スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 病気でまとまったお金がどうしても必要?高額医療費は限度額適用認定証の利用も

病気でまとまったお金がどうしても必要?高額医療費は限度額適用認定証の利用も

JUGEMテーマ:借金返済

 

まとまったお金って、普通どのくらいでしょうね?

50万?100万?

とにかく、普通の家庭の貯金額ではまかなえない金額ということでしょうか?

いや、ある程度の収入があって、普通に生活しているお宅なら、そのくらいの貯金はあるはず。

年収が低くて、毎月ギリギリの生活をしているか、貯金ができない家庭。

 

貯金ができないと言えば、年収が600万円以上での貯金ゼロの世帯も増えているとか。

 

一度収入が増えてしまったら、なかなか節約はできないということでしょうか?

債務整理したあとの人や多重債務者も当てはまりますね。

特に、債務整理直後の生活というと、ローンやクレジットカードが使えないだけでなく、生活費にも苦労するという図が浮かんでくるのです。

「借金が無くなった分、楽になるのでは?」と思いますが、一度破綻してしまった生活というのは、なかなか元には戻らないもので、債務整理の体験談を読んでも、直後が一番お金が無かった、という意見が多いです。

そんなギリギリの生活をとしてるのに、どうして50万も100万も必要なのか?

そうですよね。

借金はもうコリゴリという人がほとんどなのに、また借金するなんてと思います。

だけど、人生って、何かトラブルがある時に限って、新たなトラブルが重なるようになっているのです。

スポンサーリンク

 


債務整理直後の生活がまだ苦しい時に、家族が病気になるというのは、定番とも言えるくらいに起きること。

考えてみたら、借金生活で衣食住、特に食が足りていないがために病気になるのかもしれませんね。

収入が低い家庭ほど病気にかかりやすいなど貧しさと病気になる確率というのは、比例するみたいですから。

お金が無いがための精神的なストレスから病気に追い込まれることもあります。

体は正直ですから、心が満たされないとすぐに悲鳴を上げるのです。

で、お金も無いのに病気になってしまい働けなくなり、そのまま入院を余儀なくされるというケースもよくあります。



まあ、私も同じような経験をしていますが...

この場合、病院の費用って、もしクレジットカードでも持っていれば、カード会社で分割払いの申請をして月々数千円づつの支払いにできるんですよね。

それが、債務整理をしてブラックになってしまうと、クレジットカード払いができませんから、すぐに現金で支払わなければなりません。

手術を伴う病気になると、ほとほと困り果ててしまいます。

そんな時には、「ブラックでも融資可能」なんていう広告に惑わされそうになるのもわかります。

もうどこからもお金が借りられない時に、この言葉は魅力的ですから。

それでも、ここでヤミ金融のようなところからお金を借りてしまったら、もうアウトです。

時間はかかっても、公的資金である生活福祉資金貸付制度を利用するか、親戚や友人に頭を下げてお金を借りるか、とにかくこんな時こそ王道でなんとかお金を作る、ということを考えることです。

 

追記:突然入院になった時など医療費が高額になりそうな時には、「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提出しておけば、自己負担限度額以上の請求はされない決まりになっているそうです。

 

私も入院時には知らなかったので、とりあえず知り合いに頭を下げてお金をかき集め、なんとか支払ったのですが、後で「高額医療費制度」で一部戻ってきました。

 

これって、知らない人も多いと思うので、特にお金が無い私達には、とても重要な知識ではないかと思います。

 

認定証は、それぞれ加入されている健康保険組合で申請すれば、出してくれますよ。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!