか「スマートフォンやネットでの視聴に関しても受信料を徴収する方向に」と言っているくらいですから、無理ですね。



どこの放送局も経営が大変になっている中、スポンサーを付けられないNHKの運営も大変なんだろうけど・・・
 
2011年のような大規模な地震に見舞われた場合、被災地では数ヶ月間は支払い義務がないそうですが、その後も「テレビどころではない」方も多いはず。

さすがに、数ヶ月は無料だったようですが、その後集金はされたんでしょうね。

と、なんだか愚痴のような記事になってしまいましたが、世の中不況になると、さまざまな支払いの「取立て」が厳しくなってきます

そう言えば、ガス代の督促が来るのが早くなった、なんていう話も聞きます。

税金の催告書も、来る頻度が高くなったような気もします。

本当に早く生活を立て直さないと、最低限の暮らしさえ保障されない世の中になりつつありますね。

そう言えば、NHKだけを受信しないという装置「iranehk」がネット通販で売り出されたという情報が数年前にありましたが、今も売っているのかな? と思って検索してみたら、ありました。
iranehk 関東広域圏向け地上波カットフィルタ―

それにしても「イラネッチケー」とは風刺が効いていますね。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理体験談