スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の借金 >> 債務整理したら銀行では絶対お金は借りられない?

債務整理したら銀行では絶対お金は借りられない?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックは絶対銀行でお金借りれない?ということですが、どうでしょうか?

ブラックということは、債務整理をした後と考えて良いですよね。

となると、自己破産の場合は免責後ということになりますが、「お金を借りる」ということ自体タブーとなります。

ただし、一生借りられないのではなく、債務整理後5年から10年は借りられないということ。

何度か書いていますが、「個人信用情報機関」には、各個人別の信用情報が保管されています。

そこには、クレジットカードやローンの申し込みをした履歴、消費者金融でお金を借りた履歴、いつ借りていつ返したか?滞納した場合はその履歴、申し込みの履歴まで載っているのです。

私達がクレジットカードなどの申し込みをした場合、申し込みを受けたクレジットカード会社などに、この個人信用情報を参照することを許可しているはずなので、掲載されている内容がとても大切になってきます。

いや、こんなこと、許可した覚えはないぞ」と息巻いても、申込書をよーく見てください。

情報機関という名前で書いていなくても、情報を参照することについてはちゃんと記載されていますから。

ブラックと呼ばれる私達は、この個人信用情報に「事故履歴」があるので、事故歴がある間は、どんなに申し込んでも却下される、ということ。

スポンサードリンク


そりゃあそうですよね。

これからお金に関する信用取引をしようと思っている人が、「過去に信用を裏切ることをしていた」ということですから。

この事故歴もある程度の期間が経てば消えるのですが、それが5年から7年、自己破産の場合だと7年から10年くらいと言われているのです。

その間は、ローンは一切組めないしクレジットカードも持てない、ということは何度も書いていますよね。

で、銀行の場合はどうなんだろう?と考えた場合。



今は、銀行から直接お金を借りられる人は少ないでしょう。

たいていは、銀行と提携しているカード会社からお金を借りるということになりますよね。

だから、その場合は他のクレジットカードやローン会社と同じと考えて良いでしょう。

ただ、元となる銀行が新規に取引する銀行か、それとも住宅ローンなどを組んでいた銀行か?ということで大分変わってきます。

債務整理後新規に取引を始めた銀行なら、いわゆる喪明け後は、ローン審査に受かれば大丈夫である可能性が高いです。

だけど、住宅ローンやその他のローンを組んでいた銀行となると。

もろに迷惑をかけたわけですから、もしかしたら一生お金は借りられないばかりではなく、クレジットカードを作ったりという取引はできないのではないかと思います。

銀行内のブラックリストに入っているでしょうから。

それもこれも自分が悪いのですから、割り切って新規の銀行とお付き合いした方が良さそうです。

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の借金